レビュー:赤井プロMPK249

Lights? Check. MIDI? Check? MPC pads? Check. Studio and live performance Ableton Live controller you won't be able to keep your hands off? GW Childs finds out in our in-depth review.  

側面に大きな赤いラベルの箱を取得するよりもよりエキサイティングな何もtheresの。今回は、それがMPK249、未来的な外観とノブをたっぷり使って、クラシックのMPCの機能をブリッジ本当に滑らかな、新しいコントローラだった。彼らがしたかを見ることができます!

MPCパーティの記念品

私は単純に、USBケーブルが差し込まとAbletonのライブを​​開始して、同期出力を設定した後、私は、にジャンプまず最初に、アルペジエーターを試してみました。イム絶対に彼らはあなたに簡単に能力余裕として、アルペジエーターを含むコントローラと興奮、そしてMIDIなどのリアルタイム·レコード内のarpeggiations、彼らはライブパフォーマンスのための楽しみのトンである。

"I’m absolutely thrilled with controllers that include arpeggiators. They are a ton of fun for live performance."

ありがたいことに、アルペジエーターのために含まれているモードは標準装備されていますが、いくつかのクールな小さな追加が。もちろん、youllは定期的に上、下、ランダムを見つける。しかし、ダブル上下古典のためのモードだけでなく、排他的およびキーが押されて保持された後、一度だけ、特定のノートを鳴りシブモードもあります。私にとって大きな勝者は休符に追加するyoureのことがパターンモードとなりました。これはライブパフォーマンス、迅速なベースパートの作成、ハイハット配列決定およびそんなに多くのためにとてもクールです。

Transport buttons and display on the Akai Pro MPK 249.

トランスポート·ボタンと赤井プロMPK249に表示されます。

私はアルペジエーターと持っている唯一の本当の刺激は、編集ボタンを押したまま、モードを変更するアルペジエーター·ボタンを押さなければならないということです。まあ、それは問題に聞こえる。しかし、刺激性の部分では、アルペジエーター、[編集]メニューから[キーの再生を開始すると、メニューが消えていることである。これは、あなたがARP編集モードに再生を停止しなければならないことを意味し、再び編集し、キーボードから手の両方を取らなければならないことを意味します。赤井はそれを変えるためにするためのIDが本当に大好きです。メニューをラッチすることができれば、これはアルペジエーターモード、パターン、スイングを変えながら、プレイヤーが演奏中に、片手でプレイできる意味します。

The MKP 249 in all its glory.

すべての栄光でのMKP 249。

アルペジエーターを超えて、パッドは、最後の音が再生再生され、クラシック、MPCスイングだけでなく、フルレベル(有効にすると、パッドはすべて、同じ速度を果たしている)と16レベルがありますが、すべてのパッドに分散。しかし、各パッドは、127までのすべての道を進んで、音に異なる速度を持つことになります。それはいくつかの驚くほど表情豊かな演奏を可能にするように、この特定のモードは、過去に、私のためにとても重宝しています。

建てる

赤井は定期的に輝く場所ですし、ほとんどの部分は、彼らはまだそれをやっている。凹んエンコーダ·ノブは、頑丈であり、実際にそれらを削除するためにあなたの部分のいくつかの本当の器用さを必要とするでしょう。また凹んされながらピッチと​​モジュレーションホイールは、同様に、凹んだと本当にいい感じている。セミウェイテッドキーボードは、ブラックシャーシ内ぴったりに囲まれ、素晴らしいアクションを持っています。私が持っていた唯一の懸念は、黒外装couldveが引っかかるれてサイドキーの1の可能性を排除するためにもう少し近くのキーの端に育てられていることになります。いずれにしても、その素晴らしいキーボード、間違いなく何年も持ちこたえるでしょう。

The faders on the MPK 249.

MPK249のフェーダー。

私はフェーダーがいつもより少し、根拠のない感じと言うだろう。しかし、アクションはまだいいです。ほんの少しグラグラして左から右に揺れしようとした場合。

"The RGB back-lit, MPC-styled, pads are beautiful, responsive and are really beyond reproach."

あなたはたくさんの愛がパッドに入った伝えることができます。 RGBは、バックライト付きのMPCスタイルのパッドは反応する、美しく、本当に非難を超えています。これはAkaisパンとバターであ​​り、そうではない場合でも分、失敗しない。光タップだけでなく、大きなタップは、お使いのDAWからの応答、またはどのようなMIDIソースが命じる。そして、あなたが期待するように、ホードは複数のバンクを得た。あなたはDAWの機能をトリガーできるように、彼らも、ジョイスティック/カーソルスタイルの設定で、DAWのコントロールボタンが含まれていました。しかし、あなたは、付属のソフトウェアを介してこれを設定する必要があります。含まいただきました、ソフトウェアといえば?

Did we mention the MPC style pads?

我々は、MPCスタイルのパッドを言及しましたか?

ソフトウェア

MPK249は、ソフトウェアの小さいが強力な品揃えを持っています。ヤウド期待どおり、Abletonのライブライトは含まれています。しかし、あなたはまた、3ハイブリッド(私の大本命が、お願いし得る私のレビューを参照)し、SONiVOXのツイスト2.0。両方のシンセは、巨大なサウンドを持っており、いくつかのサークルで、紹介する必要がありません。 IDは前もってイムは非常に離れて、コントローラのパッケージ内に封入体としてのソフトシンセの安っぽい、ほとんどデモバージョンから移動し始めて、そして力を持っているいくつかのシンセを得ていたのを見て感動し、牛肉と言わざるを得ない。

含まれ、またあなたはそれがスタンドアロンで実行することができることを発見するまで、それは面白い音はありません赤井エッセンシャル、またはDAWで、8までのパッド·バンクを拡張するだろう、サンプルがトリガ可能にし、エフェクトを挿入します。さて、赤井をやった!

"You get two amazing instruments, a full DAW (with Ableton Live Lite), a sampler, and a really nice keyboard with the best pads in the business. What’s not to like?"

私はAbletonのライブLiteをごまかさながらyoureの新しいユーザーなら、、、これはあなたのための素晴らしいパッケージ契約となります。あなたは2素晴らしい楽器(AbletonのライブLiteと)完全なDAW、サンプラー、ビジネスで最高のパッドと本当に素晴らしいキーボードを得る。いただきました!好きにはない?

セットアップと使用法

だから、どのように機能するのですか?真剣に、それは、プラグアンドプレイだったと移動します。はい、私は、ソフトウェア上でいくつかの時間を費やしcouldveが、実際には、これは、最初に、経験がどのように簡単になります見ての私の方法です。 1つのシンクが実施Abletonの年に設立された、MPK249は完璧に働いた。実際、私はアイブ氏はしばらくの間で持っていた最高のパッド太鼓のセッションの1つを持っていた。さらに、私はセミウェイテッドキーのシンプルなピアノのパートを演奏し、本当に良い時間を過ごして、私はすべて私が以前このレビューで述べたアルペジエーター、[編集]メニューの問題を除いて、ほとんど困難コントローラから良好なパフォーマンスを得ることを持っていたことが分かった。

私はまた、内蔵のトランスポートコントロールを愛するだけでなく、タップ·テンポや繰り返します!

結論

最終的に、これは大きな買い物と偉大なコントローラです。これは、ライブ演奏のためのより多くの配慮を持っている可能性があります。しかし、新しい誰かのために、それはただの中で取得し、youreの爆風を持っているつもり、いくつかのビートと遊びを下に置き、あなたのお金のための多くを得るしたいと考えています。すべてのすべてで、私にはよく赤井、もう一度、行って、言わなければならない!

価格 :499ドル

長所 :ライトの多くが付いている固体コントローラ。また、優れたソフトウェアおよび内部MIDI機能。

短所 :フェーダーは少しグラグラで、アルペジオ·メニューは、ラッチ機能のいくつかの種類の恩恵を受けるだろう。

ウェブサイト :

Sound Designer, Musician, Author... G.W. Childs has worn many hats. Beginning in the U.S. Army back in 1991, at the age of 18, G.W. began learning electronics, communications and then ultimately audio and video editing from the Department of Defense. Upon leaving the military G.W. went on to work for many exciting companies like Lu... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!