レビュー:赤井APC40 MK2

Finally, the sequel to one of the most popular Ableton hardware controllers around. And, we've had a chance to test one out! In this review, I’d like to go over, with you, the new APC40 MKII.  

はじめに...

セットアップは、それはほとんど直感に反するとなるような風だった。イムので、私はマニュアルを読んで、それが既にインストールされていたが判明する前に、次のいずれかをダウンロードする場所を把握しようとして10分を費やしていることを、Abletonのためにリモートのスクリプトをダウンロードすることに慣れて。 Idは、ハードウェアのリストからAPC40 MK IIを選択したら...の図を行く、私は稼働していた。そして、私は私が最初から感動したと言わざるを得ない。


建設面では、とIveは過去数年間で集まってくる、APC40 MKIIがうまくまとめられている見た現在の赤井コントローラのすべてのような。パッド/ボタンを感じ、本当に素敵に見える。ここでは、LEDの良さ、高いレベルのももあります。とすぐにyoureのライブで、シーンやクリップを手がかりとして、その中にゆっくりとボタンのAPC40 MK IIsの独自のグリッド内、緑パルス。そして、アイブ氏は見てのコントローラの多くから、Idが正直に言うと、LEDデフォルト色の割り当てが設定されている方法は、私のお気に入りの一つでなければならないであろうことを言わなければならない。 LEDのデフォルトの色の割り当ては、私のために、APC 40 MKIIで、新しいことをしようとする私を導くのに非常に有用であった。それだけで非常に直感的に感じた。

Akai APC40 MKII

ノブは、例によって、信じられない感じ。確かにこれらのクールな、古いDJコンソールのいくつかのことを思い出させる彼らに素敵な、バターの動きをTheresの。また、古典的なアナログシンセ。それはすべてあなたがから来るものをキャンプに依存します。

AKAI APC40 MKII pads.

ミックスとデバイス...

メインエリアでは、ミキサーの設定、シーンとクリップ発射制御の観点からセッションビューの機能を制御することを可能にする、そしてあなたに混合するためのノブやフェーダーを与えながら、Deviceセクションでは、特定のインストゥルメントとエフェクト、または他のツールにナビゲートすることを可能にオーディオ、またはインストゥルメント·トラックのどちらかに割り当てられている可能性があります。私はパーセンテージのLEDがそれぞれ異なるエフェクトを選択したとき、デバイスコントロールノブの周囲が点灯、というように、そしてあなたのセッション内であなたのつまみの設定の正確な測定値を与える方法にはかなり感銘を受けました。私は自分自身が私のために最初のものである自信と、かなり私のモニターのオフに私の目を取ることがわかった。

APC40 MKII Device knobs
AKAI APC40 MKII Device settings.

自信を鼓舞didntのハードウェアの唯一の物理的な部分がAbletonsフェーダー用のミキサーコントロールであることを意味し、スライダーであろう。これらは素晴らしく移動します。しかし、彼らはウォブルのビットがあります。イムは確かに彼らは物理的な使用法の下でうまくホールドアップ。バックパックにAPC40 MK IIを置くときには、Idは注意してください。

APC40 MKII Faders closeup

結論

APC40 MKIIは、キットの非常に洗練された作品です。そして、youreのDJ、またはAbletonの愛好家であれば、一般的には、youllのは本当にギアのこの作品のように。ハードウェアの素敵な作品に加えて、youllのソフトウェアの膨大な量が含まれて来ることを知って幸せになる。ハイブリッド3(私の個人的な好み)、ツイスト、首相ループとのAbleton Live LiteをすべてAPC40 MKIIが付属しています。これは最終的に一つの小さなハードウェアの購入に探索する多くのことをtheresのことを意味します。

価格 :399ドル

長所 :まあ建てられ、よく素晴らしい照明のコントローラを考え抜か。

短所 :スライダーが少しグラグラ感じる。これは、凹状のスライダーでより多くの利益を得るであろう。

ウェブサイト

Sound Designer, Musician, Author... G.W. Childs has worn many hats. Beginning in the U.S. Army back in 1991, at the age of 18, G.W. began learning electronics, communications and then ultimately audio and video editing from the Department of Defense. Upon leaving the military G.W. went on to work for many exciting companies like Lu... Read More

Discussion

kev
Thanks for the review. It should be mentioned though that auto-map will only work with Live 9. So the cost of having it fully working may be higher :)

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!