Abletonのライブでリミックスのヒント:パート1

It doesn't matter what genre you're creating for, remixing tunes in Ableton Live can be helped by being well-prepared and knowing a range of tricks to keep your creativity flowing.  

リミックスの芸術は、電子音楽の重要な要素となっています。時に呼び出されるすべてのストライプの生産者は、他のアーティストによる材料への魔法のタッチをもたらすために

提供部品はよく準備されている場合はリミックスでの開始は、少なくとも1つまたは2つの要素がすぐにいくつかのアイデアを刺激する場合は特に、簡単にすることができます。材料はあまりエキサイティングである場合

Organize and Prioritize

あなたがしたいと思う最初の事はライブのブラウザにリミックス部を含むフォルダに移動です。あなたは、ファイル名またはフォルダ名に書き込むなど、BPMなどのいくつかの有用な情報を持っているには十分に幸運なら、あなたは簡単に反りのためにそれに応じてグローバルテンポを調整することができます

イベントでは、あなたが配置長はしばしば役に立たない沈黙の多くを搭載し、茎送られてきた、あなたが選択し、それらを統合、アレンジビューにそれらを持参し、最も有用な通路を分離することをお勧めします

ブラウザ内の部品のプレビューには、サンプラー音源にそれらを持って、クリップなどのオーディオトラックにそれらをもたらすためにかどうかを決定したいと思います

あなたは、セッションビューに配列されたリミックスパックから使用可能なすべての部品を持っていたら、それに応じて、トラックに名前を付けるために一瞬を取る必要があります

Pic 1: Clips laid out and ready to go.

ピック1:クリップレイアウトして行く準備ができて。

Full Clip

自分自身を生きる基本的に巨大なサンプラーで、オーディオクリップは内蔵の非破壊サンプル編集可能性の一見広大な配列を提供しています。

まずは、あなたのクリップが適切に反りやマスターテンポでループしていることを確認したいと思うでしょう。ドラムのための再ピッチドラムやパーカッションのためのビート、スムーズな旋律と高調波成分のためのトーン、大気中の要素のテクスチャ、および他の高調波を欠い聞こえる:次に、あなたがで作業している音の種類に適切な反りモードを選択することができます上記で概説したすべてのカテゴリの要素を組み込んだ完全なループの内容、複雑なまたは複雑なプロ。

PIC 2: The warp mode selection menu.

PIC 2:ワープモード選択メニュー。

 

さらに掘り下げる前に、うまく構成されたクリップを複製することをお勧めします

最後に、微調整を開始する時間です。あなたは微調整のために利用可能なデチューン制御で、半音単位でピッチを変化させるためにトランスポーズダイヤルをねじることができます。調性を変更するか、または、それがベースラインとしてサウンドを聞くために一度に引出線オクターブ(12回目)をドロップするようにループをドラムにこれを試してみてください。今ではそうなおなじみの、右にスライダは独立して、トラックのミキサーの音量のクリップのゲインを調整します。

PRO-TIP:アルゴリズムは、8小節のフレーズの一部部門が採用されている前提としていたようBPMのためではなく、奇数のループの長さに正確にカットされているループは時々ライブによって奇妙な引き伸ばされます。補正するために、単にクリップのに元のプロジェクトのBPMを入力

上記のボタンのうち4つはリミックス処理中に重宝します。 HiQのは、最高品質の補間を保証し、すぐにそうでない場合は、完成した作品をレンダリングする前に、すべてのケースに従事しなければなりません。フェードは、ナノ秒の振幅が不要なクリッピングを減らすために、各ループの最後と最初でフェードが追加されます。 REVがオーディオを逆転させます

PRO-TIP: If you're looking for an easy-to-use free audio editor for Windows and OS X, try Ocen Audio: http://www.ocenaudio.com.br

サンプルエディタ内で探検する最初のものは、ループ面積と開始点です。単につかみ、小さいまたは異なって、言葉で表現ループは音楽的アイデアの全く新しい接線につながる可能性がループします。また、簡単に完全に新しいリズム感を達成するために、16 番目または8 番目のノートによってそれを相殺する、開始マーカーを調整することができます。

詳細な編集では、クリップ内のトランジェントを調整を見て開始することができます。あなたが任意のがあってはならないデジタルアーティファクトを聞いている例では、オーディオの任意の特定の影響と一致しないトランジェントマーカーを選択して削除してみてください。

Warp Drive

あなたはオーディオクリップのタイミングや溝に満足していない場合は、サンプルエディタで時間範囲を選択して、量子化コマンドを使用することができますコマンドU /コントロール-U、コマンド+ Shift + U /コントロール-SHIFT- U、または[編集]メニューを経由して)迅速にあなたの指定した音程でトランジェントを合わせます。そうするために、必要に応じてさら​​に調整することができるワープマーカー、にあなたのトランジェントマーカーをロックします

PIC 3: The second and fourth upbeat ride cymbals dragged to earlier and later syncopated positions, respectively.

PIC 3:それぞれ、以前と以​​降のシンコペーションの位置にドラッグした第二、第四明るいライドシンバル。

Transient Life

ビートモードのときに、利用可能な過渡ループオプションの数があります。過渡保護領域に2水平に反対の矢印で示されるデフォルトのモードは次のトランジェントが伸びたときにスムーズに維持提供し、トリガされるまで、逆に前進し、それを各過渡を取り、ループにすることです。前方を向いた矢印のペアで示される他のループモードでは、通常、非常に滑らかではないようである、何度も前方にループします。最後のオプションは、一度ではなく、ループ、それがすべてで、縦線で単一矢印に示される過渡を再生することです。この右側に値ボックスには、各過渡のために果たしているどのくらいの時間を決定するエンベロープ量を制御します。使い方

PIC 4: The transient looping mode menu.

PIC 4:過渡ループモードメニュー。

PRO-TIP: The preserve transient envelope amount isn't available for automation or modulation, but you can create different clips each with a different value to model convincing decay dynamics where needed.

この領域の上にリズミカルな効果を吃音のために使用することができる代わりに、トランジェントの再生するタイミングの間隔を決定する別のドロップダウンメニューで、または単にドラムループの特定の要素を単離します。例えば、1/4音符に一過性の保全を設定し、フルハウスビートループを取ることによって、

PIC 5: The preservation interval menu.

PIC 5:保存間隔メニュー。

 

トーンやテクスチャモードは、粒状のピッチ、割り当てられた時間でオーディオを広めるためにシフト小さなスライス、または粒子にソース材料を細断し、制御されるようにそれらを配布してください。トーンモードでは、味を調整することができ、単純な結晶粒径のノブがあり、最高の設定で大きな重複粒子間の違い、およびsliveryに注意して、鋸歯状のエッジが最低の設定で持ち出し

PRO-TIP:大幅にその音色を変化させながら、元の旋律の輪郭を保持するために、テクスチャモードで最も極端な結晶粒径とフラックスの設定を試した後、12または24世紀のそれを移調、鉛の要素を取ってみてください。 2ボタン:パッドにそれを拡張するには、経由してBPMと、対応するループ長を倍か四倍にしてみてください。

Remix to Ignition

あなたがあなた自身の付加的な要素かどうかを追加する予定かどうか、リミックスの開始時の目標は、供給される原料物質のほとんどを作ることです。このチュートリアルでは私たちも、オーディオクリップ自身を離れることなく、あなた自身の態度や文字でソース材料をインプリントするためにいくつかの初期の方法を見てきました

REMIX PACKAGING ETIQUETTE 

目的をリミックスするためにアーティストやレーベルに曲のリミックス部品を提出するための準備?リミキサーを幸せにします

  • 原因非常にダイナミックな音楽の材料に特異的に要求されたか、絶対に必要な場合を除き、送信しないようにしてくださいバウンス全体の配置期間の茎:そのようなファイルは、アップロードとダウンロードの豚の帯域幅、しばしば沈黙の長い期間を含む、はるかに必要以上に長くしており、一般的に移動し、便利なビットにチョップするリミキサーための頭痛。代わりに、各トラックの本質的なセクションをレンダリングし、ちょうどそれらを送信するために時間がかかります。
  • 楽器や音、可能な限りに応じて論理的にあなたのサンプルに名前を付けます。
  • 常にプロジェクトのBPMを含みます
  • などのモノラルトラックをバウンスすることによってスペースに保存します。
  • 可能な場合は、適切な場合に大きく影響を受ける部分のドライとウェットのバージョンと一緒に、MIDIファイルをインクルードします。
  • リミキサーは、ライブ使用している場合は、ASDファイルを含めることにより、その反りのプロセスを促進し、使用することを学びます

すぐにAsk.Audioに来てパート2をお楽しみに...

Noah Pred is a Canadian record producer, sound designer, technologist, DJ, and Ableton Certified Trainer living in Berlin, Germany. Releasing dozens of records and touring extensively since the '90s, he currently teaches a wide variety of techniques for stage and studio at the BIMM Institute. For more information, please visit: http://... Read More

Discussion

Elliot Rent
Hi, is good to get this kind of information, but could be most effecient make a video, is more easy for everybody get the information when see a video. When people have to read is too boring. Cheers

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!