ヴィンテージローランドXP-50のシンセを再発見

Many of us talk about vintage synths. Sometimes without ever having lived, breathed and made music with them. In this article G.W. Childs shares his experience with his aged, but loved, Roland XP-50.  

ヴィンテージの完全復帰はフルスイングよりも中は、電子音楽の中に、それは私が予想したhadnt記憶の長い道を導いた私の中の最近の好奇心を、攪拌しました。最近、私は私はまだ前にホノルルの年に購入覚えて、その経年ケースから私の古いローランドXP-50を除去します。古いケースはあっても、依然として内部のクラブのようなにおい。そして、この記事では、Idはあなたに私のために、それは特別な作ったものについて少しお伝えしたいです。そして、なぜそれが年間の私の主な働き者でした!

XP-50

90年代のローランド

大幅にその頃、それらを押していた競合他社が存在したものの年前、ローランドは、プールの一番上にありました。メインドライブは、それは、すべての企業の間に見えたワークステーションのキーボードを作成し、非常に詳細で音楽の広い範囲をカバーすることができる装置をラックマウントすることで、広い内部パッチの範囲。あなたはまともなパッチエディタでコンピュータを持っていない限り、これらのパッチは、当時の私たちの多くにとって大きな賞でした。ローランドは常に正しいゲートの外に素晴らしいサウンドバンクを提供してきました、そして、彼らはXP / JVシリーズで停止しませんでした。その後、とにかくバック、とてもエキサイティングだったもの、あなたが音楽の特定のジャンルに特化した、あるいは単に配置、または機器の特定のタイプに特化した追加のサウンドバンクを、購入することができることでした。

私は4軍の記事、いくつかの降格、および小隊パーティー少年のような悪評を介して私を引っ張っていた7年間の飲酒どんちゃん騒ぎを終了することを期待して鉱山を購入しました。私のキャリアのために恐れて、音楽に戻ることを熱望し、私は最近、それを自分自身を購入whod男から、そのリリース、第三者の時間近くにXP-50を拾っていました。それは、米軍のように、一度に、私だけ別の瓶を提供することができ、私は音楽を通して、私の人生で苦労中にリリースのいくつかの種類を見つけることができる私の希望でした。

どのような機能について?

私のための大きなセールスポイントは、時間の旗艦シーケンサとほぼ同じであった内蔵シーケンサー、あった、MC-50私は本当に余裕couldntのMkIIの、およびwouldveはトーベは本当にすることができるように、より多くのギアを購入していましたそれを利用します。 XP-50はまた、JV-1080から既に本当に有名だったローランドJVシリーズライブラリのオフに完全に働きました。後者は、その時にテレビ、映画、コマーシャル、スタジオ·ミュージシャンのほとんどすべての作曲のラックに見られる定番シンセです。

"The big selling point for me was the internal sequencer, which was almost identical to the flagship sequencer, of the time, the MC-50 MkII."

私は、Idはローランドに育っていることをこの時点で言及しなかった入隊の前にして、S-550、D-50、W-30、D-20、およびTR-707を所有していました。だから、XP-50の曲を配列決定するために座って初めて、私は誰にも知らなかった遠く離れた土地に家のように感じました。私は多くの夜を過ごしただけで再学習シーケンサーを、全16マルチティンバーの部分で共有64音同時発音、そっと配置を広げるためにハード、私はできる限りしようとしています。これは、行うことは本当に難しいこと波平。あなたはちょうど彼らがそのポリフォニーアップを食べると同じように、本当にハイパーハイハットを見なければなりませんでした。私は一度に実行していた産業音楽のタイプに必要な迅速性を供給帽子、のための二次エコーとして、内部遅延を代替する傾向がありました。

私は特に興奮していた、これは最終的なセールスポイントだった場合には、曲の連鎖機能、その遠いいとこ、MC-50 MKIIと共有する機能でした。 XP-50は、内部シンセの機能を阻害しないであろう特別なディスク負荷技術を使用して、曲から曲に、あなたの全体のセットを再生することができます。そして、私は実際にライブ演奏する計画をしました。そして、私は本当にやりました!

XP-50

ローランドでライブ演奏します

執筆の年後に、暗い部屋に座って、乾燥、および発汗...たくさん!ホノルルの丘の中で、それは今私が私の最初のセットをプレイするための時間でした。そして、それははるかにスムーズにあなたが考えている可能性がありますよりも、行ってきました。私は周りに私の全体のライブショーをバンクたソングチェーン機能は現在使用されようとしていました。この時点で、私はまだ、パートナー、ジェイタイで、才能の多くを持っていて、後で私の長年のバンドを形成するために一緒に来る男のクールなグループで働いていました。土壌として残り、私たちの2

私は別の部分の間で切り替え、何かが常にアイブある、シーケンサーを再生していた何のために、引き継ぐためにローランドは、XP-50Sデジタル読み出し以内に、そのマルチティンバーインターフェイスを設定していた方法のおかげで、それは本当に簡単でしたやるのが好きでした。時々、私は時々、文字列をシンセ·パートを演奏するような気がします。 XP-50は右が私の指先で、私の歌の中に私のすべての部分を与えた、と時間のために、ナビゲーションは最高でした。

"Many people asked if we were using backing tracks, off of a DAT"

我々は非常に一般的であったDAT、のオフに、バッキングトラックを使用していた場合、私たちの最初のギグの後、多くの人が尋ねました。私たちはしなかったことを言って自慢していました。我々は、すべてのライブMIDIました。これは、didntのは本当に多くの多くを意味します。しかし、それは時間で、私に何かを意味しました。邪悪なオタクの誇り、私は考え。

サウンドについては何?

振り返ってみると、私はまだ自分が虚空に同社の神秘的な崩壊の前に、数年前に、IdはRedmaticasオートサンプラーアプリケーションと移植されたパッチを使用して見つけます。そして、そのフィルムストリングス、パッチC報告するイム幸せ:145は、私は信じて、NN-XTフォーマット理由にうまく上のポートをしました。そして、私も場所で、同じオーディオファイル...速度マッピングとかなりクールAbletonのサンプラーパッチを作りましたよ!私は、彼らが鳴ったか本当の愛したようにそれは、私はほとんどすべての曲を上の使用パッチました。それらとKurzweilのKシリーズバットマンの文字列は、本当に私の世界を揺るがしました。

しかし、それはそんなに多くありませんでした。 JV-XPダンスの拡張は、それが特にヒップホップのジャンルにおける生産者の多くは、使用されるいくつかのステープルパッチ、ドラムキットを持っていたように、高度に、拡張後を求めた、とし、まだであってもよいです。

XP-50

ヴィンテージ拡張も出没メロトロン合唱団を含むように、いくつかのキラーメロトロンのパッチを持っていました。

将来?

今アイブ氏が戻ってそれを引っ張っていることを、私はそれを使用する予定。さて、もし私が再び動作画面を得ることができます!そのハード乗って、間違いなくその時代の兆候を示しています。私は前に述べたようにしかし、それは私が実際に解放されて、逃げるのを必要な時間の間に私のところに来ました。そして、それがビートをスキップすることはありません。この1、ローランドの良い仕事をありがとう。これは、広告を出しとして働いていました。

長所:

短所:

価格:

ここで合成詳細については、こちらをご覧ください。

Sound Designer, Musician, Author... G.W. Childs has worn many hats. Beginning in the U.S. Army back in 1991, at the age of 18, G.W. began learning electronics, communications and then ultimately audio and video editing from the Department of Defense. Upon leaving the military G.W. went on to work for many exciting companies like Lu... Read More

Discussion

rovethegroove
I had an XP-60 myself. It seemed like everything just fell into place with that synth. One of two big regrets I have in my life was selling it. The other was selling my WavestationEX.
3PO
Wow.. my first synth was the XP50. I had no Idea what I was buying, but I had found it esthetically pleasing and like the sounds as well. I managed to import 127 of my favorite JV sounds in the user bank. Sadly I sold it.
:(
Steven behr
I still have and the XP50 and use it in my recording studio and one thing that I changed is the floppy drive to a emulator USB. You can find it at https://www.floppyemulator.com/products/flexidrivemv-usb/

Now this is fantastic, you can use the USB that is been given to you with the package, up to 4 GB thats 2500 floppies. I can tell you XP50 has been revamped 4 years and still kicks ass everytime. Using an external Midi sound controller thats makes sounds like to no end.

There will be in the future a remote/network connection so you can use it on the internet or various computer/s.

The only draw back is that apart drom the XP 80, it doesnt have a click-out. You need an external rhythm machine and use the cowbell and
Icebergbass
Though this is an old article I really enjoyed reading the experience; I still have my XP-50, bought new when it was released and it's been my main keyboard ever since; unfortunately, now, it became unusable as the display stays lit but no characters, no sound; I have new keyboards, but, if it's worth it I'll get the XP fixed or keep an eye on a used motherboard for sale as I'm, not planning on selling it; great keyboard, indeed!

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!