Logicのボコーダーをセットアップする方法

Vocoders have endured as a popular effect in many forms of music, and have been used by artists as diverse as Herbie Hancock, Stevie Wonder, Kraftwerk and Daft Punk.  Originally used in the 1930's to  

ボコーダは音楽の多くの形態で人気の効果として耐えてきた、とハービーハンコック、スティービーワンダー、クラフトワークやダフトパンクなどの多様な芸術家によって使用されている。

一般的にプロセスの声に使用されるが、あなたの歌の他の音にボコーダを使用するすべての理由があります。このクイックヒントでは、ロジックでボコーダーを設定し、ドラム部分を処理するためにそれを使用する方法について調査します。

ステップ1

選択する: トラック

これは私たちのボコーダのソースになります。このトラックであなたの声の録音を録音/配置するようなことがあります。この例では、私はApple Loopsを選択するつもりだ、" アナログドラムマシン86"とオーディオトラックの上に置きます。

乾いたドラムのループを聴く:

[オーディオID ="1984"]

ステップ2

Next, create a Software Instrument track, click-hold on the Instrument slot (on the track's Channel Strip) and choose the instrument: EVOC 20 Polysynth > Stereo

ステップ3

We need to set the source audio which will be vocoded. In the top right of the EVOC 20 click on the Side Chain pop-up menu and choose the audio track.

プリセットメニューから私は02ヴィンテージボコーダーを選びました

Finally, make sure that the signal type in the EVOC20 is set to Voc (also in the top right of the interface).

ステップ4

あなたがリアルタイムでオーディオ入力またはオーディオの領域にあなたのボコーダを適用する場合は、[今すぐLogicのトランスポートで再生ボタンをヒットして、MIDIキーボードでノートを再生を開始するのがいいでしょう。

For this example we'll process the audio offline, so create a MIDI region by right-clicking on the empty track lane of the EVOC20 track and choosing "New MIDI Region". Next double-click the region to open it in the Piano Roll Editor and draw in some random notes.


If you hit play in Logic's Transport now, you'll hear the original drum loop and the processed vocoder drums together:

[オーディオのid ="1989"]

ステップ5

聞くためにだけコーダードラムはどちらなし出力するドラムチャンネルストリップの出力を設定します。代わりに(またはそれのチャンネルストリップ設定のトラックのソロ/ミュートモードはCPU省に設定されている場合)のトラックをミュートします。

そしてそれは、ロジックのボコーダを設定するにはこれだけです。ここにロジック9(ミュートオリジナルドラム全て)で別のプリセットを使用してアクションのボコーダのいくつかのさらなる例は、以下のとおりです。

深いモジュレーションプリセット:

[オーディオのid ="1990"]

五バンドラフボーカルプリセット:

[オーディオのid ="1991"]

プリセットパーカッシブな入力の場合:

[オーディオのid ="1992"]

これで、実験している楽しさをボコーダとし、私達に質問を下記のコメントを削除するには、忘れてはいけないこともできます!

チェックアウトロジックTNT2チュートリアル:SteveHのロジック303よりボコーダーとロジックのヒントやトリックのために。

Rounik is the Executive Editor for Ask.Audio & the macProVideo Hub. As an Apple Certified Trainer for Logic (and a self-confessed Mac fanatic) he's taught teachers, professional musicians and hobbyists how to get the best out of Apple's creative software. He has been a visiting lecturer at Bath Spa University's Teacher training pro... Read More

Discussion

Adam
Hi Rounik,

I love using the vocoder with my students. They enjoy hearing their voices vocoded as they speak/sing into a mic. Your example above will be put to use as well. I could see this as a way for some students to create a very tight, rhythmic baseline, for example.
Rounik Sethi
Hey Adam,
That's a great idea! Hope your students continue to enjoy using the vocoder!

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!