Abletonsアナログシンセとノイズのスイープの作成

Whether you are creating a noise bed, an atmospheric back drop, a fill, a breakdown or a build, the humble noise based sweep can come in extremely handy. It's a staple of the synthesis world and it's  

あなたがノイズのベッド、大気バックドロップ、塗りつぶし、故障またはビルドを作成しているかどうか、謙虚なノイズベーススイープは非常に便利になることができます。それは、合成の世界の主食であり、それは、あなたの目を閉じてビルドする方法を知っておくべきものです。

In this tutorial I'll show you how to build a solid noise based effects patch using Ableton's 'Analog' synth. Of course you should be able to repeat this technique using any other similar virtual analog synth.

ステップ1 - 発振器を選択する

スクラッチ発振器の種類を選択してから、シンセパッチをプログラミングする際には、観光名所のリストの上部にある右上です。我々は、ノイズベースのエフェクトを作成しているとして、おそらく私がここで使用する予定の発振器の種類を推測できる...右のノイズはこれだけです!

アナログでは、初期化の状態

アナログは、実際に専用のノイズベースの発振器を内蔵していますので、モードを変更したり、ここには、どのメニューに浸す必要はありません。それは、単に標準の発振器をオフにし、一つをベースに、ノイズをオンにした場合です。シンプル。

私は、周波数のすべての方法を調整している、これはホワイトノイズとして知られているものを手にすることが出来る。これはただ、スペクトル内のすべての周波数が含まれており、おそらくパッチのこの種の基礎としてで動作する最も有用であることを意味します。

アナログのノイズジェネレータを使用する

ステップ2 - フィルタの設定

アナログのフィルターセクションの設定

次に我々はフィルタ設定に集中する必要があります。私は共鳴のまともな量を持つローパスモデルを使用している。この設定は、私たちは全周波数範囲を掃引することができますし、共鳴は、文字のちょうど右の量を追加する必要があります。

我々は次のステップでそれを制御するためのエンベロープを設定するので、2番目のフィルタをかけることができます。

ステップ3 - 封筒へ

アナログの革新的な封筒

アナログは、実際には、各セクションの独立したエンベロープを持っており、フィルター、アンプや発振器を選択するたびに、これは巧妙に中央のウィンドウに表示されている。非常にクール。

私は、全体の範囲かなりを通じて、すてきな単純なスイープを作成し、上下にして、カットオフフィルターを移動させるリニアベースのエンベロープを設定している。アンプはその音が自然にフェードアウトさせるためにリリースの同じような封筒に加え、たっぷりと設定されました。

ステップ4 - LFOと最後の仕上げ

ここでは、簡単なスイープの基礎を持っているが、それはあなたがタッチアップスパイスにいくつかのLFOモジュレーションを加えることができるもう少し物事をしたい。私は非常にわずかにパンを調節することができますが、偶数のフィルタやレゾナンスを変化させることができるLFOを使用することを決めた。

LFOで光"ぐらつき"をご紹介

これは単なる音のライブラリ全体となりうるものの始まりです。ので、これを保存し、それと再生を続けるには、その後、作業ごとのプロジェクトごとに異なる​​ノイズベースの効果を持つことができます。

最終的なパッチ

ここでは最後のパッチが鳴るもののようです。

[オーディオのid ="2089"]

エレクトロニカの味付けのAbleton Liveの詳細を学ぶことに興味がありますか?以下このチュートリアルをチェックアウト:

Mo has been a professional in the music industry for around 15 years. He has released material with the world's leading record labels and also produces music for TV and Film. Mo is also a prolific writer and is a regular contributor to magazines such as Music Tech, Future Music and EQ magazine. There isn't a piece of music software tha... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!