クイックヒント:AbletonのLiveで作成するノイズベースシンセFX

Creating synth effects patches is always a lot of fun but sometimes it's tough choosing the right oscillators to use. If you want a fail-safe sound source that should work with any project, I'd strong  

シンセエフェクトのパッチを作成すると、常に多くの楽しみですが、時にはそれは使用する権利発振器を選択すること大変です。あなたがどの​​ようなプロジェクトで作業する必要がありますフェイルセーフのサウンドソースを使用する場合は、私は強くノイズジェネレータを試してみることをお勧めしたい。

In this example I take a quick look at what Ableton's 'Analog' has to offer in this area.

01 - 初期化パッチでスタート

新しいシンセのパッチで作業するときに私はいつもあなたがコントロールのセットが初期化を空白で始めることをお勧めします。これは、常に同じポイントから開始し、あなたが頻繁に前のパッチに影響されないことを意味します。

私はすぐにあなたに良い出発点がどのようなもののアイデアを与えるために、アナログ初期化しました。一度あなたが満足している空白のパッチを持って、後で使用するためにそれを保存することができます。

02 - ノイズジェネレータをアクティブ化

我々は最初の段階ですべての私たちのオシレータをオフとして、我々は現在、アナログのノイズジェネレータを有効にする必要があります。あなたにこれを入れるとき

03 - フィルタと追加モジュレーションの設定

今シンセの共振フィルタをアクティブにします。ローパスモードと共鳴の健康な量を使用して、我々はいくつかの興味深い効果を作成するために私達のノイズを操作するために必要なツールを持っている。

これで、オフ周波数、フィルタのカットを自動化する好きな変調器を使用してください。この場合、私はアナログのLFOのものを使用しました。そう、三の動きに我々は、変調された、共振ノイズベースの効果を持っている。ニースとシンプル。

今先に行くと自分だけのオリジナルを作ろうと、より複雑な、面白い効果を作るためにいくつかの手順を試してみてください。

ここで作成できるものの例です:

[オーディオのid ="997"]

チェックアウトこれらのチュートリアルをとAbletonに深くなる !

Mo has been a professional in the music industry for around 15 years. He has released material with the world's leading record labels and also produces music for TV and Film. Mo is also a prolific writer and is a regular contributor to magazines such as Music Tech, Future Music and EQ magazine. There isn't a piece of music software tha... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!