移動上の理由によるプログラミング

So, you're a Propellerhead Reason junkie? Can't get enough of the sounds? Pining for it when traveling? Figure for iOS not enough for those long journey's? Check out how to be a porta-pro in Reason!  

理由は非常に強力なスタジオのDAWであるが、そのまた移動中に音楽を作るために多くの人々によって使用されます。それは、電車、tourbusあるいは単に一般的には外出中と約に意味することができます。あなた自身が会社のためだけにあなたのラップトップとMIDIプログラミングを見つけることが起こるのであれば、その理由は、単にマウスを使ってグリッドにノートを入力するよりもはるかに創造的であるのを助けることができるいくつかの巧妙な機能を備えています。これらが優れているものの、内蔵のシーケンサデバイスについて話していませんでしたが、いくつかの他のツールはあなたの気づいていない可能性があります。


ステップ1

Reason controls

読み込まれたモジュールの多くに理由プロジェクトをHERESに。イメージングは​​、我々はそれに仕事をしたいが、我々は手にMIDIキーボードを持っていけない。私たちが最初にできることは、 ウィンドウを選択してオンスクリーンキーボードを呼び出すだけです


ステップ2

Reason Controls 2


[Mouse]タブを選択すると、ノートをクリックして、現在選択されているMIDIデバイスを再生することができます。 2番目の時間をクリックし、ホールドボックスが開かれたノートの同じことを繰り返し、ボックスは、チェックすると、繰り返すように注意して原因となります。強調表示された緑豊かなエリアをドラッグすることでオクターブを上下にナビゲートします。ヒットを記録し、再生する任意のメモが記録されます。


ステップ3

Reason controls 3


よりクリエイティブなオプションは、コンピュータのキーボードにノートをマッピングするコンピュータキーのモードに切り替えることです。 MIDIキーボードの不在では、これはMIDIパートを再生するには、驚くほど直感的で楽しくすることができます。数字キーは、速度のプリセットであり、維持するように、Shiftキーを押し続けると動作します。 ZとXキーがすぐにオクターブをシフトし、そこに繰り返して、ここでもオプションを保持しています。速度変動のメニューから、あなたがプレイに応じて自動的に、より自然に聞こえることができる、いくつかの異なる速度を導入する理由を持って選択することができます。


ステップ4

Reason controls 4


あなたがコンピュータのキーボードでメモを再生と録音を超えて移動する場合は、他の多くのパラメータを開き、キーボードのコントロールモードを使用することができます。 オプションに移動します


ステップ5

Reason controls 5


あなたはそれを選択するための1つにcliclまで今、ラック内のモジュールは、グレー表示されます。これを行うときは、小さな矢印の数がキーに割り当てられcanbe何を示すために表示されるはずです。キーは2つだけの状態に物事を設定するための良い無変数、theyreのオン/オフスイッチ実際にあるとして。あなたはその二つの設定値の間でスライダを反転しない限り、例えばスライダーのようにキーを使用して傾ける。


ステップ6

Reason controls 6


ダブルアサインのパラメーターをクリックすると、その矢印が回転を開始します。その後、2間のリンクを作るためにあなたのキーボードのキーを押します。ここでは、トールにLFOによって使用される波形を変更するには、Dキーを割り当てていますが、あなたは何にキーを割り当てることができます。ライブ中、またはオンまたはオフに影響を回すためのパッチ選択のために特に便利なTheyre。あなたがそれらをたくさん使用する場合の設定は、その理由のプロジェクトで再保存し、すべての設定した内容で、新しいプロジェクトを起動するたびに、それをテンプレートプロジェクトを設定するには、その良いアイデアを保存されます。


Hollin Jones was classically trained as a piano player but found the lure of blues and jazz too much to resist. Graduating from bands to composition then production, he relishes the chance to play anything with keys. A sometime lecturer in videographics, music production and photography post production, Hollin has been a freelance w... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!