プログラミングはストレートロジックPro Xの中にビート

Logic users are spoilt with the number of ways to program drums: Ultrabeat's step sequencer, the Piano Roll, Hyper Editor... and also the main window. Darren Burgos explores the path least used.  

時々、メインウィンドウ/ワークスペース内のオーディオクリップのような論理でドラムをプログラミングすることは行くには良い方法です。あなたが持っているか、彼らはあなたが可聴分散でそれらを置く場所を正確に始まるため、オーディオのビートをMIDIよりもきつく聞こえることができるなどのキック、スネア、帽子、タムのようなシングルショットのドラムヒットの大規模な選択を持っている場合は特に。ドラムプラグインとは異なり、youreのは、ドラム·インストゥルメントが入ってくる音符材料に反応するか、そのことについては、その封筒の形状どれだけのなすがままにするとき、各ドラムサウンドのヒットゼロ差異があるわけではありません。その記録のため、何度も繰り返し部分の繰り返し。以上の維持を容易に制御のような他の利点(ドラム音の持続時間)、音を逆転させる能力、フェードインや音声/地域をフェードアウトし、簡単に個々のドラムヒットのピッチを変えがあります。

だから今は、ワークスペース/アレンジ領域であなたのドラムを編集しなければならない理由あなたが知っていることを、どこで、単一のドラムヒットを得るのですか?そこにさまざまな場所がありますが、私のお気に入りの一つですZenhiser 。この記事では病気はホップ論理学ワークスペース/アレンジウィンドウに完全に倒すトラップ/ヒップをプログラミングする。病気ピッチ個々のドラム·サウンド、塗りつぶしなどを追加、スイングを適用し、それぞれの音量を制御します。上読んでください!

ステップ1:サウンドをプレビューし、選択

ファイルブラウザを開くには、キーボードのf 押すと、[すべてのファイル]タブをクリックしてください。あなたは、Fキーコマンドを使用し、次回(Finderは忘れないように思う)それはすべてのファイル]タブに設定のままになります。すべてのファイル]メニューの上部にyoullの戻る]ボタンや[進む]ボタンのセット、および3箇所を表示する第2のセットを参照してください。あなたは、Mac自体(およびすべての接続された外付けドライブ)、ホームフォルダ、またはその中のすべてのコンテンツを含むプロジェクト自体を表示するように選択できます。音がyoullの使用しているとのフォルダに移動します。すべてのファイルウィンドウの下部にある緑色のスピーカーを押して音をプレビューすることができます。

Pic 1

ステップ2:ドラッグアレンジ/ワークスペースにサウンド

利用可能なオーディオトラックのいずれかにあなたの最初のサウンドをドラッグするか、新しい空のトラックを作成するには、トラックリスト内の最後のトラックの下の空の領域にリージョンをドラッグします。すべての音がyoullのあなたのビートに使用するためにこれを行う。私は2キックの音に、いくつかのスネア、クラップ効果、および2つの異なるハイハットにドラッグしました。

Pic 2

ステップ3:取得してズームダウン

youreのはかなり遠くにズームインするとき、あなたはそれを嫌い、可視領域はタイムラインに従うことを離れてシフトしていけない?はい、私はこのような状況でもそう。オープンな論理学の環境では、キャッチタブ上にして、[全般]タブをクリックしてください。ウィンドウ内のすべての3つのオプションを無効にして、環境設定を閉じます。あなたは必要なときにそれらを元に戻すまで、これらは無効にご利用いただけます。今(Ultrabeatの展覧同じ量のthats)2バーセクションを表示するようにズームします。水平方向に2小節を表示するために、垂直方向に使用してサウンドをyoureのためのすべてのトラックを表示するためのコマンドや矢印キーを使用します。

Pic 3

ステップ4:グリッド値の設定

2バーエリアを中心に周期を設定し、ループ彼らがそう。 youreの単一のバー(またはこの場合は2小節)論理の音楽のを見たとき、彼らは明るいグレーの縦線によって分割されていることをyoullのに気づく。あなたが領域(この場合はドラム音)をドラッグしたときにスナップ]メニューを介してイネーブルスマートのデフォルト設定を持っているとき、彼らは、これらの線にスナップします。多くの場合、デフォルトの16日(注)部門はハーフタイム中に、または遅いテンポでプログラミングをする場合は特に、十分に小さい値ではないではありません。また、あなたの歌はトリプレットを使用している場合があります。まず、スイッチ論理はメトロノーム/音符をクリックし、カスタムを選択することで、カスタムビューにつながった。署名の下に論理分割の設定です。これが大きくなったり小さく値に単一のバーのグリッドを分割します。あなたが次のステップであなたのビートを構築するとして、あなたは様々な部門の設定に切り替えることもできます。

Pic 4

ステップ5:あなたのビートをプログラムするのに起動します

youveはあなたのサウンドを組織し、あなたのズーム、グリッドを設定したら、ビートをプログラミングを開始する準備が整いました。あなたのMacのキーボードでEnterキーを押し、Kメトロノームを有効にして、 スペースバーをヒットする。すべてのファイル]メニューからドラッグした単一のキックを配置します。 nowオプションクリックして(Optionキーの前に、マウスを解放するために覚えている)新しい位置にコピーし、キックをドラッグします。ドラッグすると、領域(S)は、選択したグリッド値にスナップ。あなたのスネア(S)に移動してキックの配列決定を完了します。

Pic 5

youreのどこのように遅いテンポを実行している場合は、スネアの配列を決定する際に分割メニューから32分音符に切り替える必要がある場合があります。私はいくつかの32分音符トラップを使用すると、以下のデモで聞くことができます埋め作成しました。第1のグリッドポジションのようなどこにでも置くことを開始して、基本的なパターンを作成するために第2、第4ビートの上にドラッグします。

Pic 6

ステップ6:周設定により、ナッジ地域

論理学のローカル編集]メニューをクリックします

Pic 7

ステップ7:調整地域/ドラム、ボリュームのヒット

あなたのハイハットにこれから移動して、2小節のループ間でそれらを配列決定することを開始します。帽子をプログラミングする場合、その常に良いもの、それぞれの音量を調整することにより、それらに生命のビットを置く。最初のヒット単一の領域/ドラムを選択して、必ず論理学インスペクタウインドウは、(i)表示されます。ゲインセクションtheresのトップ画面から(地域パラメータ)youllの通知。クリックして、単語ゲインの右に直接/上下にドラッグ。ひとつひとつの地域/ドラム·ヒットが、このように設定し、独自の独立したレベルを持つことができます。

Pic 8

ステップ8:フェージングとアウト地域/ドラムヒット

ホードは、おそらくそれが地域の長さを調整することがいかに簡単であるか今では実現しました! (ドラム·モジュールで行うことは困難)。自由に調整するオーディオクリップの開始点と終了点しかし、時々クリックが発生する可能性があります。これが発生すると、小さなフェードを作成したり、領域の開始/終了時にフェードアウトすることは、これらを修正します。インスペクタの上部に再び領域パラメータウィンドウにすぐに戻って行く。詳細ボタンをクリックします。右またはフェードインに空の領域をダブルクリックするか、オプションをフェードアウトし、2または3のような小さな値を入力します。これは小さなフェードを置き、発音から]をクリックして停止します。フェードも効果のこれらのタイプの実際のフェードツールを使用する創造的な方法で使用することができます。

Pic 9

ステップ9:ピッチング個々の領域/ドラムヒット

以下の私のオーディオの例では、私はピッチがすべての新しいドラムヒットに登るしたいスネアロールを配列決定した。私はその後、病気の編集]を選択し、単純にすべての個々のドラムサウンドを選択することにより、これを行うことができます

Pic 10

今、病気私はピッチを変更したい最初のドラムヒットをクリックして選択します。オーディオエディタの[ファイル]タブを開くには、を押してW。 [ファイル]タブを参照していけない場合、すべての詳細オプションが論理学の基本設定で有効にされていることを確認してください。ファイルタブ機能のメニューから時間とピッチのウィンドウを選択します。下のピッチ区間のピッチを変更するには、先の値を変更します。 100セントがピアノの鍵盤上の上下1彩色段階に等しいことに注意してください。あなたが負の値を追加したい場合は、単にそれの前にマイナスキーを置く。プロセスおよび[貼り付け]ボタンをクリックします。知っているクールなことは、ピッチとタイムウィンドウがフローティングウィンドウであるということです。あなたは、次のドラムをクリックして選択したときに/ダウンピッチアップしたいヒット単にワークスペースウィンドウにそれを選択し、現在のピッチとタイムウィンドウは、選択された領域を中心に説明する。私は簡単に、残りの領域を選択し、それに応じて値を変更することによって、この登山ピッチロールを完了することができます。

Pic 11

ステップ10:スイングの追加したり、ビートを量子化

あなたの溝にいくつかのスイング/シャッフルを入れたいのであれば、今ホードがタイトなサウンドのビートを構築していることを、あなたは何をしますか?ドラム·シーケンス内のすべての領域を選択し、[イベント]ウィンドウを開き、Dキーを押します。あなたの地域/ドラム·ヒットのすべての名前のリストを参照していけない場合は、Openイベントウィンドウでそれらを再選択、選択を解除します。 youllの彼らは、MIDIた場合は、単にあなたがと同じように値を選択することができ、ここでクオンタイズメニューに気づく!あなたは16分音符のスウィング値を適用した場合youveは、第32回または24回のノートロールをプログラムした場合、youllは互いの背後には、MIDIの場合とほとんど同じようにドラム·ヒットの一部を失うことに注意してください。

Pic 12

ステップ11:使用して繰り返しセクションボタンまたはコマンド

今youveはソングにドラムを配置する開始することをお勧めします論理学のメインワークスペースウィンドウ内の素敵な響きの溝を作成したこと。ヤウド繰り返す好きで、現在は循環節を複製する論理学、ツールバーのボタン、またはキーコマンド制御コマンド+ Rのいずれかを使用する棒の周りにサイクルを置く。今まで進化/変化するドラム溝を維持するために、特定の領域に変更を加えるに行くドラムを取り外し、塗りつぶしを追加し、より多くの。

Pic 13

この記事は役に立ちましたし、それは少し苦痛が少ないタイトなビートをプログラムすることができたいと考えています。私はこの方法を使用して作ったものの相続人のサンプル

[オーディオID = "27542"]

Darren started making music on computers when he was a teenager in 1987. His first computer was an Amiga, and when he realized the power of computer-based production, his addiction for making electronic music began. Darren switched to Mac in 1994 and started using Logic Pro. He's been involved in many music projects over the years incl... Read More

Discussion

Magic Fingers
SICK!
Penta Spica
Great idea! I certainly apply this technique in my tracks.
SLGB
Hey Darren, i ONLY program my drums using audio as i can not program as well with exs24 or ultrabeat. You just saved me £420 on buying a Maschine.. Well for now anyway. :D

I knew a few things already but you really helped me out when it came to Edit>Convert>Audio region to new audio file. That tip right there is worth a thousand pound to me! The amount of times i used to duplicate my samples because logic changes the original.

So i noticed the article is a little old and i was wondering if you have done a "Part2" or updated version for any new features added that we casual users are unaware of?


Thanks a lot!!
DarrenB
TY SLBG!! I was thinking about a newer version of this! :). One addition since this is the ability to reverse audio from the region parameters window.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!