プロデューサーの挑戦:LANDR自動マスタリング対マニュアルマスタリング

Mastering decisions used to focus on whether you'd go DIY or send to a mastering engineer. Since LANDR, it's possible to get an automated master of your tracks in seconds. But which sounds better?  

The Challenge

まず第一に、私は

だからここに挑戦をしています。私

https://ask.audio/articles/review-landr-online-mastering

https://ask.audio/articles/can-we-trust-robots-to-master-our-music

ここに私のトラックは任意のマスタリングの前にあります。それ

前:

[オーディオのid = "38928"]

First with Logic Pro X 

だからここに私達は行く、時間は13h00です。そして、ストップウォッチが開始されます。最初に私

私のマスター出力トラックに、私は最初のチャンネルEQを追加し、50 Hz以下のいずれかのローエンドをロールオフするローカットを使用します。これはただのトラックにいくつかの余分なヘッドルームを提供します。

Pic 1

私は、次の

今私は

Pic 2

この後、私はMultipressorのマルチバンドコンプレッサーを挿入します。ソロ私、私はクロスオーバーバンドは4つの周波数範囲のためになりたい場所を見つけるために、各バンド。第1の低域のI

Pic 3

私は、空間の感覚を与えるために私のマスターに若干のリバーブを追加したいとプラスそれだけで一緒にすべてをゲル化するのに役立ちます。ここでSpace Designerの設定私はあります

Pic 4

私はトラックの全体的なレベルを上げるためのリミッターを追加するが、同時にトラックはdoesnのを確認するためにリミッターを使用してチェーン内の最後の

Pic 5

そして、私がダウンして16ビットのWAVファイルにオーディオをバウンス、オフ終了し、バウンスにいくつかのディザリングを適用することを確認します。

Pic 6

ここでは、ロジック・マスタリング・エフェクト後のように聞こえるものです。

[オーディオのid = "38929"]

そのロジックマスタは、約25分を要しました。それは少し急いでいました。通常、私

Mastering with Ableton

前と同様に、I

最初に私

その後私は

Pic 8

この後、せ

Pic 9

この後、私は、リバーブ・プラグインを追加し、遅延時間を932ミリ秒と非常にシンプルなリバーブにダイヤルされ、それは単に音にいくつかの文字を追加するまで、ドライ/ウエット量を調達しています。

Pic 10

そして最後に、私はチェーンの端にリミッタとして機能するように接着剤コンプレッサーを使用しています。私

Pic 11

あなたがオーディオをエクスポートするときにディザを適用することを確認します。これは、マスタリングエフェクト後のように聞こえるものです:

[オーディオのid = "38930"]

Ableton社とそのマスターセッションは約22分を要しました。ロジック・マスタリングセッションのような時間のだからほぼ同じ量。今、最終段階のため、LANDRにこれを比較します。

あなたはAbletonのでマスタリングのヒントをしたい場合は、間違いなくこのビデオチュートリアルをチェックアウト:

LANDR App

したがって、最初のLANDRサイトにアクセスし、ダウンロードしたデスクトップアプリを 。君は

Pic 12

今、あなたがこのフォルダに追加したファイルは、マスタリングにLANDRサイトにアップロードされます。そして、あなたは、あなたのアプリケーションフォルダであなたをLANDRアプリを起動したとき

Pic 13

あなたのトラックがアップロードされると、マスタリング処理の前後でプレビューすることができます。

Pic 14

あなたが編集ボタンを通じてクリックしたときにも3つのオプションがありますか:あなたは、低、メッド、および高強度を有します。私

Pic 15

ときにあなたを

Pic 16

そして、ここではそれが一度LANDRによって処理されているどのように聞こえるかです:

トラックをマスターするLANDRアプリを使って約7分かかりました。したがって、この、手動マスタリングプロセスの間に非常に大幅な時間差があります。

Comparison

私は、これは自動化されたマスタリング工程対手動で非常に簡単なデモだったことを知っており、通常I

Conclusion

だから、あなたはそれを持って、2つの方法の間の簡単な比較、自動対マニュアル。 LANDRについて大きな正あなたはドン場合ということです

したがって、上記の自動化されたマスター対マニュアルマスターに聞き取ると、 たちはあなたに何を知っています

Gary Hiebner is an enthusiastic South African Sound Designer and Apple Tech Head! Gary has been involved in the South African music industry for the decade, and in this time has also been involved in the sound design and music production for many advertising agencies and media houses. Gary is a devoted Logic and Ableton user, but he al... Read More

Discussion

daredevilproductions
hi im new to this forum and would like some mastering advise using logic x
rgds
Aaron j Curtis
Very comprehensive comparison, nice.
I was listening through consumer earplug headphones.
The Ableton version had a nice clear sound and quality about it. The Landr version for me was yuk, sounded a bit muddy and not enough brightness.
In mastering the 300hz area is considered the muddy area, so that's an area that usually needs a cut.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!