11 Pro Toolsのキーボード·ショートカットを使用してミキシングパワー

Pro Tools 11 has added a bunch of new features and workflow improvements over version 10. Mike Watkinson shows you how to get your mixing chops up to scratch in Pro Tools 11 with this guide.  

パフォーマンスで大いに予告改善とともに、 Pro Toolsの11が少ない見出しに値するが、生活の質と生産者やエンジニアのうまくいけば音楽出力を改善しようとしている新機能のいかだを、追加しました。キーボードショートカットの新しいセットは、Avidでは壮大な言葉を混合動力として参照してください何が可能(とPro Toolsのキーボード·コマンドに関するすべてのようにただあなたがアップグレードを必要とするものを意味していますか?あなたのメモリバンクにこれらを追加することです)追加されましたが、された本質的に比較と有効性のチェックを簡単に行うことができるように、カテゴリ別、インサートプラグインのセットをバイパスする能力。


リスト

ここ8キーボードショートカットのリスト、およびそれらがバイパス、インサートプラグインのカテゴリは次のとおりです。

(キーボードショートカット/エフェクトカテゴリ)

Shiftキーを押しながら すべて

Shiftキーを押しながら1 インサートAE

Shiftキーを押しながら2 インサートFJ

Shiftキーを押しながらE EQ

Shiftキーを押しながらC ダイナミクス

Shiftキーを押しながらV リバーブ

Shiftキーを押しながらD 遅らせる

Shiftキーを押しながらW 変調


キーボードショートカットが本当にあなたの事を(多分あなたはあなたの手に多くの時間を持っている)アレントなら、あなたはまた、トラックメニューからバイパスインサートを選択することによって、これらのカテゴリをバイパスすることができます。


Shift-A bypasses all insert plug-ins

Shiftキーを押しながらすべての挿入プラグインをバイパスします。

Each bypass command is a toggle - so repeat Shift-A to un-bypass all insert plug-ins

に解除するバイパスすべての挿入プラグインのでリピートシフト - 各バイパスコマンドはトグルです。

The bypass commands only work on selected tracks. This is the effect of using Shift-A with one track selected.

バイパスコマンドは、選択したトラックに取り組んでいます。これは、1つのトラックと選択Shiftキーを使用することの効果である。

Using Shift-1 with all tracks selected.

選択されたすべてのトラックをShiftキーを押しながら1を使用した。

Using Shift-2 with all tracks selected. An effective use  of Shift-1 and Shift-2 can be used to great effect (if youll pardon the pun) is to compare two effects chains, one set up in Inserts A-E, the other in Inserts F-J.

選択されたすべてのトラックをShiftキーを押しながら2を使用。 Shiftキーを押しながら1およびShift-2の効果的な使用は(youllのの恩赦しゃれば)大きな効果を使用することができる二つの効果チェーン、インサートFJにインサートAE、他で設定1を比較することです。

Using Shift-E - note that the EQ section of the Channel Strip plug-in is deactivated but all other sections remain active.

Shiftキーを押しながらEを使用する - チャンネルストリッププラグインのEQセクションが非アクティブ化が、他のすべてのセクションでは、アクティブのままにしていることに注意して。

Using Shift-C - note that the dynamics section of the Channel Strip plug-in is deactivated but all the other sections remain active.

Shiftキーを押しながらCを使用する - チャンネルストリッププラグインのダイナミクスセクションが無効になったが、他のすべてのセクションでは、アクティブのままにしていることに注意して。

Using Shift-V - note that the sends remain active while the insert plug-ins in the aux tracks that they sent to are bypassed.

Shiftキーを押しながらVを使用した - 彼らはに送ったAUXトラックの挿入プラグインがバイパスされている間センドはアクティブのままにあることに注意して。

Using Shift-D.

Shiftキーを押しながらDを使用した。

Using Shift-W - note that despite the name the ModDelay plug-in is not bypassed as Pro Tools has this in the Delay category.

Shiftキーを押しながらWを使用して - Pro Toolsはディレイカテゴリでこれを持っているとして、名前にもかかわらずModDelayプラグインがバイパスされないことに注意して。


すべてのセンドをバイパス?

センドの等価がある場合には、不思議に思われるかもしれません?いいえ、など、しかし、センドバイパス彼らは、単にルーティングプロセスではありませんので、あなたが送信バイパスいけないことを除けば、あなたは、もちろんそれらをミュートキーボードショートカットがありません。

センドをミュートするには、送信セレクタをCommand-クリック

同じバスにすべてのセンドをミュートするには、Option +コマンド+クリックしてセレクタを送る


Mike has been obsessed with music software since he first saw Fairlight's Page-R, and has tracked its development through his work as a performer, composer and producer. As a writer he has contributed articles to Sound On Sound since 1999, and currently writes their Apple Notes column. As well as being a certified Logic Pro and Pro Too... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!