非音楽家のためのLogic Proでピッチ補正

Pitch correction has become a staple in the music producers toolbox. This tutorial shows how to use Logic's Pitch Correction plug-in without knowing your Bb major from G minor - with A+ results!  

ピッチ補正のプラグインはLogic Proは、完璧なイントネーションよりも小さいかもしれないボーカリストの不正確さ(または他のメロディックパフォーマーを)整理整頓のために非常に便利なツールです。しかし、あなたは自分でチューニングのよりも完全な意味、またはハーモニーに音楽理論の知識をほとんど持っている場合?理想的には、オーディオレコーディングとミキシングに関わるものではGマイナーの相対的な大手からの主なおBbはその後で読んでわからないその場合、これは常にそうではない、また訓練されたミュージシャンそのものであることですが、

あなたがボーカリストが歌うのが意図したキーまたはメロディーのノート、および選択解除を必要としないものを選択した場合、論理のピッチ補正プラグインが最適です。選択したすべての12音のままにしておくと、調子はずれのノートが間違ってピッチに調整される可能性があることを意味し、結果はnoピッチ補正と比べて悪くなります!あなたが知っていないのであれば、どうして歌手を求めるか?よく彼らは自分自身を知ることができない、または現代的なポップミュージックのブルースの抑揚は、クラシック音楽の理論が言うようにノートには、彼らが歌うことを意味し、バッキングの和音がように関連していないので、彼らは、あなたに間違っている可能性がありますキーやスケールを指示することができます彼らは、間違ったノートが実際に正しいことをされているはずです!だから何するか?

Leaving this plug-in in default mode can make things worse!

デフォルトのモードでこのプラグインのままにしておくと、事態を悪化させることができる!


ステップ1

ソフトウェア音源トラックを作成することから始めますと、アコースティックピアノのようなプリセットを呼び出します。それは面白い音(とは異なり、たとえば進化やリズムパッドの音を言う)ではないので、ピアノはこのタスクに理想的であり、したがって、あなたのタスクからあなたをそらすことはありませんあなたの焦点は、ボーカリストになるために必要があるピアノが鳴るもののようではないノート。選択された音はまた、あなたが聞いているピッチからそらすためには変調がないはずです。


ステップ2

ロジックスピッチ補正プラグインのバイパス、その後、サイクルモードでのパフォーマンスのセクションで、あなたが見つけることができるように右側のピッチの範囲に近い場合、MIDIキーボードのCを演奏。

The set-up in Logic’s Arrange window for checking which notes should be selected in the Pitch Correction plug-in.

セットアップロジックスでピッチ補正プラグインで選択すべき注意事項の確認のためにウィンドウを配置します。


繰り返しこのメモを再生し、自分自身にこの質問をする - それは適合しますか? YesまたはNoの場合の答えはCのキーロジックスピッチ補正プラグインでオンのままに(どちらかのボーカリストが自分のメロディーでCのようなものを歌っている、または、Cは、彼らが歌っているノートと並んでいい音)yesです(画像)。


ステップ3

一度にステップを移動するオクターブ内のすべての12音(半音)のためのプロセスを繰り返します。それがないときは、すぐに聞こえるはずです!あなたが遊びたいノートでは、ボーカリストのノートに対して恐ろしくにまとめますなります。プラグインでこれらのノートをオフにします。

The vocalist is singing a melody with only 5 different notes

ボーカリストは、5種類の音符でメロディを歌っている。


それはオンのままに - あなたがプレイしているノートがメロディーではないが、それはあまりに奇妙か恐ろしい音しないためなら、通常は不明です。最後にピッチ補正プラグインのバイパスをオフにし、スーツに応答時間を調整する。より速い応答時間がより多くの可能性はピッチ補正の効果を聞いているといくつかのケースでこれが望ましくない場合(特定のジャンルがこの音を求める!)が、通常は考えが誰かに知らされることなく、ボーカリストやパフォーマーを調整することである - サイモンコーウェル注意してください!


Mike has been obsessed with music software since he first saw Fairlight's Page-R, and has tracked its development through his work as a performer, composer and producer. As a writer he has contributed articles to Sound On Sound since 1999, and currently writes their Apple Notes column. As well as being a certified Logic Pro and Pro Too... Read More

Discussion

Hamish H
Hi Mike

Thanks for this! I think this is a great tutorial because it is teaching people to use (and trust) their ears to get the right result.

Thanks again

Hamish
thirdspace
Glad you think so Hamish - so often using music software seems to be about eyes not ears!

Mike

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!