コンソール上の書き込みや録音の美容のピート・タウンゼント

Pete Townshend talks about the process of recording and writing with his ASP8024 console, and how a large console affects his recording workflow in this video interview.

聞く人ASP8024 、ピート・タウンゼントは、彼がフランスのスタジオでこの机を使用し、トゥイッケナムで同様のものを持っていたことを説明しています。彼が使用します

Audient ASP8024 console in Pete Townshend's studio.

彼は彼ができるコンソールを語るピート・タウンゼントとの5分間のインタビューを見ます

ピート・タウンゼントに強く訴えるASP8024の多くの機能があります。デザインは、それの大部分である:すべてが簡単に手の届くところにあることを。

Close up of the Audient ASP8024 console.

ピートはどのようにそこに任意の新しい楽器を記録する場合について語ります

混合すると、そこに

バンドでの作業、彼の机は、ステレオヘッドフォン出力の4ロットまで提供または8を使用する場合は、より細かい制御のためのヘッドフォンボックスに送信します。 24基を有していてもできることは、あまりにもこのような性質の机のための異例であり、

ピートは、8024の説明することによって、それを合計

Pete Townshend: “when you move this desk anywhere, you’ve got a studio!” 

それは基本的に聞く人ASP8024は、彼の録音とミキシングのワークフローにどの程度一体にまとめています。

Learn more about the Audient ASP8024 here.

Synthesis 101
The Filter
by Bob Moog Foundation

"Rounik is the Executive Editor for Ask.Audio & macProVideo. He's built a crack team of professional musicians and writers to create one of the most visited online resources for news, review, tutorials and interviews for modern musician and producer. As an Apple Certified Trainer for Logic Pro Rounik has taught teachers, professional..." Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!