ロジック9の平行圧縮

Compressors can be a great way to even out the dynamics of a drum mix, vocal performance or any audio signal. A compressor works by lowering the gain when the signal jumps above a certain level or thr  

コンプレッサーは、ドラムのミックス、ボーカルパフォーマンスまたは任意のオーディオ信号のダイナミクスを均等にする素晴らしい方法することができます。コンプレッサーは、信号が一定レベルまたはしきい値を超えるジャンプするときのゲインを下げることにより動作します。これは、順番に静かな要素が大きくなるように見えますし、全体的な知覚レベルを発生させます。ほとんどの場合、印象は、それが音を"fattens"ということです。信号が大きくなる場合、または、"過度に"圧縮された、これは押しつぶされている信号のダイナミックレンジになることがあります。

また、ニューヨークの圧縮として知られている並列圧縮は、、サウンドを強化し、元の信号のダイナミックレンジを保持する方法です。それは信号の大幅に圧縮バージョンと、乾燥(または軽く圧縮された)信号を混合することによって動作します。起因するドラム上でそれの使用に悪名高いですが、このテクニックは素晴らしい結果を持つ任意の実質的にあらゆる音楽ジャンルのあらゆる楽器に使用できます。時マスタリングそれ以上の存在感を与えるためにトラックを実際に、それは一般的にミキシングの段階で適用されながら、というテクニックです、でも使用できます。

このチュートリアルでは、バスはLogic Proのにテクニックを送信使用して並列圧縮を適用する方法について調査しますが、Logic Expressのまたは選択した任意のDAWで続けることができます。

01 - 相対的なレベル

私は、この例では4つのバーのループでドラムとパーカッションのループの4つのトラックを使用しています。

まず第一にあなたがそれらの相対的な音量レベルに満足しているまで、あなたのトラックをミックスする必要があります。あなたはもっと簡単にアレンジ領域でよりLogicのミキサーで行うことができます。

I've also slapped an Adlimiter on the Stereo Output channel strip. This is entirely optional!!
Here's what the loop sounds like "dry":

[オーディオのid ="363"]

02 - グループの"ドライ"ドラム

我々はルート新しいAuxチャンネルストリップのバスを経由して4チャンネルストリップからの信号全体をするつもりです。 4チャンネルストリップの底面積以上のミキサーのスワイプでそれらを選択すると出力スロットをクリックしたままにし、任意のフリーバスを選択します。私はバス20を選びました。

新しいAuxチャンネルは、入力として、バス20で作成されます。すべてのドラムチャンネルからの信号はAux 1のために供給されています。私は私の"ドラムドライ"名前を変更します。

03 - ライト圧縮

This step is optional. I like to add some light compression to the Dry Drums Aux to help all the elements gel together. Click and hold on the top insert slot and choose Dynamics > Compressor
Notice the Ratio and Threshold settings I've dialed in below. It creates a mild overall compressed effect.

あなたがmp3サンプルで微妙な違いを聞くことができるかどうかを確認してください。

[オーディオのid ="366"]

04 - バスに送信する

我々はその信号に重い圧縮を適用できるようにバスを介して新しいAuxチャンネルストリップにドライ信号を送信する必要があるourパラレルコンプレッション信号チェーンを設定するために。別々のドラムのチャンネルストリップまたは"ドライドラム"Auxチャンネルから送信することもできます。私はオリジナルの別々のチャネルから送信するつもりです。

すべての4チャンネルストリップを選択し、1つ彼らの空のセンドスロットをクリック&ホールド。空のバスを選択(私はバス10を選んだ)。

"ビッグコンプ"に新しいAuxチャンネルを(入力がバス10に設定されている)、名前を変更します。

プロジェクトを再生すると、ドラム音の音量レベルを増加したことを明らかにする。

05 - 重圧縮設定

Insert a Compressor plugin on the first insert slot of the "Big Comp" Aux channel strip. Here is where you can now let rip with a higher than normal ratio amongst other settings to give your drum loop a fuller, bigger sound. My settings are pretty extreme and the resulting sound is squashed and over-compressed. But that's a good thing for when we come to mixing this with the dry signal!

比の実験では、アタックとリリースとあまりにも異なるコンプレッサー回路の種類を試してみてください。

私はソロ- ED"ビッグコンプ"のチャンネルストリップをしたし、ここにヘビーコンプレッションが単独で​​すべての鳴るもののようです。

[オーディオID ="369"]

06 - パラレル行く

非ソロ"ビッグコンプ"チャンネルストリップと右下に補助チャネルのレベルより低いだけ乾いたドラムを聞くことができるまで。ループを聞きながら、今慎重にレベルのフェーダーを上げます。目的は、全体のドラムのミックスに膨満感(そしてこのケースでは、シャキシャキ感)を追加する際にも、"ドライ"パフォーマンスの詳細なダイナミクスを聞くことができるように乾燥して圧縮された信号をミックスすることです。

あなたが追加することを選択した余分な体の量は、楽器(s)とが混合している音楽のジャンルに大きく左右されます。トグルミュート"ビッグコンプ"チャンネルストリップで/ B - ING並列圧縮を試してみてください。

ここに私が平行に圧縮の微妙な量を追加した私の最終結果は、です。

[オーディオのid ="371"]

大規模なボディ感じのため、"ビッグコンプ"チャンネルストリップ上でより顕著に圧縮設定を試してみてください。私はまた非常に調べることをお勧めしたいオラフBasoskiのエレクトロニカのワークフローのトリックチュートリアルをより圧縮、EQ、サイドチェインと高度なスタジオの生産技術のために。

Rounik is the Executive Editor for Ask.Audio & macProVideo. He's built a crack team of professional musicians and writers to create one of the most visited online resources for news, review, tutorials and interviews for modern musician and producer. As an Apple Certified Trainer for Logic Pro Rounik has taught teachers, professional... Read More

Discussion

Adam
This is very useful, Rounik! You explain everything so clearly. The added audio samples are invaluable.
Rounik
Thanks Adam! Hope you find the technique useful in your music productions.

Best,

Rounik.
Victor Mason
This mix worked very well.Actually, incredibly well.
Might I ask one question? When a mix is made, the send levels which if blue are post fader and will track the fader in the event the fader is changed. Why then choose a pre-Fader send (Green) which is untouched by any change for the fader itself and if one were selected, wouldn't that make it easier to simply adjust the compressed channel down since the feed levels are still as needed in terms of mix? I always wondered if using pre fader sends were a good choice for maintaining better stability? Any other advantages or disadvantages on that front? Since the compressed Aux is a parallel feed and is controlled separately, it seems like a good idea.
Thanks again for these great tricks. I like this better then the drop down menu where you can do parallel compression in the compressor itself.
Rounik
Good point Victor!

Going Pre-Fader would make it easier if the levels are pretty much where you want them... but Post-Fader means any adjustments you make to the original fader level will be reflected on the Parallel channel... which might be what you want... or might not be.

Different peeps mix in different ways, so depending on your mixing style and the material you're working with try both post and pre fader. One just makes it easier to adjust the Send level and the original level using one fader essentially.
Robert
Great tute Rounik. Thanks!
HH
Hi Robert very good and clear, just one question step 4 - using the bus sends for a new submix of the drums.

Would it not work if you used the bus send of the group - ie the send section of the group to a new bus - this would be an exact copy of your drums as they are - ie level wise etc

Am I missing somthing , are there issues with delay perhalps

Best
L

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!