ライブパフォーマンス用に最適化するAbleton Liveのオペレーター

If you have the Ableton Live Suite it's worth taking advantage of Operator. Tadhg Leonard demonstrates how to optmize this impressively powerful synth for Iive performance.  

Operator


すべての歌、すべてのダンスライブスイートだけを所有しているあなたの人々がDJにライブ使用のために、あなたはおそらくブラウザに隠され、Abletonsオペレータ収集ほこりを見つけるでしょう。なぜ、あなたのパフォーマンスに、この強力なシンセを取り入れて、あなたのサウンドを完全に制御を持っていることを観客に見せませんか?のは、この目的のためにオペレータを設定する最善の方法を見てみましょう。

You can draw MIDI data into clips beforehand or play the notes in live.

あなたは、あらかじめクリップにMIDIデータを描画したり、ライブでメモを再生することができます。


それがライブパフォーマンス中に調整するための理想的な多くのパラメータが含まれていますように、この例では、私はウォブルパッチを使用しています。ダウンロードして自由に感じる

まず計測ラックの上にあなたのオペレーターのパッチを落として、それを開く。明らかにそこに住んで微調整可能性の膨大な量は、あなたの処分であるが、実用的な目的のためのマクロにしてから、コントローラにマッピングするための最適なパラメータのいくつかを選ぶことができます。

この場合、最も明白な選択肢では、インターフェイスの右上隅にLFOやフィルターセクションからでなければならないであろう。ウォブルベースの​​任意のフォームを扱うときのカットオフ周波数と速度を変更することは絶対必見です。別のマクロへのレートと周波数ノブをマッピングとMIDIブラウザをオープンします。それぞれに好みの最小値と最大値の設定を調整します。

Map the Rate and Frequency knobs to different Macros.

LFOレートの微調整

[オーディオID = "16923"]

周波数の微調整

[オーディオID = "16922"]


演算能力をより深く掘り下げるために、その今の時間。あなたの搬送波発振器の表示では(この場合)をトリガーするためにループ機能を切り替えます。今すぐ再生されているそれぞれの音の長さは、もはやノートの長さによって決定されませんが、代わりにシェルのグローバル·セクションでのタイムコントロールと一体に拡大縮小することができます。あなたは徐々に増加/あなたの音の長さを減少させることができ、ライブ演奏しているときにそうマクロTimeパラメータをマッピングします。

As the “none’ and ‘trigger’ setting are both at each end of the macro, it is easy to bypass the other settings which are not relevant here.

なしとトリガ設定は、マクロの各端に両方あるので、それはここでは関係ありません他の設定をバイパスすることは容易である。


時間の増加の例

[オーディオID = "16924"]


あなたのパッチと、それがどのようにマッピングされていると幸せであるときは、ラックに2〜3回それを再現する。これで、各インスタンスに変更を加えます。最初の複製では、私はオシレーターBは私の音を作るために少し発振器Aを調節する方法が少し変わりました

Switching between patches on the fly.

その場でパッチを切り替える

[オーディオID = "16925"]


もちろん、それはあなたが、微調整マップやライブあなたのソフトシンセを実行する方法をすることはありませんが、うまくいけば、このチュートリアルでは、究極のパフォーマンスラックを構築するためにあなたの方法を設定するオプションの無制限の量があります。


I have been an audio enthusiast and DJ hobbyist since I was a young lad. I currently work as a researcher on The Gadget Show on Channel 5 in the UK where I specialize in all the audio and music tech related content on the show. Before that I have worked in the sound department on a number of feature films doing everything from locati... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!