NIプロデューサーの影響:ボーカル·プロセッシング

Native Instruments' Producer Effects are one of the best kept, and most versatile, secrets in Guitar Rig. Mo Volans explores how to apply them on vocals.  

最後の数ヶ月間、Native Instrumentsのプロデューサー·エフェクトの世界に浸漬されたweve。のGuitar Rigで実行覆わweveとミキシングとマスタリングに使用されることが意図されているすべてのプロセッサ。これらは任意の手段によって仮想プリミティブストンプボックスではありませんが、それらは完全にマスタリンググレード·シグナル·プロセッサ紹介されています。

ここでは、ボーカルのエフェクト·チェーンを構築し、NIの生産効果のすべてをカバーする私はビデオチュートリアルで覆われ、何かを見てみましょう。


(並べ替え)ドライボーカル

私はボーカルに任意のNative Instrumentsのプロセッサを適用する前に、それは完全に乾燥しませんでした。いくつかのディエッサー、オートチューンと現在のハイパスフィルターの少量は実際にありました。私はID​​はあなたにこの時点で使用されるプロセッサを示し、私は処理が始まる前にあった場所を聞かせて考えました。

Auto-tune, DeEsser and a high pass filter

明快に上のプロセッサ...乾いたヴォーカル!


も適用されたこれらの修正ツールを使用して、正直に言うと、ボーカルは完全に乾いた録音のものと非常に似ています。が、そのかなりそれを温め; 'も少しフラットsとリフトで行うことができます。私はまた、任意のピークを鉄と一般的には少し低いダイナミックレンジを作りたかったのです。

多かれ少なかれ未ボーカル:

[オーディオID = "14204"]


このボーカルが内に配置されていたことミックスがかなり忙しい岩のミックスであり、その現在の状態のボーカルは、単に失われました。それが明るくなるために必要とローエンドでもある程度まで削除する必要がありました。私はこれらの問題を解決を歩きまわった方法を見てみましょう。


EQとダイナミクス

私が最初に行ったことはオートチューンの後、ディエッサーの前にギター·リグのインスタンスを配置しました。私はGRの最初のインスタンスに適用する任意のイコライゼーションがディエッサープロセスによって相殺されていないので、私はこれをした。あなたが最初の画面ショットで私のプロセッサーの順序を見ることができ、このことが少し明確にする必要があります。

私は、固体力学デバイスをインスタンス化し、いくつかの非常に重い圧縮でダイヤルされた。これは、ダイナミクスの不整合を滑らかにすることでした。私はまた、フレーズの間の任意のバックグラウンドノイズを削減するためにここでいくつかの光ゲーティングを適用した。

この後、私は少し、ローエンドを減らす非常にわずかに高い音域と高域をブーストするために固体EQを使用していました。全体的な効果は、微妙な強化であったと明快さを後押しした。私が探していただけで何。


Solid Dynamics and Solid EQ in Guitar Rig

ダイナミクスとEQは私たちのボーカルを制御し、強化するために使用


この時点で、その価値はコーラスのための詩といずれかのチャネルが明確にあることを言及する。私はかなり全面的に処理を模倣する。唯一の本当の違いは、この時点で私は余分な動的制御のためのコーラスボーカルで余分なVC 2Aのヴィンテージコンプレッサーを配置しました。

VC2A

コー​​ラスで使用される余分なVCの2A


初期処理の結果:

[オーディオID = "14205"]


空間的な効果

最後に、私はディエッサーの後に挿入に移り、GRの別のインスタンスを作りました。私はコーラスと韻文チャネルの両方でこれをした。これらのGuitar Rigのインスタンスは、私はいつもチェーンの最後に右のような空間的な処理のために厳密にした。

私はREFLEKTORコンボリューションリバーブと12の遅延プラグインTraktorsからいくつかのステレオ·ディレイを使用していました。私はここで船外に行かないよう試みたが、あなたは明らかに味にこれを混在させることができます。右側のミックスでないかもしれません何が分離して聞こえるので、これは常にA / Bを確認してください。

Reflektor convolution reverb and stereo delay

空間的なプロセッサが所定の位置に


最後のボーカルのチェーンは完了です。

[オーディオID = "14206"]


この処理は、ボーカルに与えた影響は本当に陽性であったとかなり私のミックスの問題を解決しました。彼らは本当にハイエンドのいくつかはそこに単独でプラグインをスタンドとして優れているとして自分のためにそれらを試してみてください。


Mo has been a professional in the music industry for around 15 years. He has released material with the world's leading record labels and also produces music for TV and Film. Mo is also a prolific writer and is a regular contributor to magazines such as Music Tech, Future Music and EQ magazine. There isn't a piece of music software tha... Read More

Discussion

lostinthesound
Another brilliant tutorial Mo! I'd love to see more tutorials about vocal processing (specifically, combining/routing harmonies) and "fitting" a vocal into a mix. The later is one area that I'm constantly having issues with in terms of getting the frequencies to "sit" properly.

Cheers!

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!