NIバッテリー3:簡単にカスタムコンボリューション·リバーブを作成します。

Check out how to quickly and imaginatively create your own custom convolution reverbs in Native Instruments' Battery with Ruari Galbraith!  

だから、あなたは優れたを通して見たビル·バージェスによるドラム·プログラミングのチュートリアルのアート

あなたはバッテリー自身のドラム·サンプルを使用して独自のカスタムコンボリューション·リバーブなど、独自のファイルを作成することによって、ビットさらに物事をパーソナライズする方法を学習しますこの記事では、ほとんどのものNative Instrumentsのと同じように、それはあなたが方法を知っているときに行うことが本当に簡単です。

Argon Kit

アルゴンキットは、電池1、打楽器と古典的な電子音は、このキットの大半を占める非常に初めから含まれています。


私はこの例で使用しているキットには、電子キットのメニューで見つけることができると私はオーディオ·サンプルのリバーブに909キックを送信するつもりアルゴンキットです。

ここで乾燥した909キックは次のとおりです。

[オーディオID = "14664"]


バッテリーのサンプルを使用して、カスタムリバーブ

それは本当に素晴らしい効果をもたらすべきであるそれにはすてきな尾を持っているとして、この例では、私はTobackスネアを使用するつもりだ - これは最初にすべての使用したい素敵な響きのセルを識別し、行うことが本当に簡単です。一度あなたが編集ペインに、頭を使用してマスター]タブを選択し、リバーブ·セクションに移動し、その後インパルス]タブをクリックしてする必要がある場合はそれをオンにしようとしているセルを知っています。ディスプレイは現在サンプルの名前を表示されるように、今あなたがする必要があるすべては、単に畳み込みディスプレイにTobackスネアのセルをドラッグすると、あなたが正しくそれを行っている知っています。

Convolution display

Tobackスネアセルを示す畳み込みの表示が正しくロー​​ドされています。


それは実際にそれと同じくらい簡単です!ここでは、909キック音がToback畳み込み(私は同様にキックを飽和のビットを追加しました)で好きなんです。

Saturation settings

彩度の設定。


[オーディオID = "14668"]


それは素晴らしいですね!

畳み込みのような他のファイルを使用することは可能ですか?あなたはそれが賭け、どのように見つけるために読み


独自のファイルを使用したカスタムリバーブ

私はサウンドFXのサンプル·ライブラリを介して探していたと私は偉大なリバーブになるだろうと思い、このエア圧ブラストを見つけました

[オーディオID = "14663"]


バッテリーに独自の。wavファイルを追加するにはあなたがしなければならないすべては、単に我々が以前Tobackスネアセルで行ったと同じように、バッテリーのコンボリューション·ディスプレイにドラッグし、Finderを使用して選択したファイルに移動します。

Convolution display

エア圧ブラストを示す畳み込みの表示が正しくロー​​ドされています。


今私たちの909キックを聞いてみましょう

[オーディオID = "14665"]


それは素晴らしいですね!だけでなく、それはキックに大きな音んが、我々は今、私たちのカスタムコンボリューションに他の細胞の一部またはすべてを送信することができます、あなたが何を知って、彼らはすべての音が大きすぎる!

Saving reverb settings

あなたが他のキットでそれらを使用できるように、新しいリバーブの設定を保存することを忘れてはいけない。


すべてだと、それにありますが、遊んで、さまざまなファイルをチェックアウトしようとすると、この手法を使用していくつかの本当に面白いリバーブを作成することができます。

お楽しみください!


Ruari Galbraith - Ruari lives in the North East of England & started his electronic journey with a small set up consisting of an Akai S1100 & Logic 5 on a pc. He has since gained over a decade of experience working with synthesizers, music software & recording technology. Throughout his diverse career he has been lucky enough to work w... Read More

Discussion

mixta
Actually this brings to light one of the major problems I have with Battery and the reason I end up using drum racks in Ableton in preference (Even though I prefer the sound of Battery) Namely that the reverb and delay are only available as send effects so the impulse you use for the kick is going to be the impulse that you use for the rest of the kit. Of course you can route the cells to individual tracks in ur DAW, but drum racks are already structured to allow access to the individual sounds and the process is just quicker and simpler when the ideas are pumpin.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!