音楽理論のヒント:コンテンポラリースタイルでメジャーモードを使用します

Following on from his article on how modes are constructed, Matt Vanacoro explains how you can utilize the major modes in your improvisation and melodic compositions. Music theory made easy.  

数週間前、私たちが取りました

Ionian

D major could also be called D Ionian mode.

DメジャーもDイオニアモードと呼ぶことができました。

イオニアモードはメジャースケールです。それ

Lydian

By raising the 4th note of the scale, you turn D major into D Lydian.

スケールの第4ノートを上げることによって、あなたはDリディアへの主要なD向けます。

箱から出してビットを取得するには、リディアモードにそれを回すためにメジャースケールの第4ノートを上げます。この隆起した第4回は、あなたのためにいくつかのことを行います。それは、その弱い4メモを取り、実際に観客の1つ際立っているにそれを向けるだろう!また、強​​力なノートにあなたに別の大手のトーンが得られます。私のように

Mixolydian

By lowering the 7th degree of the scale, you turn D major into D Mixolydian.

スケールの第7度を低下させることによって、あなたはDミクソリディアンへの主要なD向けます。

ミクソリディアンは、現代のロック音楽にもう少し一般的です。メジャースケール、平らな第7回注意してください、そしてあなた

Bonus Feature

By lowering the 7th degree AND raising the 4th degree you get Lydian Dominant! Woot!

第7回程度を低下させ、あなたはリディアンドミナントを得る4度を上げて! WOOT!

あなた

Next Time On…

私はあなたを願っています

Matt Vanacoro is one of New York’s premier musicans. Matt has collaborated as a keyboardist in studio and on stage with artists such as Jordan Rudess (Dream Theater), Mark Wood (Trans-Siberian Orchestra), Mark Rivera (Billy Joel Band), Aaron Carter, Amy Regan, Jay Azzolina, Marcus Ratzenboeck (Tantric), KeKe Palmer, C-Note, Jordan Kn... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!