音楽理論:トーン行の耳を伸ばします

Composing with tone rows is a very useful exercise for you to stretch your ears a little if you have only listened to tonal music, and it is fun as well. Jay Asher shows how in his revealing tutorial.  

12音音楽はシェーンベルクによって1921年に発明され、積極的に他の人の間で彼の学生アルバン・ベルクとアントン・ヴェーベルンに受け入れました。彼の気持ちは調性音楽はワーグナーやシュトラウスによってその限界まで引き伸ばされていたことだったし、その

レナード・ローゼンマン、ジェリー・ゴールドスミス、ジェリー・フィールディング、アーネスト・ゴールドなど、多くの映画の作曲は、そのスコアのいくつかの基礎としてのトーン列を使用していました。

基本原理は、彼らが唯一お互いにではなく、キーに関連しているように、大体同じように、すべての12のトーンを使用することです。 (そして、まだ、何とかベルクは、より多くの音

ピック1では、基本的な、または首相、音列を見ることができます。すべての12音が二回登場なしノートで使用されていることに注意してください。

Pic 1

ピック1

ピック2では、あなたはそれが逆の順序で同じノートである意味、ノート行のレトログラードバージョンを参照してください。

Pic 2

ピック2

Pic 3

ピック3

そして最後にピック4に、我々は逆行反転として知られ、逆行で反転行を持っています。

Pic 4

ピック4

Pic 5

ピック5

今シェーンベルク、ベルク、ウェーベルンとは全く異なるこれらで構成される。通常、彼らはなど各ノート、例えば、0、1、2、に数値が割り当てられて構成するための行列を形成しました。あなたはこのことについて、すべてのインターネット上の情報を見つけることができます。しかし、我々の目的のために私たちは私たちの耳を少し伸ばして音楽的に興味深い方法でこれらを再生しようとしています。

一つの一般的な誤解は、すべての12のトーンが使用されるまでのノートを繰り返すことができないということです。彼らは、通常はあることができますが、最初に私はあなたがそのように最低限行う示唆しています。

ピック6では、ここで私は楽しみのためにした小さな作品です。クラリネットが逆行性に基づいている間フルートは、基本的な(プライム)音列を再生しています。ハープだけの色調の影響を回避するアイデアを、それらのすべての音符を再生しながらファゴットは、反転を開始し、レトログラード反転を利用しています。

Pic 6

ピック6

あなたがオーディオ例1で聞くことができるように、私は15分で行った。この実験は、素晴らしい音楽にはなりませんでした:

[オーディオのid = "37077"]

あなたはこのかなりの量を行う場合は、あなたが以前にあなたの耳には奇妙に聞こえたであろう音楽はもはや多くの時間をかけて外国語を聞いなど、全く同じくらい奇妙に聞こえる見つけることになります。あなたも、それ自体は厳密に12トーンの音楽を作曲されていなくても、自分で独自の組成物にこれらの原則の側面を振りかけるを開始するかもしれません。あなたが創造的にブロックされた感じているとき、それは単にあなたが再び書き込みますので、それは非常に解放することができます。

Click here to take your Music Theory knowledge to the next level.

Jay is a Los Angeles-based composer, songwriter, arranger and orchestrator, conductor, keyboardist, as well as vocalist. As a composer, he is best known for scoring the New World Television series Zorro. Among the films and TV movies he has arranged, orchestrated and/or conducted are Paramount Pictures' Blame It On Rio Read More

Discussion

Peter Schwartz
Tone rows explained in a 1 minute read. Kudos!

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!