音楽理論:記憶に残るモチーフやメロディーを書く方法

So you're writing melodies and motifs that sound good... how can you improve these? How to make them sound better and work better in your songs? Jay Asher has some advice to share.  

私が最初にロサンゼルスに到着したとき、私は、コンポジションの学位を取得して音楽のボストン音楽院を卒業した後今年はここに来た最も若い作曲家のように、私は出版され、映画やテレビ番組を獲得するために雇わ歌を得るのに苦労。明らかに、私はまだ学ぶべきことがたくさんあり​​ました。しかし、ほとんどすぐに業界の人々は、私がメロディーのために贈り物を持っていたと言ってくれました。今私は早い段階で歌い、そこにいくつかの自然な才能があった12歳から曲を書いたことを考えると、私は本当に私の物の先生で私たちに求められる運動、後半博士アヴラムダビデは、大きな違いと私を作ったと信じているあなたにお勧めしたいと思います。私は当時、スコア紙にこれをしなかったが、あなたはどちらかそれそのようにまたはDAWで行うことができます。

デビッドからの私たちの最初の割り当ては次のように行った:私はあなたが第二の間隔を使用して唯一の立つことができるようにあなたは、自由なメロディーの多くのページとして週ごとにクラス、必要な時間がない署名順守のためで変えたい。そして、あなたは私たちがピアノでそれらを再生し、everyonesの試行を比較するように可能な限り面白くすることを試みなければならない。

ここでは小さな例です。

Pic 1

週1:それはそうあなたはそれが音楽として動作するようにしたい場合に限定されたため、これを書いて一週間後、組成メジャーのすべてが悲鳴を上げるする準備ができていた。しかし、我々はピアノでそれらを再生すると、

第2週:今、あなたは時折第三の間隔を追加することはできますが、その後すぐに反対方向に第二に行く必要があります。ピック2参照してください。

Pic 2

私のああ...、世界は私たちのような芸術的な自由である!水責めはこの多くを行うよりも拷問のようにそれほど見ていた、律儀に、私たちはページの後にページを書きましたが、すぐにこれはあまりにもそのように限定的になりました。

週3:今、あなたは時折4日の間隔だけでなく、第三を追加することがありますが、2/3は第二に行くことを継続としながら、第4回では、すぐに反対方向に第三に行く必要があります。

最後で無料マーティン·ルーサー·キング、の言葉では、全能の神は、私たちは最後に自由である!

しかし、我々はページの後にページの後にページを書いた後に、あなたはそれを知っているwouldntのは、これは我々はすべての代替キャリアとして大工仕事を議論のポイントに腹立たしいとなりました。

まあ、それは最終的には4/5、6ths、および7thsことを把握するための天才を取るdoesntの、制限がすべて、それらの間隔のマイナーバージョンその後許可とされた。すべては言って行われた後、我々は全体の最初の学期のためにこれをやった。それは、私たちは絶対に狂気運転したが、誰もが、彼らは今より良いモチーフ、このため、運動のメロディーを書いたことに合意した。本当に面白いことは、私たちは12トーンの曲を書き始めたときでさえ、私たちはこのあまり行ったことでそのように多くの興味深いことでしたということです。

それを試してみる!

Jay is a Los Angeles-based composer, songwriter, arranger and orchestrator, conductor, keyboardist, as well as vocalist. As a composer, he is best known for scoring the New World Television series Zorro. Among the films and TV movies he has arranged, orchestrated and/or conducted are Paramount Pictures' Blame It On Rio Read More

Discussion

Greg
If I'm to follow your professor's instructions, can I use unisons, or am I strictly limited to whatever intervals are allowed that week?
Tieg
You can't just stop the article right there! (This was great. Keep going!)
Jay Asher
No unisons, Greg. :)
Eli
Hey Jay,

That was a great article. I'm a big fan of these types of disciplined writing exercises. Like the old saying goes: The absence of limitations is the biggest obstacle to creativity!

Eli
hyperscientist
Thank you Jay, I love the concept and will try it starting today!

But I am not sure about week 3… When I play 4th interval I should immediately go to 3rd (opposite direction) and then what - does the rules about 3rds apply here still? So after 4th I should immediately go to 3rd and then immediately go to 2nd? That would be limiting for real, so I guess not :)
jamr
What about the restrictions imposed for the 5th, 6th, 7th and then the minors? It would be nice to know how those were used in your exercise as well, since you mentioned it.
Jay Asher
Always a second in the opposite direction.
hyperscientist
So lets say that in the future I will play 5ths and let's play in major C.

It goes like this:

C (5th) G (mandatory opposite 4th) D (mandatory opposite 3rd) F (mandatory opposite 2nd) E?

Or for 7th: C B D A E G F?

So basically every time I play interval I need to "spiral" down?

It almost doesn't make sense :)

Possibly if I play 5th I am forced to play opposite 4th, but then I am free to play whatever interval (3rd or 2nd in any direction)?

I feel very stupid for not understanding, but simple example for week 3 and 4 would truly clear things up for me :)

Maybe a follow up article in 2 weeks time with more examples? :)
Jay Asher


1. There is no "key" per se', but it is diatonic. And no matter which interval you go up or down to, you must immediately then use a 2nd in the opposite direction.

2. Let us say that we have now gone through 2nd, 3rds, and are now incorporating 4ths. If iJump up a 4th I must immediately step down a 2nd. I then write mostly 2nds but now jump down a 3rd. I now immediately must step up a 2nd. I do seconds for a bit and go up/down a 4th again. Immediately I must do a 2nd in the opposite direction.
hyperscientist
Jay, thank you very much. That cleared things up for good!
Jay Asher
Good.
Gary Hiebner
Great article! Rules and Restrictions can be a blessing in disguise with composing.
Ephisus
I'm just getting into music theory having casually played since my teenage years; mostly for understanding score better in my filmmaking. I was really enjoying this article, got to the bottom of the page, and and instantly recognized that it was written by the person who scored my favorite childhood show, Zorro. Will be visiting regularly now.
Jay Asher
Thank you for the kind words Ephisus. Also thanks Gary.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!