音楽制作のヒント:難しい旋律を分解

G. W. Childs shares a useful tip for how to break down tricky melodies (maybe your own or from a song you've heard) using your DAW to help you learn how to play it more easily.  

私は読んで知ったとき、それは私にとって大きな瞬間だった覚えています。そして、私も本当に私がリテラシーに非識字からすぐに移動させる言葉を覚えています。それはあなたの言葉を知らない場合は、単に一度に1文字がそれを鳴らす、私の幼稚園の先生の口から来た言葉であった···

彼女はおそらく私が執筆した、および他の多くの方法で私の人生の残りの部分で、この知恵を取るだろうとは思いもしませんでした。たとえば、次のように私は理解しない問題が発生した場合、私は、一つ一つがそれを打破する。また、私は音楽のためにそれを使用しています。私はパートを再生する方法を知らない場合、私はそれを取得するまで、私は各ノートを打破する。

youreのよその曲を再生しようとするとイライラするメロディーはあなたを悩ませすることができます。または、あなたはあなたの頭の中で立ち往生し、独自のメロディーを持っているとき、あなただけのキーボードの下得るように見える傾けること、またはそれはあなたが使用している何でも。

私は物理的に一部を再生しようとレンガの壁に遭遇したとき、私は一般的に、代わりの部分をプログラミングに頼る。私はあなたに私の方法をお見せしましょう​​。

ステップ1 - ループを設定し、パッチ

Abletonのライブ、またはループしている他のDAWでは、病気のいずれかに密接イムエミュレートしようと何に似ている、あるいは、個々のノートを区別するのに十分なだけの単純で非常に基本的なパッチを選択します。

病気は、元のメロディーの割合、あるいは病気それも遅く、私は一部は完璧取得することができていることを確認することのいずれかでテンポを設定してください。

彼らはAbletonの中で参照されるようになりました、ループ、またはこの場合のクリップを設定します。しかし、youreの論理、理由、Pro Toolsの、等においても、ただ普通にあなたのループポイントを設定します。

クリップが作成されるとMIDIノートエディタは私に鍵をたくさん表示されるように、病気は下のウィンドウを展開します。

今、いくつかの注意事項を追加することができます...

ステップ2 - 単音時の

私の最初の提案は最初のノートを追加し、それが、実際には、右ピッチであることを確認することです。それに沿ってハム(私は定期的に行うもの)、または並べノート側をプレイする必要がある場合。 IDも音符の長さも同様に、元と一致することを確認することをお勧めします。それは八分音符、分音符か?あなたが知っているか否か、ナローを使用するか、ノートの長さを判断するためにグリッドオプションを広げ。

注意:あなたはあまりにもあなたを助けるために、MIDI機能にAbletonのライブ9のオーディオを使用することができます!ここでこれを行う方法について詳しく読む:
http://www.askaudiomag.com/articles/converting-audio-to-midi-in-live-9

あなたのメロディーの中のノートはすべて同じ長さではないかもしれないが、覚えておいていますが、特に注目を強調するときにはいつも、増加、または個々の音符の長さを減少させることができます。それは、形状、およびドラッグを変えるまで、ちょうど、ノートの端にカーソルを移動します。

ステップ3 - ループ長

あなたがノートを追加すると、単にループがパズルのように、フィットする各音符を継続し、追加してみましょう。あなたがする必要がある場合はそれを削除し、全く圧力をtheresの。必要に応じてそれが完璧に聞こえるまでただ、追加してください。 Abletonのでは、新しいクリップの長さは常に1小節にデフォ​​ルト設定されます。さらに長いメロディーで、私はまだ、常に一つの尺度で始まり、その後、私は長さが長くなる必要があるかを判断する際の対策を追加します。これはまた、沈黙の長い期間を聞くすることからあなたを保つ。

結論

ループが完璧鳴るまでここから、ただ続ける。あなたがメロディーを見極めるために簡単なパッチを使用した場合は、あなたの頭の中で、あるいは記録のいずれかで、より密接に元の部品に類似しているパッチに変更してみてください。

そして、今youveはメロディーをプログラムされていることを、あなたは彼らが、MIDIエディタであなたの目の前で右があるので、すべてのノートを知っている。今、あなたがプレーするかを見ることができますように、手でそれらを再生してみてください!

Sound Designer, Musician, Author... G.W. Childs has worn many hats. Beginning in the U.S. Army back in 1991, at the age of 18, G.W. began learning electronics, communications and then ultimately audio and video editing from the Department of Defense. Upon leaving the military G.W. went on to work for many exciting companies like Lu... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!