ウィーン·アンサンブルProとLogic Proの9の新しいマルチレイヤを使用して、

The folks at VSL have created an ingenious solution to loading large libraries outside of an application. Logic composer and guru, Jay Asher, shows how Vienna Ensemble Pro and Logic Pro can gel.  

、Logic Pro 9のと私の本行くProで書いたように

Audio UnitプラグインだけVE Proプロジェクト(V-フレーム)ごとに16のMIDIチャンネルを扱うことができるという事実:最近まで、多くのLogic Proのユーザーのために軟膏で唯一のフライがありました。これは、Mフレーム、それらの全体の束を開いて、VE Proサーバープラグインの個別のインスタンスを介して各プロジェクトへのロジックに接続する必要になりました。私の場合は、のために、CPU効率的でより良い説明、洗練されていないからしたいことではありません私のPCと私のMac上でそれらの6つ、上に6を持っていた。

VSLで輝かしい人々はVE Proの解決策を考え出すています。それはマルチと、そのロジックのテンプレートとプロジェクトにコピーすることができますを呼び出す環境の層です。これは今私はちょうど2つのVE Proサーバープラグインのインスタンスを、私のMac上の1つ、私のPC上の1つですべてを接続することができます。 (私の唯一の不満は、私は彼らがそれをやったかを分析することはできませんので、ロックされたマクロから成ります。)

写真1には、4つのマルチティンバーのお問い合わせ5インスタンスは、別の出力に割り当てられた各1と同じMIDIポートに割り当てられた各を持っているVE Pro 5のプロジェクトを見ることができます。私は個別に対処する必要がMIDIチャネルの合計数は38です。マルチポート·レイヤーを介さずに、これは3つのVフレームで構成されたMフレームが必要になります。

Fig 1.

写真1。



ステップ1 - MIDIポートを割り当て

ピックである。 2は、チャネルセレクタ領域の第二欄に、私はProプラグイン1 VEにマルチ風を割り当てていたことがわかります。

Pic 2. Assigning the winds to VE Pro.

写真2。プロVEに風を割り当てる。


ピックである。 3、他の3つのMULTISが連続したMIDIポートの割り当てに割り当てられていることに注意してください。あなたがVEになりましPro 5を行うために必要なすべてのプロジェクトを保存します。

Pic 3. Save the project.

写真3。連続したMIDIポートに割り当てられます。


ステップ2 - マルチレイヤをダウンロード

これが可能になります

Pic 4. Download the Multiport layer

写真4。マルチレイヤをダウンロード


それがダウンロードされたら、それを解凍します。今のところ、私は簡単にアクセスできるように私のデスクトップ上に配置している。


ステップ3 - Logic Proのプロジェクトにマルチレイヤーをインポートします。

私が言ったように、それは既存のプロジェクトまたはテンプレートを使用しますが、デモの目的のためにこれを行うことが可能ですが、私は新鮮な開始するつもりです。ピックである。図5に示すように、私は、単一のソフトウェア音源とシングル外部MIDI機器を使用して新しい空のプロジェクトを開いている。また、環境のミキサーの層を見ることができます。

Pic 5. Empty project

写真5。空のプロジェクト。


オプションのローカルメニューの下に、私は環境をインポートするためにナビゲート

Pic 6. The Environment Layer menu.

写真6。環境のレイヤーをインポートします。


あなたは、PIC 7でわかるように、私は自分のデスクトップに移動し、VEPマルチLayer.logicプロジェクトを選択し、下側、右側には、Openが点滅します。

Pic 7. Selecting the VEP Multiport layer.logic project.

写真7。 VEPマルチlayer.logicプロジェクトを選択します。


これは、PICを8に見ることができるように、私は(この場合、VEPマルチレイヤーで)をインポートしたい環境のレイヤを選択できるダイアログボックスが表示されます。私は、[インポート]をクリックします。

Pic 8. Choosing to import VEP Multiport layer.

写真8。 VEPマルチレイヤーをインポートするために選択します。


マルチレイヤは今、このプロジェクトの一部です。


ステップ4 - ミキサー層にVEPのマルチレイヤーからマルチインストゥルメント(MIDI)を移動

Logic Pro 9では、このタスクが容易になります。すべてのマルチインストゥルメントはインポート後に選択されています。 Optionキー押しながら、私はミキサーレイヤーに移動します(PICを参照してください。9)あなたは、PICで見ることができるように彼らはミキサーレイヤーで今だけです。 10、私はより明確に見えるように他のオブジェクトから、それらを離れて移動した後。

Pic 9. Navigate to the Mixer layer.

PIC 9。ミキサーのレイヤーに移動します。


Pic 10. The multi-instruments are now in the Mixer layer.

PIC 10。マルチ楽器はミキサーの層に今ある。


ステップ5 - VE Pro Serverのプラグインをホストするソフトウェアインストゥルメントへのすべてのポートを接続

この例では1つだけ存在していますが、選択としては、多くのとして使用することができます。私は以前に述べたように私は、私のMacと私のスレーブPC用の1対1の2を使用しています。ピック11で、私はすべてのポート·オブジェクトにプラグをつかんでいますし、プラグインのVE Pro 5のサーバーをホスティングしているされ工大1、それをケーブル接続。

Pic 11. Cabling All Ports to Inst 1.

PIC 11。工大1にすべてのポートのケーブル接続。


私は今、環境ウィンドウを閉じることができます。


ステップ6 - VE Pro Serverのプラグインをインスタンス化し、VE Pro 5のプロジェクトに接続

ピック12に、私は、GUI(PICを参照してください13)を開き、VE Pro 5は、サーバプラグインのマルチ出力バージョンをインスタンス化します。それは同じコンピュータ上にあるので、私は(あなたが深刻なCPUの問題に実行しない限り問題ないはずですが)NONEにバッファの遅延を割り当てることができないことに注意してください。

Pic 12. A multi-output version of VE Pro 5

PIC 12。 VE Pro 5は、多出力バージョン。


The GUI of VE Pro 5 Server.

VE Pro 5はサーバーのGUI。


ピック14で、私はデカップリングして確認することができます別のGUIを立ち上げVE Proプロジェクトとの接続を選択します。私は強くそれ以外のロジックは、プロジェクトを保存するために非常に長い時間がかかり、それが少なくとも私の経験では、ラインの下の不安定につながることができますこれを行うことをお勧めします。

Pic 14. Enable the Decouple checkbox.

PIC 14。デカップリングしてチェックボックスをオンにします。


私は今、VE ProサーバーのGUIプラグインを閉じることができます。


ステップ7 - MIDIトラックを作成する

ピック15に、私は外部MIDIインストゥルメント·トラックを選択し、Controlキー押しながら、 ミキサーにそれを再割り当てしているに気付く

Pic 15. Select the Ext MIDI track while holding down 'Control'

PIC 15。 "コントロール"を押しながら、外部のMIDIトラックを選択


今、私はどちらかのトラックのサブメニューの下に行くか、または "次のMIDIチャンネルを使用して新しい"のキーコマンドのタンデムを使用します。私はこの9回以上繰り返すので、私のマルチ9木管のパッチがあります。

今ピック16日に気づく:私は最後のMIDIインストゥルメント·トラックを選択し、マルチ弦楽のための第二VE ProのポートのMIDIチャンネル1に再度割り当てます。この方法を続けると、私は4以上の文字列のパッチ、7黄銅のパッチ、16パーカッションパッチを対処するためのトラックを作成します。

Pic 16. Reassign MIDI Inst track to MIDI Channel 1.

PIC 16。 MIDIチャンネル1にMIDI instのトラックを再割り当てします。


私はその後、私のPC上のVE Pro 5のプロジェクトのすべての次の手順を実行します。

あなたは私のようにしている場合、すべてのことが残っている(とはい、それは時間がかかります)各トラックの名前を変更し、それを適切なアイコンを割り当て、それをテンプレートとして保存することです。私の最終的な結果は、PIC 17の部分に表示されます。

Pic 17. End result.

PIC 17。最終結果。これをテンプレートとして保存することを忘れないでください!


それは多くの作業だが、今、あなたは本当に、非常によくサービスを提供すべきマルチレイヤのエレガントなワークフローを使用して、VE Proプロジェクトで素晴らしいLogic Pro 9では、テンプレートを持っている!


Jay is a Los Angeles-based composer, songwriter, arranger and orchestrator, conductor, keyboardist, as well as vocalist. As a composer, he is best known for scoring the New World Television series Zorro. Among the films and TV movies he has arranged, orchestrated and/or conducted are Paramount Pictures' Blame It On Rio Read More

Discussion

Marketis12
Hey Jay your article has been a big help for me running VE PRO 5 on my MBP but when I use my 2010 Mac Pro as a Slave to run VEPRO I don't seem to be able to get the Multiport layer to work the same. I am reinstalling the layer into Logic 9s mixer environment and cabling it to Instrument 2 with VE server running and connected via a network cable and it seems to work for 1 multitimbral instance of Play 3 win which I have woodwinds installed but whenI open a second instance of Play I can't work out how to connect to it from Logic on my MBP. I always seem to be "talking" to the first instance of Play 3. Help!
Jay Asher
Hi, If you do it exactly the way I have outlined in the article it should work. Without seeing your templates I cannot know what is going wrong for you.

If you want to zip them and email them to me, I will take a look.

jay@jayasher.com
Brian Carr
Hi, I was hoping you could help me with a problem I'm having with VEP and Logic 9.1.7.

I follow your tutorial exactly, and it works fine up until I try to add auxiliary channels by pressing the + sign on the VEP Instrument Channel Strip in Logic. As soon as I do that, Logic suddenly will only address midi channel 1 of each of my Kontakt players within VEP, no matter which channel I'm addressing in Logic (2-16). It will address each of the 7 different Kontakt players I have in VEP, but it will only trigger the sample that is loaded into midi channel 1.

I'd be happy to send you the templates if you wanted to take a look. thanks,

Brian

brian@waxlabmusic.com
Marketis12
I think you best address this problem to Jay rather than me. I have just been composing a long email to him with screenshots to outline my problem and, whilst typing, I noticed my error with midi settings on my slave instance of VE Pro and voila all is fixed. Purely pilot error on my part!

I just tried to replicate your problem with my setup but realised it is how I am setup anyway and it is working fine. I am running 5 stereo instances of Kontakt in VE Pro and have used the + sign on the Logic VE Pro multitimbral instrument to make 5 output stereo inputs and all is well. Cheers Jim
Hadley317
I tried this exact set up and it worked exactly as advertised. Unfortunately, track volume automation ( cc7) does not work with this set up, or at least not as described here. I went back to the orchestral template on the VSL site from one of the forums described in a PDF. It does require multiple instances of VE Pro but I don't really see that as inelegant. The instances can be divided up into logical groupings of instruments and once properly set up, can be left alone.

If there is someway to use cc7 with this set up, I would love to know.
Jay Asher
You use cc11 (expression) on the MIDI tracks or automate the auxes with cc7.

But yes, after my initial enthusiasm I have gone back to using separate instances as it is more flexible and less prone to glitches.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!