Ableton Liveには、MIDIでのモニタリング

Ableton Live has the DAW X factor! Using the Monitoring In feature it's possible to create a whole composition from a single MIDI clip. Gary Hiebner joins up the dots in this tutorial.  

Abletonは強力かつアクセス可能なDAWです。 Abletonsのプル要因は、その使いやすさ、および探索のビットは、アプリケーションの周囲に実行されるときにあったことができます、その創造性のオプションです。私が特にAbletonの程度気に入っているのは、ルートオプションで監視して異なるMIIDIチャネルに周りのMIDI出力ができる方法です。あなたが単一のMIDIクリップからの音の配列を作成する方法を見てみましょう。 Abletons MIDIトラックと機能で監視して、あなたのトラックの分化を作成することができます。これは1つだけのMIDIクリップを使用して、組成物全体を作成することが可能かどう疑問が浮かびます。


ステップ1 - まず、MIDIクリップ

私は最初のシンプルなドラムループを作成する。私はAbletonsドラムライブラリから808ドラムキットを選択しているし、2小節のドラムパターンを書かれている。私たちがすることにしようとしていることも、このMIDIクリップと、そのMIDIデータを使用する追加のMIDIインストゥルメントを作成しています。

The drum pattern

ドラムパターン。

The 808 Drum Kit

808ドラムキット。

[オーディオのid ="8634"]


ステップ2 - そのベースを作成します。

MIDIチャンネル(Shift +コマンド+ T)を作成します。 からMIDIから

The 808 Drum channel

808ドラムチャンネル。


モニターの下に自動選択されているではないことを確認してください。これはルートベースのチャネルにドラムチャンネルからMIDIデータまたはクリップの情報を務める。

Monitoring In

で監視。


次は、素敵な低音の音を得ている。私はベースギターにプリセット( インストゥルメントを選択している

The Bass Channel

ベースチャンネル。

[オーディオのid ="8636"]


ステップ3 - より多くの楽器を作成する

次に、私は同じよう前にモニタリングを通してドラムチャンネルにルーティングされた別のMIDIチャンネルを作成している、と追加

Lead Synth Channel

シンセのチャネルをリード。

[オーディオのid ="8635"]


私は、以下に示す設定を使用して上記のシンセを補完する別のシンセインストゥルメントを作成した。私は、オクターブ、およびコード進行を構築するMIDIノートのいくつかの異なるシフトで和音のMIDI音源を高めるためにピッチのMIDIエフェクトを追加しました。あなたは1つの単純なMIDIパターンから我々はすでに楽器とMIDIエフェクトが組み込まれてちょうどAbletonsを使用してサウンドのかなりの選択を築いてきたことがわかります。

The Synth Channel so far

これまでのシンセチャンネル。

[オーディオのid ="8638"]


ステップ4 - それを混合する

twoシンセがミックスにいくつかの分離を作成するために左右にパンされています。

最後に私はピッチのMIDIエフェクトとBleepyシンセの音( 一体全体- PoiPoi)、、そしてシンプルなMIDIパターンにいくつかのより多くの動きを作成するArpegiatorを作成しました。

Bleep Synth Channel

一体全体シンセチャンネル。

[オーディオのid ="8637"]


今すぐすべてのレベルの音の直前まで一緒にこれらの要素をミックス。

Mix the elements to get the right blend

右のブレンドを得るための要素をミックス。

[オーディオのid ="8641"]


結論

それは、Abletonの1つのMIDIクリップから何が達成できるか驚くべきことだとルートする機能ではAbletonsモニタリングを利用することにより、周辺の複数のMIDI機器へMIDI。

この概念を使用すると、非常に簡単かつ効率的にAbletonの中の巨大な楽器のアレンジを構築することができます。このメソッドを使用して計測器の作成のためにそこには何か他の可能性を想像してみてください。


でビルバージェスチュートリアルをチェックアウトAbletonsインタフェースと機能の詳細について完全な説明 。

また、チェックアウトブライアンキャスAbletonのTNTのより多くのヒントやトリックのために機能を!



Gary Hiebner is an enthusiastic South African Sound Designer and Apple Tech Head! Gary has been involved in the South African music industry for the decade, and in this time has also been involved in the sound design and music production for many advertising agencies and media houses. Gary is a devoted Logic and Ableton user, but he al... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!