Abletonの、パート1ではマングリングループ:クリエイティブFXを使用

Ableton Live is arguably the most exciting audio application on earth to use as a beat mangling device. In this quick tutorial, Mo Volans gets scrunching and twisting with Ableton's built-in FX.  

完全に新しいものにループを変換すると、常に多くの楽しみである。あなたが編集、プログラミングや処理を介してこれを行うかどうか、最終結果は努力する価値はほぼ常にです。

Ableton Liveには 、ループをマングリングで特に才能があるし、仕事を得るために思いつく限りのツールがあります。この短いチュートリアルで、私は物事が軌道に乗ると、既存のループ上にねじれたテイクを生成するために、いくつかのクリエイティブなエフェクト処理を使用する方法を説明します。


ステップ1 - 私たちのループの設定

AbletonのLiveでループをロードすると、非常に簡単ですが、プログラムに新しいあなたのそれらのために病気はそれに​​ついて移動する方法の実行ダウン非常に速いを与える。

左側のブラウザを使用し、一部のオーディオを含む、ドライブの領域に移動します。この場合、私は病気に使用そのいくつかのサンプルのコレクションがある。自動再生機能を使用してループを選択してください。あなたが選択した音を聞くことができるようにキューのチャネルがここに正しくルーティングされていることを確認してください。

Live’s browser

ブラウザが住んでいる。


ドラッグや既製のオーディオトラックまたはクリップビューウィンドウの空白部分のどちらかに選択したループにドロップします。あなたのループを分析し、即座に再生する準備されます。今それを切り刻むを見てみましょう!

The groove is loaded

溝がロードされます。


ドライループがうまく処理される。

[オーディオのid ="8495"]


ステップ2 - いくつかの選択肢のプロセッサの挿入

私達のループがロードされ、再生で我々はそれを処理するために始めることができます。 Abletonは、標準のバージョン以上のスイートを購入するかどうか利用可能な効果の大きなリストを持っています。私のお気に入りのいくつかのリストを見てみるとどのようにアップロードされて取得することができます。

ブラウザでのオーディオエフェクトのセクションに移動し始める。ここでは、Ableton Liveで提供されるネイティブアウトオブボックスのプラグインの全リストが表示されます。そこにまともなリストがあり、これらはよくここで使用するエフェクトです。

私は単純にループから低周波をカットするEQの3つのプラグインを挿入することで始まった。これは、すぐにオートフィルタが続いた。フィルタはいくつかのエンベロープベースの共振フィルタリングを提供するために設定されていました。これは、ループは非常に動的なものと音がすでに大幅に変更されました。

The EQ and Autofilter plug-ins

EQとオートフィルタのプラグイン。


次はオーバードライブ 、 フェイザー、グレインディレイ来た 。組み合わせると、これら3つの効果は、ループのスペーシーな、エッジの効いた感じを与える。時間によって、これらすべての効果は、我々は全く新しいサウンドを扱っている追加されます。

Overdrive, Phaser and Grain Delay

オーバードライブ、フェイザー、グレインディレイ。


ステップ3 - 整理とアップ仕上げ

仕上げに、私はエフェクトラックに私たちの新しいツイストエフェクトチェーンを組み合わせる。これだけでなく、私たちのルーティングやエフェクトのレベルを制御できますが、一般的に対処するために全部が簡単になります。

私はまた、リミッターで全部をオフにトッピング。これらの効果のいくつかはかなり強烈なものとして私たちはどんなオーバー、歪みやクリッピングを取得しないことを確実にしたかった。リミッターはまたもう少し知覚ボリュームを与える。

The effects are added to a rack

エフェクトはラックに追加されます。


最終的な処理結果:

[オーディオのid ="8496"]


取得ここでライブAbletonの奥深く 。


Mo has been a professional in the music industry for around 15 years. He has released material with the world's leading record labels and also produces music for TV and Film. Mo is also a prolific writer and is a regular contributor to magazines such as Music Tech, Future Music and EQ magazine. There isn't a piece of music software tha... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!