Omnisphereでの変調を生かし

It's no surprise that one of the most impressive software synths ever, Omnisphere, is from Spectrasonics. David Earl delves into its modulation areas and shares some timely tips.  

Omnisphereは、 Spectrasonicsの素晴らしいエリック·パーシングのdreamchildです。表面には、Omnisphereは、別の音の偉大なライブラリと素晴らしいサウンドのソフトウェア·インストゥルメント、大きな効果、と甘いシンセ·エンジンのように思える。インターフェイスは、他のシンセと比べてすっきりしたし、ナビゲートしやすいですが、表面の下に...獣に位置しています。

一部の人々はOmnispheresトップレベルのユーザー·インターフェースに満足している。ああ、私は彼らが言うアンプ、フィルタ、モジュレーションエンベロープを持っている。ああどのように趣のある、私はルートをモジュレーションホイールへとLFOの深さをできると彼らは言う。 6のLFOはありますか?ワウ!

その後、何人かの人々はもう少し近くを見て、その封筒の隣に、モジュレーションやLFOの部分を参照して、好奇心旺盛小さな虫眼鏡が手招き。無邪気なことに、彼らは少しのシンボルをクリックすると、啓示の中ネバネバしたゼリーに彼らの心を回す。 Omnisphereは起こっていくつかの深刻な変調を持っています。

変調に簡単にまとめ。我々は、シンセサイザのパラメータを制御するために、エンベロープ、LFO、コントローラ、または他の変調ソースを割り当てるときの変調である。我々はPANノブを制御するために割り当てられた正弦波のLFOを持っている場合例えば、、うまく割り当てられたLFOの速さや形状に応じて、左右のチャンネル間の音の動きを聞く。

このarticlewhichのために私は簡単に本に伸ばすこともできますが、backwe、より高度なLFOとエンベロープタイプの一部を探索してから、モッズ、マトリクス状に割り当てるしようとしている開催します!溶融楽しさを気に。

ステップ1 - モジュレーション·マトリックスを知ってもらう

モジュレーション·マトリックスはOmnishpere編集ウィンドウの変調部に引き継が向かうと虫眼鏡を選択することで見つけることができます。クリックすると、虫眼鏡、次の画面が明らかになります。

Pic 1

恐れることはありません。この画面では、我々がルートに任意のターゲットに対する任意の変調源を必要とする力を与えるために起こっている。ターゲットはOmnispheresオシレーター、フィルター、アンプ·セクションの任意のパラメータになります。加えて、我々はまた、同様のLFO、エンベロープ、およびモーフィング入力のパラメータを制御するためにソースを割り当てることができます!そのことについては後で詳しく説明し...

ステップ2 - パンにLFOを割り当て

シンプルな開始できます。 、アンプのパンを調節するLFOを割り当てるだけで、ソースエリアからLFO 1を選択し、アンプを割り当てるには

Pic 2

今、私たちは、LFO 1の制御パンを持っていますが、すべての時間。これは、リスニングのしばらく後にいらいらすることが、私たちに少し船酔いをする可能性があります。何が良いでしょうと、LFOがパンを影響を与えるために起こっているどのくらい制御する当社のコントローラにモジュレーションホイールのようなものを使用することです。

これは、2次変調と呼ばれている。おめでとう。これで正式に音中毒です。二次変調は、単に別のモジュレーションソースのパラメータを制御するモジュレーション·ソースです。

モジュレーションホイールはLFOの深さを制御している二次変調を作成するには、ソースとしてホイールを割り当て、ターゲットとしてLFO1の深さ。

我々はまだ... LFOが私たちのパンを変えることが、あまり聞くことができると我々は、ホイールを上に回すと、パンニングが強調されている。それは0を読み取るまでモジュレーションホイールがダウンしているときにLFOの深さが完全にゼロにさせるには、単に左にターゲットパラメータスライダをオンにします。

我々は今、パンは、それが前に以前ほど極端ではないであることを聞くことができます...モジュレーションマトリクス中にホイールの深さパラメータを変更してみてください。今、私たちは戻って動きの全範囲へのLFOを持っている。

ステップ2 - あなたのLFOを知るには

Modのマトリックスから取得するには、もう一度モッズマトリックスズームの隣にある虫眼鏡をクリックします。 LFOセクションへ向かうと、LFO 1が選択されていることを確認します。

LFO波形を変更するには、上下の矢印をLFO波形の横のをクリックしてください。正弦波状のように変更します。

Pic 3

今、我々だけでクリックされた矢印の上小さな青い記号をチェックしてください。点灯している場合、これはLFOだけ正方向に移動している手段、パンニングの場合には、我々は右に中心を得るであろう。我々はオフにこのパラメータをオンにすると、サウンドは今、完全なステレオ音場を通じて、パンニング、正と負の両方の方向にパンします。変調領域で見て、私たちはLFOの変更の範囲を確認することができます。

波形の下、我々は、LFOがレガートに設定されていることがわかります。これは、我々はノートのオフ私たちの指を持ち上げ、新しいノートを打つ場合は、LFOが唯一リトリガーことを意味します。我々はノートを押したまま、それが保持​​されている間に他のノートへ移動すると、LFOは単純に継続されます。 3、他のモードがあります。

  • FreeThe LFOが再トリガすることなく実行されます
  • 注:LFOが押されたすべての新しいノートに再起動します
  • æ­ŒPositionWhenは、DAWの歌はとてもLFOがないため、起動する

LFOがSYNCに設定されている場合、それは私たちの曲のテンポに従います。

遅延が近づいてくるのLFOが遅れます、料金は速度のためであり、深さは基本的にはどのくらいですか?ノブ。

大丈夫。現在、いくつかのエンベロープアクションのため。

ステップ3 - あなたの封筒を知るようになる

常にシンセに割り当てられるエンベロープはアンプリチュードエンベロープです。今あそこに頭をすることができます。

どのように単純な! ASDR ...アタック、サステイン、ディケイとリリース。これらは、封筒の中で最も人気のある段階である。

  • 攻撃 - 封筒が点灯するまでの時間
  • 崩壊 - どのくら​​いの時間がサステイン段階に到達するのにかかる
  • サス - MIDIキーを押している間、封筒で開催しますどのような値
  • 包絡線がゼロの状態に戻すのにかかるどのくらい - リリース

今、ボンネットの下を見てみましょう。封筒の隣に小さな虫眼鏡が署名していることをクリックして...

Pic 4

今話していた。多少前後することによって線やエンベロープライン領域内で右クリックし、混乱にいくつかのポイントを追加することができます。我々はいくつかの興味深いプリセットライン形状のリストを取得するときに右クリックすることに注意してください:

Pic 5

これらのタイプのいくつかを追加してみて、彼らが何をすべきかに耳を傾ける。単にドットの間に線をつかんでポイント間のカーブを変更し、上または下に引き出します。今、私たちは、私たちが好きエンベロープのどのような形状に作成することができます

ステップ4 - を使用してプリセット封筒シェイプ

今クレイジーもののため。クリックして次の封筒ズームにある開閉用三角に保持し、リズミカルな封筒を選択

Pic 6

ノートを押したまま、それを聞く。面白いでしょ?今すぐ右下の[同期]ボタンを選択することにより、私たちの曲に封筒を同期することができます。 DAWに録音するとき、エンベロープが、今の曲に同期します。ご想像のとおり、我々はモッズ·マトリックスを振り返って頭になかった場合、これはいくつかの非常に興味深い可能性のためになります!

ステップ5 - ナッツしました!

これらのツールを使用すると、バックアップすることをモジュレーションマトリクスやゴークレイジーの所へ行く!私たちは、善の日本酒のために、6つのLFOや6封筒を持っている。可能性を想像してみて!

David writes music for all media including advertising, branding, movies, television, and games. He works for such clients as Sega, LucasArts, Microsoft Game Studios, Landor and Associates, Beyond Pix, Rich Pageant, and Nextel. He also teaches at an Apple Certified training facility in San Francisco called Pyramind and has long bee... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!