アナログを使用してAbletonのライブで美しいパッドを作ります

If you own Ableton Live don't rummage around 3rd-party plug-ins for beautiful sounding pads. Instead, look inside... Inside Ableton, that is! Using Analog, GW Childs shows how big your pads can be.  

Abletonのライブは、多くの異なる音のために、この時点では、知られています。しかし、そのはまだ地獄からのリミックスツール...またはループ·マシンとして最も知られています!その結果、人々は代わりにお気に入りのサードパーティ製のプラグインを使用することを選択、ライブで使用可能な楽器を忘れがち。 Abletonのライブは、実際には、独自のいくつかの素晴らしい楽器を持っています。そして今日、Idはどのようにあなたの世界...と音楽にいくつかの美しさをもたらすために、本当に素晴らしいパッドを作るためにアナログを使用する方法を表示したいです。

ステップ1.アナログ

病気セッションビューにもちろんアナログのブラウザとドラッグ中の楽器]タブを選択します。私は先に時間のMIDIトラックを作成するために持っていけません。私がやらなければならないことは、それをドラッグしています。

Pic 1

インスタンス化されると、youllはアナログという名前の楽器の最初の外観をお楽しみください。この男は、最初は、少し威圧的に見ることができます。しかし、あなた自身、そのかなり楽しいのいくつかのパラメータの調整を行う始めると。だから、仕事に取り掛かることができます!

まず、内部表示を変更しますアンプ部に病気クリックすると、以下、このような何かを見て...

Pic 2

この画面では、実際には振幅エンベロープ、本当にパッドに似た何かにあなたのシンセパッチを彫刻するための重要なツールの設定にアクセスできます。デフォルトのパッチにあったので、あなたがキーを押すと、現在、それだけでビープのように聞こえるが、私たちは52ミリ秒までの攻撃値を上げた場合、youllの通知物事がはるかにスムーズに来て!

Pic 3

調達攻撃値インスタントビープ音とは対照的に、ゆっくりキーが押されると、音持ってアナログを引き起こします。私も1.04sへの放出を増加させることにより、一層のパッドの目的に合わせてアナログを変更することができます。私たちのパッドはキーボードのキーを離した後少し長いだけで聞くことができるところでそれを行います。私は通常のパッドと、もう少しリリースのような、私は巨大なオーケストラホールをエミュレートし、物事が環境を作成するために洗い流さ持つことができるようにしたいので。しかし、ソフトシンセで、あなたのCPUを押すの外で、より良い方法をtheresの。そのすぐ上のもっと!

Pic 4

今、アンプセクションの1以上の改変。の音色の音量が同じレベルで全体の時間1または複数のキーが押されたを維持するように病気の増加は、すべての方法までサスティン。 、ビッグ大声で、誇りに思って、これを持つことにより、あなたは少し遅れによるディケイ設定に、下降それらを心配する必要は安定したレベルを維持し、することはできません。

さてさて、今物事を大きくすることができます!病気アナログのボリュームセクションに渡って行くとユニ(またはユニゾンモード)を活性化し、42.97にデチューン値を増加させます。あなたが秒間アナログを再生すると、youllのは、既に大きな違いを聞きます!

Pic 5

しかし、あなたはいくつかの大きなchordslikeを再生するとき私は...とすぐに私がこれを書き終えるよう、Imは別のものが出てカットする前に、いくつかのキーを再生するyoureのことができるだけでいくつかのmusicthatを再生しようとします知っていることをyoullは注意してください。必要とすることなく、ポリフォニーの多くが実際にプロセッサを遅くすることができ、これは、(デフォルトで)ポリフォニーの低下量に起因するものです。病気これは、(この厚いパッドとyoureの本当に狂っている場合)、私たちは、和音の両手を再生することができ、我々は好きなように表情豊かになり16にキーボードの声(ないユニゾン)の価値を高めます。

Pic 6

[オーディオのid = "34334"]

ステップ2.エフェクト

もちろん、このパッドは、多くのサークルで許容可能なために渡します。しかし、採掘されていません。これは、より多くの、本当の生きていると神聖な気分にさせるために何かを必要とします。病気に最初のより一層、厚さを増加させるための素晴らしいです効果をもたらします。そのインサートとして活躍するように病気は今、私のアナログでトラックにコーラスにドロップします。

Pic 7

その37%になるようでreined物事を保つために、病気は、ドライ/ウェットノブを減らします。覚えておいてください:コーラスも同様に、入力信号をデチューン。パッチがすでにアナログ自体から離調しているので、私も夢中に行きたくない、またはそれだけで悪い音が鳴ります。

病気はまた、4.07Hzに1.28msの量と速度を上げます。これはコーラスが曲の内外信号を取っているどのくらいの速スピードアップし、私たちが太いものを維持する必要があることを少しブーストを与えます!

[オーディオのid = "34335"]

さてさて、今我々はそれにいくつかの雰囲気を与える必要があります。そして、何もリバーブよりもより良い行いません。ありがたいことに、Abletonのは素晴らしいものを持っています!今、中の1つをドラッグします!

Pic 10

その中に一度、youllは非常に大きな違いを聞きます。オーケストラの音にその開始!しかし、アンティをアップすることができます。病気メーリングリストの通常多すぎる89%、ドライ/ウェットを上げます!それはパッドに来るときしかし、あなたは他の楽器が傾けるもので逃げることができます。そして、リバーブ仮想講堂に深くアナログを配置することによって、物事はすでにはるかに生きている聞こえます。

今、病気は私たちに必要ないけないいくつかのことを無効にすることを開始します。病気リバーブにコーラスオプションの選択を解除、ならびに拡散ネットワークでの高ボタンを無効にします。コー​​ラスは、ちょうど我々はすでに我々が持ち込まコーラスデバイスの動きに設定されたものには干渉し、拡散が、この場合には、Idは尾部に維持したい周波数の一部を削除します。

Pic 11

[オーディオのid = "34336"]

最後に、病気は6.83sまでのディケイ·タイムを発生させます。今、私たちは自分自身に大きな、大きなパッドを持っています。減衰を上げることによって、私はリバーブが、それはアナログ、楽器自体よりもはるかに優れている何かをすることができます。濾過し、droning、巨大な反響に、これらの壊れ崩壊のすべてを隠すことができるイム。さて、イムは準備ができてスコア、または単にバンドの後ろに記入します!

Pic 12

youreのはもっと地味なものを望むならばところで、私たちはこの演習の最初のステップで変更されたことを、アナログの中に、攻撃を上げてみてください。値を大きくすることで、youllは遅く、私たちのパッドの入り口を行い、より暗いとオーケストラを感じます!

以上のAbletonライブサウンドデザインのヒントがここにこれらのビデオでご覧ください。

Sound Designer, Musician, Author... G.W. Childs has worn many hats. Beginning in the U.S. Army back in 1991, at the age of 18, G.W. began learning electronics, communications and then ultimately audio and video editing from the Department of Defense. Upon leaving the military G.W. went on to work for many exciting companies like Lu... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!