ミキサーFOH MainStageのように:画面共有を使用する

You've probably seen the new digital mixing boards where the band plugs into a patch bay on stage that is controlled via an ethernet cable to a FOH mixing board.  

おそらく、FOHミキシングボードにイーサネットケーブルを介して制御されているバンドがステージ上でパッチベイに差し込む新たなデジタルミキシングボードを見てきました。このワンケーブル設計は、FOHの位置にケーブルの大蛇を実行することで節約できます。しかし、これらのミキサは高価で入手できますし、常に我々はMainStageのと同じことを行うことができるので、どのような場合の効果、圧縮機等のために私たちが欲しいものを全て与えていない、ハードウェアコントローラ(すなわちコルグnanoKontrol)とイーサネット経由で接続された2ラップトップ私の好きな​​効果を使用してケーブル?

On stage we will have a laptop with a soundcard that has enough inputs to put the band into the PA. I recommend getting at least an 8 XLR input soundcard with Firewire such as those from MOTU or Presonus. These soundcards can also be daisy chained for more inputs. From this stage laptop we are going to connect an ethernet cable to the laptop at the front of house. Whether you use a CAT5 or CAT6 cable is up to you but CAT6 is known to be faster and block out interference especially over long distances.

ステップ1 - 画面共有を設定する

我々はネットワークMIDIと画面共有を使ってノートパソコンと通信する方法を理解する必要があります。 画面共有は、(システム環境設定の)私たちのFOHノートPCとネットワークMIDIからステージのラップトップを見ることができる我々のハードウェアコントローラを搭載したステージのラップトップを制御することができます。舞台のラップトップでは、"システム環境設定"を開き、"共有"に進んでください。我々は舞台のノートパソコンの画面を表示するにはFOHのラップトップを使用できるように、"画面共有"をオンにします。また、ステージのラップトップをそれに名前を付けます。

ステップ2 - MIDI /オーディオ設定

今、両方のラップトップ上の" ユーティリティ "フォルダに移動し、" オーディオ/ MIDI設定 " 開く。 " ネットワーク "をクリックしてください。がまだ存在しない場合は、各ノートパソコンにセッションを追加します。上でローカルおよびBonour名とし、" ラップトップFOH"のFOHラップトップ型の両方の下に"ステージのラップトップ"の舞台のノートパソコン、タイプ。

You should also see in the "Directory", your laptop that you can connect to. A green light shows who's on your network and be sure to hit connect. Once connected you will see "Participants".

ステップ3 - MIDI出力。コントローラを満たす

両方のラップトップは、MainStageを実行する必要があります。 " ステージのラップトップは、"すべての通常のマイク入力、効果、モニタが送信する、などがあり、バンドは、おそらく開始するには" ミキサー "のテンプレートを使用して最初のセットアップにする必要があります。 " ラップトップFOH""ステージのラップトップ "にハードウェアのコントローラからデータを送信するアウトMainStageは、単にMIDIとして使用しています。 FOHラップトップは、我々のステージのパソコンにMIDI送信できるように外部インストゥルメントチャンネルを追加する必要があります。お使いのコントローラにMIDI出力を設定してください!

ステップ4 - 接続を作成する

さて...今クールの部分! FOHラップトップから" 画面共有 " 使用してステージのラップトップに接続します。単に新しいFinderウィンドウを開き、左側の列には、" 共有 "メニューの下のステージのラップトップが表示されるはずです。 "画面の共有"を押して、接続しているステージのノートパソコンのログイン名とパスワード... ...ではないあなたのFOHラップトップで型を必要に応じて。

新しいウィンドウが開いて外れるはずですし、今ステージのノートパソコンの画面を見て、そのカーソルの制御が必要です。これにより、必要に応じてプリセット、エフェクトなどを変更することができます。

ステップ5 - レイアウトはこちら

ステージのラップトップでは、MainStageのに" レイアウト "モードで" 学習 "機能を使用して、すべてのフェーダー、パン、など、ハードウェアのコントローラから好きなのを割り当てます。それは、コントローラと通信するためには、" ステージのノートパソコンのネットワーク "に" デバイス " 割り当ててください。

My Korg nano Controller has 4 "Scenes" which allow me to assign different things to the knobs and faders.


Of course bigger controllers will allow more settings. Now you could also do this wirelessly! BUT... do you want to take that chance of losing the wireless connection or somebody with their iPhone trying to "hack" in? Personally, one cable is easy and guarantees a connection.

このセットアップでの楽しみを持っているし、家のシステムによって制限されなく、効果のプラグインとサウンドエンジニアとして達成できないすべての作成の可能性を考える!

ここにすべてのライブのニーズに合わせてMainStageをセットアップする方法については、こちらをご覧ください

Ian Graham is an Apple Logic Pro Certified Trainer and audio professor. He has a degree in music composition and pipe organ as well as being an accomplished bassist. He runs a full production recording studio (www.smalldogstudio.com) which is off the grid with solar. His band Eye Rhyme also has the claim to broadcasting Canada’s first ... Read More

Discussion

Might sound like a stupid question, really enjoyed looking at this option.

Okay now for the question...

How do you input the instruments/mics into the laptops?

Can anyone give me an example product?

Say to input 12 mics and 4 instruments?

Plus whether this is still a viable option?

Cheers,

Bob

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!