ロジック長所縁の下の力持ち:ゲインプラグイン

Logic Pro's Gain plug-in is more than the one trick pony its name suggests. Jay Asher shares how useful it can be when mixing for pass inversion, balancing signals and more.  

のLogic Proの各後続のバージョンでは、Appleはそれは賑やかな新しいユーザーを持って売り込んでいると、彼らは素晴らしいそのままアンプデザイナー、ペダルボード、そしてドラマーのようなプラグインの場合は、それは、非常に理解していることを新しいエキサイティングな添えもの常に存在響きと非常にセクシー。そして、まだ、ユーティリティ·プラグインフォルダ内に埋め込まれた小さなCPU効率的な宝石は、ゲインプラグインで、私のようなユーザーにとってはほとんど不可欠であるように、多くのミックスの問題を解決と呼ばれています。

今ゲインプラグインは、ちょうど1トリックポニーではありません。それは、左右チャンネルの入力信号のバランスを、位相反転のように、有用なものの多くを行い、左右の出力チャンネルをスワップしても、あなたがそれを必要なときにモノを合算できます。

しかし、私たちは、特定のデシベル値によるレベル調整のための信号を増幅または減少させるためのいずれかであるつの非常にシンプルだが有用なタスクを実行するためにそれを使用するほとんどの時間を。

写真1では、あなたは私のロジックPro Xのプロジェクトの一つの(旧以前のLogic Proのバージョンでアレンジウィンドウ)メインウィンドウが表示されます。

Pic 1

写真1

あなただけの10トラックを参照していますが、トラックのヘッダ内の数字を見れば、あなたは実際に、彼らは約30曲を表現するように、最初の4つは、フォルダスタック、のLogic Pro Xの優れた新機能であることがわかります。これらは私が作曲午前オーケストラライブラリのサンプルであるため、私は、MIDIドローで実行した、ロジックプロ地域ベースの自動化、大量およびCC 11(エクスプレッション)の多くは(私は願って)音楽的な方法で音量を制御するために移動します。私が使用するライブラリのほとんどでは、発現量が、音色だけでなくだけでなく、制御されます。

あなたはさらに、サブミキシングのために見ることができるように、私はすべてのボイス、文字列、真鍮とパーカッションAUXESを作成しているに出力されると私は音色に影響を与えることなく、それらのAUXESの音量を自動化するために、ロジックの長所トラックベースの自動化を使用している。このすべての自動化は、多くの仕事で、私を信じて!

それでも、時には、実際に多くの場合、得点と私はまだ右のすべてのレベルを持っていない可能性のプロジェクトを想像したり、私が会話やプロデューサー/ディレクターの批判のように、画像上の考慮事項に応じて別のミックスを作成することもできます。

ピック2では、私は、サブミックスのための私のAUXESの各益プラグインをインスタンス化し、それらを調整したことがわかります。

Pic 2

ピック2

これは私にすぐに追加したり、混合するためOFT各これらから出力される信号を減少させる能力を提供し、私も、私は以前に私の地域やトラックベースの自動化を行っているすべてのハードワークを中断することなく、それらを自動化することができます。これは信じられないほど便利です。私は彼らのテンプレート内のすべての単一のチャンネルストリップ上のゲインのプラグインを持っている作曲家を知っている。そうすることに全く重要ではほとんどがありますが、私にとってそれはやり過ぎですが、それらは私のサブミックスAUXES上に挿入持っている能力は、プロロジックの大きな特徴の一つです。

ゲイン·プラグインは、真にロジックプロ陰の英雄の一つです!

Jay is a Los Angeles-based composer, songwriter, arranger and orchestrator, conductor, keyboardist, as well as vocalist. As a composer, he is best known for scoring the New World Television series Zorro. Among the films and TV movies he has arranged, orchestrated and/or conducted are Paramount Pictures' Blame It On Rio Read More

Discussion

Tom Chronographs
Jay, great article.

I actually use it slightly differently. If I've understood correctly, you automate your main mixer fader, and then make overall level changes using the Gain plugin?

I do the reverse - whenever I do volume automation I do it to the Gain plugin fader, which leaves the fader in the mixer free to use as it was intended - for mixing!

Because how many times has every logic user made a level adjustment on the fly, and it pops back when you hit play because you forgot you'd automated it. So annoying.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!