ロジックプロX:スコアエディタ

Buried in a long list of new features, improvements and bug fixes in Logic Pro 10.1 is an item that will undoubtedly be of interest to score editor users: an option to choose the Bravura font.  

Idはすべて長年にわたって論理学表記の表情に満足していますがアイブ氏は、華麗なをインストールした後、私は私が欠けていたものを実現しなかったが、それを使用しました!華麗で、表記法ははるかにプロフェッショナルで、刻ま表情にとり、画面上で、非常に劇的な印刷scoresisの株式の内部フォントとBravurabothの違い!

華麗な演奏をインストールします

華麗なをインストールする完全無痛3段階のプロセスで始まることができます。

ステップ1:に行く標準音楽フォントレイヤのWebサイト次のURLで(SMuFL)とフォントをダウンロードしてください。その自由!

約中途半端ページダウンyoullのダウンロードボタンを参照してください。 youveはあなたのファイルのダウンロードの場所を変更しない限り、華麗な-1という名前のフォルダは、あなたのダウンロードフォルダに表示されます。

ステップ2:(すべてのMacに標準装備)Font Bookのアプリを起動します

フォントがインストールされましたし、ロジックですぐに利用できるようになります。ロジックがすでに稼働していたとしても、それを終了して再起動する必要はありません。あなたがしなければならないのは、次の最後のステップに私たちをもたらしている、それを選択します:

ステップ3:ロジック

あなたの現在のプロジェクトのプロジェクト設定の中からスコアペインを選択

グローバル下のメニューから現在アクティブな華麗なフォントを選択

ザッツすべてそれにあります!参照してください、私はそれが簡単だろうあなたに言いました!

Logic’s Project Settings window, score pane.

論理プロジェクトの設定ウィンドウ、スコアウィンドウ。

プロジェクトによるプロジェクト

あなたは文句を言わないこの新しいフォントをインストールする前に保存したプロジェクトでのスコアの外観に影響を与えることを心配する必要があります。とのthatsので(そのロジック発言で呼ばれるようまたは記号フォント)表記フォントの選択は、メイン環境設定をロジックとは対照的に、各プロジェクトのプロジェクト設定abovein示すmadeasです。実際には、あなたが自由に、それはあなたのスコアの外観にどのように影響するかを比較するために論理学の内部フォントと華麗なを切り替えることができます。

今サイドバイサイド画像の比較で、相違点や改善華麗なフォントの提供のいくつかを見てみましょう。

音部記号、署名、および詳細!

図1は、左側の華麗なフォント、右の論理学のストック内部フォントで表示されるものと同じ通路を示しています。音部記号の外観の差がやや微妙ですが、同じカントは、キーや拍子の言うことが。華麗で、鋭利物は、広い大胆、と読みがはるかに容易になります。同じことは、単により多くの公式を見て拍子、についても同様です。

Figure 1: Bravura at left, Logic stock font at right.

図1:左側の華麗な、右の論理ストックフォント。

もう1つの違いは、マーキングフォルテ動的に明らかです。厚いレタリング、小さいサイズおよび急性傾斜はすべて華麗なダイナミクスの特徴です。これは、譜表が複数のシステムがページに収まるようにできるように、互いに近くに移動された、図2に示すように間隔が、タイトなときにそれらを簡単にページに収まるようになります。

Figure 2: Bravura at left, Logic stock font at right.

図2:左の華麗な、右の論理ストックフォント。

Gbの主要の調号に見られるように、図2の比較も、Bravurasフラット記号の形状、軽快で明らかに違いになります。また、全音符の大きく、丸く形、および1/4がかかっているのより堅牢な外観を注意してください。

フリルやフランク?

フラグが立てられノートがレンダリングされるように、著しい差は、以下に示されています

しかし、ピッチに依存し、茎のフラグの第notesthe先端notesincludingフラグを立ての方向は時々ノートヘッドを接続します。これは、この部分にダウン茎ノートのすべてで見ることができます。

Figure 3

図3:華麗なのフラグが時々ノートヘッドを接続します。

個人的に私は当惑を見つけるが、幸いにも簡単な修正をtheresの。スコアプロジェクトの設定のその他のセクションは、茎長の調整を提供します。通常、この値は7に設定されますが、8の値に1によってそれをバンピングする(図4、図5を参照)劇的な改善を行っています。

Figure 4: Bravura font, a simple adjustment to the Stem Length parameter clears space between the tips of flags and noteheads in down-stemmed notes.

図4:華麗なフォント、茎長パラメータに簡単な調整は、ノートをダウン茎のフラグと符頭の先端の間にスペースをクリアします。


Figure 5: The Layout tab of Project Settings > Score.

図5:プロジェクトの設定の[レイアウト]タブ

このパラメータを調整しながら、グローバルにすべてのための長さを延長しますメモを茎ダウン茎の外観に著しい改善を生成しながら、それは四半期または半分の外観にのみ最小限の影響を持つことになります注意事項フラグ付き。

フォント選択の場合のように、レイアウトParametersand任意の調整は、あなたがthemwill各プロジェクトに固有であることを確認します。

具体的にはシンボル

華麗なフォントは符頭を含むスコア記号を表示する別の方法を提供することに非常に特異的です。しかし、テキストの外観に影響を与えません。このようなイラストの上下にに示すフォルテとピアノのシンボルのような動的マーキングを除き、プロジェクトの華麗なフォントを選択することは、パフォーマーの指示、タイトル、作曲のクレジットなどの通常のテキストには影響しません。歌詞を含むテキスト項目のフォント属性は、論理学のテキストスタイルによって(いつものように)決定されます。

Figure 6: Typical text, including performance instructions, title and credits, are not affected by selecting the Bravura font.

図6:パフォーマンスの指示、タイトルやクレジットなどの一般的なテキストは、華麗なフォントを選択することによって、影響を受けません。

簡単なまとめ

Idは論理学スコアエディタの任意の熱心なユーザーをhesitationthat recommendwithout華麗なフォントをインストールし、そのペースを介してそれを置くのが好き!その自由、そのインストールする無痛、および読みやすさと論理学の表記出力の全体的な専門的な外観、画面上または印刷されたスコアのかどうかを改善するための確実な方法。

ここでロジックProのスコアエディタ詳細については、こちらをご覧ください。

Peter Schwartz, composer, orchestrator, arranger, pianist, synthesist, and musical director, began piano studies at age 5 and went on to earn a degree in piano performance from Manhattan School of Music. It wasn't long afterward that he began working as a product specialist for New England Digital (Synclavier) and also as a sound progr... Read More

Discussion

Timothy Clarke
Great article - thanks! One super-helpful addition would be to let us know which font you prefer for text - title/author, chord symbols, multi-rests etc. Any help here would be great!
Bar Numbers = Arial, sized to be as small as possible.
Title/Author = either (boring) Times or (casual) Inkpen
Chord Symbols & Multi-Rests = the defaults

I've gotten into the habit of inserting Date and Song items from the "A" partbox item, especially during the draft stages, to keep track of different versions when I print out music. For these I use a custom boxed text style so that they stand out on the page. This same boxed text style is also useful for rehearsal letters, as well as to highlight instrument change instructions.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!