ロジックプロX:新しいインターフェイス機能

Whenever your favorite piece of software receives a major update, it’s usually the changes to the user interface that will at first delight or annoy you. Take a look at what's new in Logic Pro X.  

最初の喜びで、その後、時々等しい措置でしばしば、あなたを困られるユーザー·インターフェースへのソフトウェアのあなたの好みの部分はメジャーアップデートを受信するたびに、そのは、通常、変更されます。ロジックプロの場合、ユーザー·インタフェースは、ほぼ6年間、基本的に変更されずに残っているので、バージョンX(離れている偉大な新しいカラースキームから)での新しいいただきました?


トップまで

Pic 1

我々は、ツールバーを呼び出すために使用されているものはロジックプロ9であったところ、我々は今、明らかにその一つの輸送、再生ヘッドの位置表示、および様々な表示オプションボタンを含む、コントロールバーを見つける...はい...ツールバー - コントロールバーの下のストリップである。機能に基づいて優れた明確化。


ヒント1:コントロール+オプション+コマンド+ Tは、ツールバーを開閉する ​​ためのデフォルトのキーコマンドです。

ヒント2:コントロールバーとツールバーの両方が、それぞれの背景で、Controlキーをクリックして、まだカスタマイズ可能です。


ライブラリ

Pic 2


インストゥルメント·パッチまたはチャンネルストリップ設定フィード(または取り込み)トラックの選択肢は、そう、それはトラックリスト(デフォルトのキーコマンドが開き隣終わるように、はるかにユーザーインタフェースの左側に上のライブラリを移動するために完璧な理にかなっているライブラリ)Yです。ライブラリが更新され、現在選択されているトラックにライブラリの選択肢を表示する。


インスペクタ

Pic 3


図書館の新たな配置のため、検査官は現在、図書館と、トラックリストの間に表示されます。これも完璧に理にかなっていると、チャンネルストリップ設定をより明確にインスペクタで標識することができます。

あなたはプラグインインストゥルメントチャネル(ライブラリからチャンネルストリップ設定を選択するとは対照的に)で楽器を挿入した場合、プリセットはそのインストゥルメントのためのライブラリに表示されており、このリンクが再び明らかに標識されています。


メディア/リスト/ループ

Pic 4


メディア/リストエリアには、ユーザー·インターフェースの右側に残っていると、すべての重要なループブラウザはまだ(キーコマンドO)、ここで発見された。ループは、ワークスペースの領域にドラッグされているので、この時間は、それが、右側にそれを残すことは理にかなっています。


メニュー

Pic 5


ローカルメニューコンセプトはロジックプロXが賢明アプリケーションメニューにそれらを整理するためにあまりにも多くのメニュー方式のコマンドを持っているように素晴らしいです残っている。アプリケーションメニューは、しかし、再編成されました、今と題しているとアクションに応じてその内容をグループ化している。メニューの順序も、プロジェクトを進めるかもしれない順序を反映している。


パワーユーザーは、ロジックプロXは、多くの人が恐れていたことをGarageBandのプロであることを心配されることはありませんが、[環境設定]ダイアログボックスが使用可能なオプションのインターフェイスと数がはるかに少ない途方に暮れるのためになる高度な機能の広い範囲を、オフにするオプションを提供していますすでにアプリケーションの大規模なパワーに慣れていない人たち。オフにすると、環境設定で高度なツールを表示することの違いを見てみましょう

Pic 6


Pic 7


環境設定でオーディオボックスチェックをはずし

Pic 8


Pic 9


これらは、単にあなたが基本的な操作に慣れて、高度なツールにアクセスする準備ができたら、オンに戻すことができることをその後知ってその偉大な!

Mike has been obsessed with music software since he first saw Fairlight's Page-R, and has tracked its development through his work as a performer, composer and producer. As a writer he has contributed articles to Sound On Sound since 1999, and currently writes their Apple Notes column. As well as being a certified Logic Pro and Pro Too... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!