ロジックプロX 10.2アップデート:新しい錬金術プラグイン、200バグ修正、MIDIビート・クロック、新規のApple Loops

Logic Pro X users have reason to be happy with a meaty update. Including full integration with the new Alchemy sample manipulation synth, bug fixes, new Apple loops and plenty more.  

まあ、私はマックのAppストアとLOの私の更新をチェックし、ロジックPro Xのための新しいアップデートが登場しました見よ!それも、ここではスクープだ...まだAppleのロジックPro Xのウェブサイトに住んでいません。

Appleはキャメルオーディオ、錬金術の背後にある会社を買収して以来、ロジックのユーザーは、それ(またはその技術を)見るために息を殺して待っていた次のロジックPro Xのアップデートに含まれています。まあ、我々はもはや待つ必要はありません、 その更新は今、ここにあります!

このリリースで興奮するたくさんあり​​ます。もちろん、ビッグニュースは、錬金術とEXS24との統合だけでなく、その一般的なサンプル操作する能力があります。しかし、もっとあります。アップルミュージックコネクトから新しいのApple Loopsに強化されたMIDIクロック(したがって、外部のドラムマシンやMIDIハードウェアとのより良い同期)に備えています。非常によく、みんなのためにここで何かがあるかもしれませんか?

ロジックプロX 10.2は、アプリストアからダウンロードここ

image: The Alchemy sample manipulation synthesizer is a huge addition to Logic Pro X 10.2

錬金術サンプル操作シンセサイザは、ロジックプロX 10.2に巨大な付加であります

のは、AppleによればロジックプロX 10.2用のこのアップデートの新機能を見てみましょう。

Alchemy & its Features:

  • 次世代シンセプラグインを含む複数の音源と:添加物、スペクトル、フォルマント、粒状、サンプラーとバーチャル・アナログ
  • 画像用エレクトロニックダンス、ヒップホップ、ロック、サウンドなどの電子音楽のすべてのタイプの3000以上のプリセット
  • 権利を見つけるための統合されたキーワードプリセットブラウザがすぐに聞こえます
  • トランスフォームパッドのようなパフォーマンスコントロールが音を探求し、再形成することが容易に
  • バーチャルアナログオシレーターは、象徴的なシンセ・サウンドの本格的なレクリエーションを作ります
  • ヴィンテージの文字と色調の複雑さに音を生成するためのモデル化し、アナログおよび特殊効果フィルタの幅広い選択
  • 柔軟のLFO、AHDSR MSEGと封筒、およびステップ・シーケンサーを含む100以上のモジュレーション・ソースを使用してアニメーション化、動的な楽器を作成
  • モーフィングの収集と再合成ツールを使用して、新しい方法でサンプルを操作し、組み合わせます
  • EXS24の楽器をインポートしたり、サンプラー機能の堅牢なセットを使用して独自に作成します
  • 精巧な演奏に、簡単なコードを変換するための4つの音源のそれぞれに独立したアルペジエーターを適用します
  • 統合効果はリバーブ、モジュレーション、ディレイ、圧縮、歪みの影響の範囲とラック

Other Logic Pro X 10.2 New Features

あり

  • 新しい私nstruments錬金術用のパッドであり、X / Yパッドスマートコントロールを変換タブ付き
  • アップルミュージックコネクトに直接共有します
  • フォースタッチトラックパッドにサポートを追加
  • 独自の画像ファイルとカスタムトラックのアイコンを作成します。
  • 千EDM、ヒップホップ、インディーズディスコ、ファンク、ブルースなど、人気の楽器や様々なジャンルのから新しいのApple Loops
  • MIDIクロックオプションは、外部MIDI機器との同期の互換性を向上させる展開
  • 複数の追加の強化と安定性の改善

ロジックプロX 10.2は、アプリストアからダウンロード

アップルのWebサイトからロジックプロX 10.2についての詳細ここに

ようご期待macProVideoのビデオコース作品に既に「10.2ロジックPro Xの新機能"/ Ask.Audio持っています!

Rounik is the Executive Editor for Ask.Audio & macProVideo. He's built a crack team of professional musicians and writers to create one of the most visited online resources for news, review, tutorials and interviews for modern musician and producer. As an Apple Certified Trainer for Logic Pro Rounik has taught teachers, professional... Read More

Discussion

murgatroyd
After every update there is the process of aliasing the EXS Factory Samples and Ultrabeat Samples folders from /Library/Application Support directory, and the Apple folder from /Library/Audio/Apple Loops directory and replacing the three folders I have on an SSD. That done and investigating Logic 10.2 I found there is no Mellotron plugin. Is this gone, or am I missing something? Alchemy has made the Mellotron archaic?

More toys, otherwise. :)
ivandub
It looks like a pretty significant update, for sure. I'd recommend caution about updating it if you're in the middle of a project, though...especially if you have a slow (satellite) Internet connection like me. While the intiial download is under 600 MB, when you go to start Logic afterwards, it doesn't open but gives you a dialogue letting you know it's downloading more essential sounds, loops etc. I have no idea how big that download is but it indicated it would take a couple of hours at my connection speed. So, basically, I can't use Logic until I've done this. I have download limitations during the day so I have to wait until after 11 PM to do this. I don't know how my ongoing projects will be affected by the changes. It might be necessary to do a full Time Machine recovery but we'll see. Just something to think about if you're considering doing the upgrade...I'd recommend doing a full Time Machine backup first, just in case.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!