あなたのAbletonライブ談合でラックに外部機器を統合

There's more portable music hardware available than ever before. If you own a Korg Volca or TR-8, likelihood is you'll want to hook it up to Ableton Live. Noah Pred shows how using racks.  

デジタルDJがますます自動同期し、そのセットと非難し、一般的にはステージ上の労働倫理に関しては、低道路を取って、即興オリジナル音楽の生演奏の電子は、本当に自分自身の中に来ている。 Abletonのライブは、その非常に当初からこれを可能にしましたが、より多くのアーティストが、さらに、追加されたグリット、味、それは貸す信憑性の結果としてのオーラはもちろんのこと、リアルタイムhavocnotのための彼らのライブセットにアナログおよび他のハードウェアを組み込むことを選択している群れからそれらを分離する。

このような現在市場では比較的手頃な価格でコルグVolcaシリーズやローランドの最近発表された姶良戦隊などのポータブルなハードウェアを使用すると、さらに多くの出演者は彼らのライブセットにギアを組み込むことは確実だ。では、どのように当社の既存のAbleton Liveセットを持つすべてのこの新鮮なキットを統合することができます?

外部化

あなたが前にそれを使ったことがない場合は、Liveの外部機器は、便利な装置であることのできる外部出力と同時に、専用のゲインとレイテンシーのコントロールと一緒に、サウンドカード上の指定された入力を介してバックでのルートオーディオ、、すべてに簡単にルートのMIDI 1の使いやすいツールで。それを正しく動作させるには、最初にライブの好みを経由して、ご希望のMIDI出力とオーディオ入力を有効にする必要があります。

ここで私は、USB経由で直接MIDI信号を受信した私のアートリアMicroBruteを使用することがあります。私は自分のブラウザで楽器のフォルダに移動し、私はその後、専用のドロップダウンメニューで目的のMIDIとオーディオのルーティングを指定しますMIDIトラック上に外部機器をドラッグします。後ろにMicroBruteへのMIDI、オーディオ入力7からの私のMOTU Ultra Lightの上(MicroBruteは結局、モノラルです)。

Pic 1

写真1

PRO-TIP: If you plan to always use the same routing on a given instrument, you can save the External Instrument with those routings under the name of your instrument, so it'll always be ready for action as a preset in your User Library. If you only have one external piece of kit with consistent routings, you could also right- or Control-click the Device title bar and select 'Save As Default Preset' from the contextual menu that appears—so that any time you use the External Instrument device, it will include your desired routings (as well as latency and gain settings) by default.

ラックアタック

提供されるすべての私たちの環境設定は、外部機器を含むトラック上の任意のMIDIクリップが同時に同じ軌道を通ってルーティングされたオーディオと、外部デバイスをトリガする必要があり、この時点で、適切に設定されている。レイテンシーの設定は、リグに基づいて調整する必要があるかもしれないが、結果はかなりシームレスにする必要があります。

我々は唯一の私たちが使用することをお勧めします楽器の1つのインスタンスを持っている場合、これはすべてが順調と良いですが、ライブパフォーマンスの過程で、それは別のを利用して、任意の楽器のうち少なくともいくつかの異なる構成を持つことは自然なことです該当する場合はLiveのの組み合わせは、外歯歯車のMIDIとオーディオエフェクトとパッチプログラムの変更が含まれていました。

一見すると、駆け出しのラックの専門thisfor達成するための最も簡単な方法は、leastwouldで、ラック内の必要な数のデバイスチェーンに複製し、移動するために私たちのチェーンセレクタを使用し、グループに計測ラックへの私たちの外部機器であると思わそれらの間に一度、それらはすべて、所望の効果を使用して構成されてきた。右?まあ、それはその通りです。

原因別のMIDIチャンネルでそれを送信している場合でも、同じ単一の入力(または入力のペア)に差し込まれている各外部機器のインスタンスに、オーディオは、まだ計測ラックのすべてのチェーンを通ってルーティングされます。私はこれがより良い方法があると私達のクリップエンベロープ内でいくつかの複雑なミュートマッピングすることによって軽減またはMacrosbutに接続する可能性があると、それは私は以下の長さで説明しましょう​​トリプルラックネストを伴う。

三連勝単式

このチュートリアルを簡単にするために、我々は我々の外部機器ラック用の2つのデフォルトのパッチを作成してしまいます。我々は先に行くと、それらを作成する前にしかし、私は最初の数ステップを取るつもりです。当初、私は、ブラウザでナビゲートして、私の外部機器デバイスの後にオーディオエフェクトラックを配置します。それから、私は行くと私の外部機器装置の前に、MIDIエフェクトラックをドロップします。

Pic 2

写真2

次に、私は、MIDIエフェクト·ラック、外部機器、およびオーディオエフェクトラックを選択し、計測ラックにグループに3つのデバイスコマンド-Gを打つだろう、得られたラックは、単一の外部機器から構成されているMIDIエフェクト·ラックの間に挟まれとオーディオエフェクトラック。

Pic 3

PIC 3

PRO-TIP: In case you might want to use multiple instances of this sort of External Instrument Device configuration, you could pause here and click the Save button on the Instrument Rack to store it as a preset Rack configuration in your User Library for easier future use.

Pic 4

PIC 4

今、私たちは私たちのトリプルラック設定されているすべてのを持っていることを、我々は我々のチェーンの作成を開始することができます。私のセットの最初の部分については、私はそれは私が私のMIDIの最初のチェーン上に置かれてきたものですので、ライブのアルペジエーターは、速度のデバイスが続き、その後、侵食やピンポンディレイと着信信号を処理使いたいとオーディオエフェクト·ラック。視覚的に私は、彼らが一緒に行く覚えやすくするために、私はまたはチェーンビュー領域内の各鎖をControlキーを押しながらクリックし、表示された選択パレットから同じ色を選択して、赤の両方にそれらを色しました

Pic 5

PIC 5

私はここで設定します次のチェーンのために、私は私のMIDIエフェクト·ラックの新しいチェーン、そして私のオーディオの対応新しいチェーン上のいくつかの調整とシンプルなフェイザーで和音、Cマイナースケールと異なるアルペジエーターをあげるよエフェクト·ラック。私は彼らの両方の青色に着色しました。

Pic 6

PIC 6

私たちが望むように私たちは、多くの異なる、対応するMIDIとオーディオエフェクトチェーンを作成することができますが、このすべてのライブ文脈でスムーズに動作させるには、我々は我々のチェーンは、私たちはスムーズに、異なるセットの間を移動することを可能にするマクロに割り当てていたいと思う私たちのMIDIとオーディオエフェクトラックから対応するチェーン。

私は今、私たちのMIDIエフェクト·ラックの鎖セレクタを開き、私たちの鎖は、この場合、チェーンセレクタを2つの別々の離散的な値に割り当てられていることを確認し、0と1のよ、私はまたはControlキーを押しながらクリックしてよチェーンセレクタ自体、私たちのMIDIエフェクト·ラックの最初のマクロにマップします。

Pic 7

PIC 7

私たちのMIDIとオーディオエフェクト·ラックの両方の最初のマクロはそれぞれのチェーンセレクタに割り当てられているように、私はその後、私たちのオーディオエフェクトラックにこのプロセスを繰り返します。

Pic 9

PIC 9

ラックマクロの割り当ては階層構造になっています。これは、それを含むトップラックのマクロにマップできるように、ラック内のパラメータには、まず、その直接のラック内のマクロに割り当てする必要があることを意味します。換言すれば、唯一の予め割り当てられたラックマクロはそれらが中に位置しているラックのマクロに割り当てることができる。

必要に応じて、我々はすでに我々のネストされたマクロを設定したので、我々は今、右またはそれらのラックの両方の鎖セレクタをコントロールクリックし 、我々は、これまで行ってきたすべてのものを含む親計測ラックの最初のマクロに割り当てることができます。

Pic 10

PIC 10


Pic 11

PIC 11

その結果、我々は1つのインスタンスを通してスムーズにすべてをルーティング128whileの最大値にlikeupように、すべての私たちの内部の装置が視界から崩壊しても、して、当社の計測ラックの最初のマクロは、現在同時にできるだけ多くコーディネートMIDIとオーディオエフェクトチェーンをスクロールすることができるということです外部機器装置を提供する。

Pic 12

PIC 12

あなたはおそらく、実際にすべての複雑考案チェーンを通じて偶然にスクロールするつもりはないことを考慮すると、便利な実装はクリップエンベロープを経由してインストゥルメント·チェーン·セレクターのマクロ値を制御することですので、マルチチェーンプリセットはオンにすることができるパーあなたのセット全体で、必要に応じて、基礎をクリップ。

Pic 13

PIC 13

あなたが希望する値の変更を反映させるためのプログラム、それはあなたの次の設定に切り替える時が来たとき​​に、そのトラック上の後続のクリップを特定のマルチチェーンの選択マクロの値に送信されたあなたのセットの特定の部分の間にできるだけ多くのクリップを持っている、とすることができますそのチェーンセレクタ封筒。

PRO-TIP: If you have an External (or Virtual) Instrument that stores presets under Banks and Programs and is set up to receive Program Change data accordingly, you can switch between patches on a per-Clip basis by specifying the Bank, Sub-Bank (if applicable) and Program numbers as needed via the corresponding drop-down menus in the Program Change area of the Note Settings of your MIDI Clip.

Pic 14

PIC 14

ゆすり

今、あなたがこのおbeltExternalインスツルメンツの下にある構成、チェーンセレクタ、およびネストされたマクロroutingsyouの後ろではなく酔わせるコンセプトを持っていることを、ステージ上やスタジオの両方で、あなたの外歯車の外に多くのことを絞ることにあなたの方法にもする必要があります。それはあなたが、例えば、唯一その逆(おそらくいくつかの巧妙なコントロールが割り当てられてますが)、最終的に単一のオーディオエフェクトチェーンを通る複数のMIDIエフェクト·ラック·チェーンを使用するか、または可能性が与えられたのは。そして、我々は、すべて最終的には、複数のチェーンでの選択項目全体の重要なパラメータへの継続的な、シームレスなアクセスのためのトップ計測器ラックのマクロにマッピングすることができ、複数の鎖中に複数のデバイスを通じて潜在的なマクロ配置にことわざの氷山の一角に触れてきたあなたのセットの間。

ライブのデバイスまたはサードパーティのオーディオeffectsto用マックスを組み込む開始よこしまなクリップエンベロープの何も潜在的には無限大にして越えて展開さprogrammingandないと言う。そこに、ジャム出て行け!

Noah Pred is a Canadian record producer, sound designer, technologist, DJ, and Ableton Certified Trainer living in Berlin, Germany. Releasing dozens of records and touring extensively since the '90s, he currently teaches a wide variety of techniques for stage and studio at the BIMM Institute. For more information, please visit: http://... Read More

Discussion

davidjames
Great tutorial! I'm going to try this tonight with my Sub Phatty. Somewhat off topic, but do you know how I can record Sub Phatty knob tweaks to automation lanes in the arrangement view? It seems I can only record them to clip envelopes. Even with the Moog SP Editor I still cannot get this to work. Thanks!

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!