AudreioでロジックプロXにiPadのシンセを記録する方法

Imagine being able to stream audio from your iPad synth directly into Logic Pro X on your Mac... with low latency. Imagine no longer! Darren Burgos shows how using Audreio as a plug-in inside Logic.  

直接のAudio UnitプラグインフォーマットでリンゴをサポートロジックProと他のDAWへのライブのiPad楽器を演奏するための新しい、簡単な方法をtheresの。その呼ばれたAudreio 。だけでなく、あなたは非常に低遅延無線LANを使ってMacにあなたのiPadからのライブ音声をストリーミングすることができますが、より良い、あなたがゼロに近いレイテンシーでライトニングケーブルとストリーム規格を接続することができます。あなたがiPadでAudreio開き、あなたはその中から再生したい機器を起動します。オーディオユニットプラグインのMac上では、選択のあなたのDAWで右がトラックに住んで着信楽器を録音することができますiPadから音声を受信します。

この記事では、病気は、プロロジックでこれを設定する方法を示しています。さて、最初のMacの両方でとiOSにAudreioをインストールします。その後、十分に長い手動でセットアップから毎回あなた(およびあなたの正気)を保存するためのショートカットとしてロジックでライブラリパッチを保存!一度だけ下の半複雑なセットアップをフォローし、AudreioとロジックにあなたのiPadからオーディオを取得するに近いインスタントパスをyoullは作成されました。

ステップ1:iOSの上Audreioをインストール

まずダウンロードし、あなたのiPadのための$ 5アプリケーションを 、その後、彼らのウェブサイト(に向かうwww.audre.io )と20ドルのMacのAudio Unitを購入してインストールします。それがインストールされているすべての新しいプラグインを読み込むためにするためのロジックが完全に終了し、その後再起動する必要があることに注意してください。

ステップ2:接続して取得

私は非常に直接あなたのiPadからMacに差し込まれ、実際の雷ケーブルを使用することをお勧めします。これは、可能な限り低いレイテンシーになります。

ステップ3:iPadのオープンAudreio

Audreio iPadアプリでは、左側にあるプラスボタン、すべての互換性のある商品のリストをクリックし、アプリが表示されます。あなたがロジックに/レコードを再生したい機器を選択します。 youllは、そのアイコンがプラスボタンの交換を参照してください。そのアイコンをタップすると、機器が起動します。

Pic 1

ステップ4:新しいオーディオトラックを作成します。

シンプルであまり混乱物事を保つために、ロジックで新しい空のプロジェクトを開き、メニューから、新しいオーディオトラックを追加します。ないソフトウェア音源これは、すべてのオーディオトラックを使用して行われます。オープンライブラリ]ボタンをオフにして、ライブラリをオープンしないように選択します。不要な効果は送らない。この方法は、自動作成されています。トラックはワークスペースにあると、それは下の画像のように、こちらのレコードのiPadにラベルを付けます。

Pic 2

ステップ5:補助トラックを作成し、Audreio AUを追加

ミキサーを開くには、Xキーを押します。ミキサーローカル·オプション·メニューから、最初のオプションは、新しい補助チャンネルストリップの作成]を選択します。トラックがミキサーに作成されます。新しいAuxチャンネルへのオーディオFXとしてAudreioのAudio Unitプラグインを追加します。 Audreioのプラグインでは、あなたのiPadが中央の白い部分に記載されているはずです。そのリンクされたときに消灯しますブルー[接続]ボタンと白の領域をクリックします。チャンネルの音量スライダはデフォルトでプルダウンすべての方法です。今のところゼロデシベルに設定し、それ以降も、この補助は、録音レベルコントロールとしてスライダーを追跡します。下部にダブルクリックして、トラックに名前を付け、Audreioに変更します。

Pic 3

ステップ6:バスへの出力補助トラック

AUXセンドをクリックし、ミキサーでそのトラックの出力行を保持することによって、バス1に出力を追跡し変更します。これは、現在セント·アウトまたはステレオアウトを読み込みます。メニューが表示されたら、バスメニューに下に移動し、新しいバスは、ミキサーに自動的に表示されますバス1を選択します。

Pic 4

ステップ7:出力なしにバス出力を変更

ロジックは、サードパーティのインターフェイスから、およびバスから、独自の組み込みのソースから録音することができます。まあ我々は、しかし、記録時にバス自体にと音声チャンネルの両方にそれを聞きたいと思ういけないあなたがステップ4で作成したオーディオトラックの入力として(上記の手順で作成した)このバス1トラックを使用すること。これを修正するには、単にクリックして(前の手順で行ったように)現在のステレオを読み出し、その出力行を保持することによって、出力なしのバス出力を変更します。このチャネルバスの名前を変更します。

Pic 5

ステップ8:変更オーディオバス1への入力トラック

ほとんどがありました!今youveはバスに出力して、その後、Audreioが上にある必要があることをのAuxトラックを作成したこと、そのバスの出力をオフにし、youllのは、今、単にあなたが上記で作成したオーディオトラックの入力としてバス1を選択します。それでもミキサーで、オーディオトラック(あなたがここに録音アプリを標識したもの)INPUTメニューから、リストからバス1を選択します。

Pic 6

ステップ9:それをテスト

論理学のワークスペースで/オーディオトラックIまたはRボタンのいずれかをクリックして、iPadでお好みの楽器を演奏し始める面積を手配。これは、上記の指示に従った場合に動作しますが、ない場合は、戻って慎重に手順を確認してください。ホードが得た後は、それはライブラリパッチとしてこの全体の狂気の設定を保存するには、次の手順に従って作業します。

Pic 7

ステップ10:ライブラリパッチとして保存

やれやれ...あなたはそれを作りました!すべてのハードワークは、この最後のステップで完済しようとしています。それでもミキサーで、AudreioのAuxトラック、バス、トラック(あなたが右上記の手順でそれらを標識した?)の両方をShiftキーを押しながらクリックします。聞きしたいが、両方選択し、右クリック/選択したトラックのいずれかで、トラックの作成]を選択し、表示されるメニューから[コントロール]をクリックすると。これは、ワークスペースに二つの追加のトラックを追加します。今、ワークスペース内のすべての3つのトラックを選択し、論理学のトラックメニューからトラックスタックを作成]を選択します。サミングスタックを選択し、[作成]ボタンをクリックします。今図書館にトラックスタック自体を保存します。その後、ライブラリの下部にある[保存]ボタンの上に、論理学ライブラリを開くには、Yを押してこれを行います。保存する場合は、youllのパッチを分類し、名前を付けするオプションがあります。私はiPadのストリーミングとラベル新しいフォルダを作成し、私は私のパッチAudreioの名前。それでおしまい!これで、任意の曲で、この保存されたライブラリのパッチをリコールし、iPadから録音を開始することができます。

Pic 8

ヒント:

保存されたライブラリのパッチを探しているときは、その音声ライブラリのパッチではなく、ソフトウェア·インストゥルメント1ということを覚えています。あなたがあなたの曲でそれを開くと、トラックスタックを開くために、クリックします。その中にyoullの3つのトラックを参照してください。 、Audreio標識されたトラックをクリックしAudreioプラグインを開き、接続ボタンをクリックします。次に、ここでは録音iPadの標識されたオーディオトラックをクリックして、Rをクリックします

Darren started making music on computers when he was a teenager in 1987. His first computer was an Amiga, and when he realized the power of computer-based production, his addiction for making electronic music began. Darren switched to Mac in 1994 and started using Logic Pro. He's been involved in many music projects over the years incl... Read More

Discussion

rovethegroove
I was wondering why this wasn't working for me. I then noticed that in Step 10, when I selected the Audreio and Bus tracks and right clicked to create tracks, Logic was reassigning the output of the Audreio track to Main Output 1&2. It took me 3 tries of repeating the steps to realize what was going on. FWIW. Great and useful article! Thank you very much. Maybe a suggestion for a follow up article: how to get external keyboard controllers to play iPad synth apps through Logic. Is it possible?
Darren Burgos
Hi Rove, thanks for pointing this out for others to see. This happened to me too once and I thought it was something I had done. To readers: watch for this! To me, this seems like a glitch when saving Track Stacks. Luckily, once the Track Stack IS created/saved properly, you'll never again have to set this up! Glad you found the article useful ! :)
Darren Burgos
Rove, here's one method ...it requires an iConnectMIDI however. I'll do a bit of research on software only methods in the interim: http://www.askaudiomag.com/articles/using-ipad-synths-in-logic-pro-x
Peter Kelly
I think I am having the same problems as rovethegroove. I can hear my iPad synth but when I press record no audio is recorded. What should the output of the Audreio track be set to?
Darren Burgos
Hey Peter! Keep an eye on this article. It should be updated today with a download link to a pre-made Audreio library patch I made. Simply drag it to your Logic Patch folder and restart Logic. :)
Rounik
Hey Peter,

And Darren (as per usual) is true to his word. You can now download the Audreio library patch at the bottom of the article :)
Peter Kelly
Hi Darren,

Thanks for the patch download link.

Cheers,

Peter

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!