Studioでノイズを除去する方法

It's time to stand up for our rights as studio musicians and producers! It's time to say NO to buzzing and NO to humming. Keith Crusher explains how to kick noise out of your studio for good.  

誤ったハム、バズやノイズが私たちのシグナル·チェーンに入ると私たちの生活を困難にitthe Weveはすべてが経験した。そこにどんな状況でも波に魔法の杖はないので、いくつかの原因と解決策を見に行くだけでなく、スタジオでのノイズを防止するために、上のベストプラクティスを行っていた。スタジオでノイズを除去する練習は、最も一般的な状況をカバーして、うまくいけば、あなたがあなたの特定の問題を解決するために最善の方法を理解するために必要な知識を与えるitselfwellに芸術である。

Pic 2

あなたがたは力を持っていますか?

ハムやその他のノイズの中で最も一般的な原因の1つは3プロング2極の詐欺師アダプタを介して、地面を必要とするギアのために接地されていないコンセントを使用するなど不適切な接地、です。誰かが取得するまで、彼らが言うようにthesetheyは、潜在的な危険であり、そのいつも楽しいを使用し、目が出つついたり、この場合には、感電しないでください。スタジオ内の配線は、1969年前にインストールされていた場合、あなただけのこれらの2熊手、非接地コンセントがあることを、その可能性が高い。 equipmentyouが地面とコンセントを配線し直す電気技師を雇う必要が接地されたこれらのコンセントを使用する唯一の安全な方法があります。はい、その高価な、しかし代替案を検討してあらゆるペニーの価値がある。いくつかの主張に反して、漏電ブレーカーまたはRCBO(過電流保護機能を備えた残留電流回路ブレーカ)を使用すると、代替ではありません。彼らは保護のいくつかの手段を与えながら、これらのデバイスは、地面なしでコンセントに取り付けられている場合、まだ文句を言わないあなたが経験する可能性のあるハムや賑やかな問題を解決するため、必要なアース線を提供していません。

Pic 3

非接地コンセントと一緒に、不適切に接地したり、誤配線のコンセントは騒音の別の主要な原因である。あなたが適切な配線を確認するために出口テスターを使用し、可能な地面があなたのスタジオの電源コンセントに存在することができるが、これは海賊版地面とそのはるかに危険バリエーション、RPBG(逆極性Bootletアース)として知られている比較的一般的な状況のためにテストされません。古い、2極のコンセントが3極のコンセントに変換されているが、実際の地面ずにwiretheグランドが代わりにニュートラルに接続されている場合、海賊版地です。 RPGBは、同じような状況ですが、暑くて中性線は非常に危険な状況を作成し、逆転された場所。

Pic 4

海賊版地面の状況のいずれかで、あなたの典型的なコンセントテスターは正しく配線コンセントが表示されますので、あなたは、接地インピーダンステスター(別名配線サーキットテスター)と非接触電圧試験器(NCVT)の両方でコンセントをテストする必要があります。あなたが地絡している場合、接地インピーダンステスターは表示されます(新しいモデルは、あなたの配線とその完全性についてさらに多くの情報を与える)とNCVTはRPBG状況を示します。 NCVTがreceptacleitの接地回路のホールドにユニットのプローブ端を入れて使用してテストするにはRPBGが存在する状況で負(通常は赤色光)が表示されます。接地インピーダンス/配線回路テスターは通常、outletitsパネルインジケータに差し込むだけで簡単に使用すると、任意の障害の状況が表示されます。

Pic 5

最後に、接地電位の差は、ハムやノイズの主要な原因であることができる。ギアの2枚の間の音声信号のグランドはACコンセントのアースに依存している(そして時にはギア自体が要因となり得る)と接地電位の違いは、ギアとバックの他の部分までをループしたオーディオ信号グランドを引き起こす可能性があります再び、youveはすべて聞いたクラシックなハムが生じる。

Pic 6

歯車の片は異なるインピーダンスのアース線を持っている別の回路に接続されている場合、すべてのシグナルグランドは、最も低いインピーダンスの回路を通って行きます。一般的な原因は、というように接地回路内の異なるゲージのワイヤを持っている電線(アース線をワイヤキャップなどを使用して相互に接続されています)悪い関係とある。繰り返しますが、資格のある電気技師は、このような状況を解決するには呼び出す必要があります。

このオプションを持っている場合では、同じ回路にすべてのギアを接続すると別の回路に、それらを接続する際に発生するすべての問題を回避することができます。これは私が人々がスタジオにハムを経験したときで始まるをお勧めグラウンドループノイズと1のための迅速かつ容易に修正することができます。

私はこれが消化する情報がたくさんある実現が、適切なスタジオの電気配線が厄介なノイズを除去し、危険な状況からあなたを守るために開始するのに最適な場所です。

グランドに行く

上記電気回路の状況で、接地電位と一緒に、そのオーディオ機器やその他の要因は、グランド電位の差が原因となっているような状況に遭遇する可能性があります。あなたは、電源回路のグランドが良好であることを確実にわかっている場合は、問題の可能性が高い容疑者であるギアの部分ダウントレースするyoullの必要があります。

残念ながら、ギアがたくさん(ピン1問題別名)シャーシグラウンドにバランス接続のアース線ではなく、信号グランドを結ぶの適切な慣行に従わないそこにまだある。通常、地上/シールド線をグランドまたはシャーシグランドを信号に接続されているかどうかを判断するための歯車の一部の概略を相談することができます。ギアが地面に通知するために、それを結ぶ場合は、ケーブルの一端に切断アース線を持っているデバイスに接続するときにカスタムケーブルを使用してに頼る必要があるかもしれません。これは何のギアの部分との間の接続のループを排除している。また、場合によっては、ギアの場合に、または1つを供給する歯車上の特定のシャーシアース線端末にねじを介してシャーシグランドに相互接続ケーブルのアース線を巻くためのオプションを有する。より複雑で時間がかかるが、それはハムやノイズを除去するための驚異を行うことができます。

Pic 7

カスタムケーブルは、最も望ましくないノイズを除去しようとしているオプションが、必要に役立ちますいずれかを検討すべきである。

オーディオグランドリフトボックスは、別の可能なsolutionand我々はオーディオグランドリフトと電源グランドリフトの間に明確な区別をしたいので、私はオーディオ強調している。後者は、今までにこの資料の前半で述べた理由のために使用すべきではありません。前述のカスタムケーブルがabovethey一端にオーディオアース線を切断などのオーディオグランドリフトは本質的に同じことを行う。

そのすべてについてバランス

youveはあなたの力に問題(正しく配線され接地回路)征服したらノイズやハムを回避するための絶対的な最善の方法は、いつでもどこでも可能なバランス接続を使用することです。バランスケーブルとの接続は、ノイズを除去するために設計されており、スタジオであなたの親友であるされています。お使いのオーディオ機器が接続をバランスしている場合、その価値は、余分なケーブル費用は、それらを使用する。

あなたのギアは、RCAまたはTS(チップ、スリーブ)1月4日のコネクタのみアンバランス接続がある場合は、その最高のは、それと平衡入力間のアイソレーショントランスを使用します。絶縁変圧器を使用すると、代わりに上記のカスタムケーブルアセンブリの別のオプションです。すべての場合において、バランスの端のピン1シャーシ·グランドに接続する必要があります。

ダイレクトボックスはnoisebetterものを排除する武器の中で別のツールでも、絶縁トランスが付属しており、ほぼすべてのオーディオグランドリフトスイッチが備わっています。あなたは、低インピーダンス、バランス入力(コンソールやオーディオインターフェイス上のマイク入力にギターやキーボードの出力を考える)に接続するために、高インピーダンス、ラインレベル、アンバランス出力の間にそれらを使用することができます。

あなたガッタKeepemを分離

RFI(無線周波数干渉)とEMI(電磁干渉)は、オーディオ·システムに誘導されるノイズの2他の形態である。 RFIはeverywherecordlessや携帯電話、ワイヤレスマイク、無線送信機、ガレージドアオープナーから来て、リストに載っている。 EMIノイズ源は、典型的には、電源装置、モニター、コンピュータ、家電製品などである。これらがダウンして追跡し、排除しますが、これらのヒントやテクニックを使って、最も困難ないくつかのことができ、それらを経験するあなたのチャンスが大幅に下がるだろう。

お互いに、オーディオケーブルと電源ケーブルを遠ざけること。彼らが交差する必要がある場合は、90度の角度で交差します。遠く離れた方が良い、それらを分離することができます。

どちらも、EMIの発生源であることができるように、配電ボックスおよび電源アダプターからのオーディオケーブルを遠ざけること。

お使いのオーディオ機器とは別の回路にアプライアンスを置く。あなたは、あなたの冷蔵庫のコンプレッサーがオンになり、あなたのモニタの中にハムを聞いたことがありますか?ザッツEMItheの冷蔵庫は、あなたのオーディオチェーンに漏洩する電力線でのスプリアス·ノイズを入れている。

コー​​ドレス電話の電源を切るか、thatsのことができない場合には、できるだけ遠くオーディオ機器からそれらを保つ。

お使いのオーディオ機器とは別の回路にそれらを置くstudioagain中の調光器は、非常に役立ちます。

そのようなあなたのオーディオシステムで、ローカルのラジオ局を聞くなど、他のRFIの問題は、はるかに困難と戦うためにある、この資料のすべての情報を、以下の時に、これを経験するチャンスが大幅に低下する。

EMI / RFIの問題に直面したとき、それは、典型的には、あなたのオーディオ機器と同じ回路上の電源ラインノイズ源を持っているし、離れてあなたのオーディオ·ラインから可能な限りデバイスやノイズ源を除去または再配置のどちらかしな​​いことを確認することに帰着し、ハードウェア。周りのものを移動してみて、ノイズが消えるかどうかを確認します。

あなたの盾を持ち出す

私は非常に頻繁に参照して一つの状況は、彼らのスタジオで、低品質のケーブルを使用している人である。これらだけでなく、ノイズの誘導になりやすいですが、また、あなたの信号品質を劣化させる可能性がある。アイブ氏は、長年にわたって取り組まいくつかのスタジオは、完全にノイズを排除し、大幅に単純にケーブルをアップグレードすることにより、オーディオ品質を改善している。

Pic 8

オーディオケーブルは、一般的に内部導体(S)、誘電体材料、シールドと外側ジャケットで構成されています。低および高品質のケーブルとの間の差は、各成分の品質まで来る。

一本、スパイラル、編組とホイル:ShieldThereは(最低から最高品質の)4つの標準シールドタイプです。一本のシールドは、単純にジャケットの下にケーブルに沿って走る電線の素線である。本遮蔽の問題は、それがEMI / RFI雑音源がシールドを貫通することができ、内部導体に直接誘導することがフルcoverageanyを与えないである。スパイラルシールドは良いですが、ケーブルの屈曲シールドのギャップが発生することがありますと、やはりノイズ源が隙間から侵入することができる。箔は報道の面で最高のを提供しながら、編組sheidingは、通常、適用範囲と柔軟性の面で最高のですが、ケーブルの継続的な屈曲をホイルで休憩またはギャップが発生することがありますので、その通常はケーブルがインストールされている状況で使用と移動したことがない。

DielectricThisは、2つの間の電気的導通を防止するシールドと内部導体との間の電気絶縁体として作用するシールドと内部導体との間の材料である。典型的な誘電体は、PVC(ポリ塩化ビニル)、PE(ポリエチレン)およびPTFE(ポリテトラフルオロエチレン、テフロン(登録商標)別名)から作られる。理想的な誘電体は完全導体でシールドを分離することになる。誘電体の違いはほとんど材料に降りてくるんではなく、その品質と一貫性。良質の誘電​​体材料は、全ケーブルを介して同じ厚さとすることで高品質のものとなります。低品質の誘電体は、一般的な欠陥、汚染物質やケーブルの長さに沿って、その電気的特性を変化させ、他の異常を持っている。

ConductorThe議論は、彼らが苦労して稼いだ現金からあなたを分離するために、次の思い付くあらゆる材料ギミック無酸素対対の銅対銀について激怒。現実はあなたが特定のポイントに得れば、違いはせいぜい最小限で、ということです。より高品質なケーブルは(一般的に28と22ゲージの間)厚い導体を使用し、いくつかの追加のノイズ除去のために2ツイストペア導体を使用します。

Pic 9

シールドケーブルは、おそらく最も重要な要因であるchoicesbraided

ノイズの除去で役割を果たすことができる最後の要因は、ケーブルやハードウェアコネクタの清掃です。時間が経つにつれて、これらは、前述の状況のいくつかに影響を与えている、追加の抵抗と容量を作成し、腐食及び酸化になることができます。 CAIG DeoxITのようなコンタクトクリーナーの使用は、電気伝導を改善する。コネクタは明るく光沢のあるまたは鈍いあなたcablesareをチェックしてください!聞きしたいの接点クリーナーをdullbust場合!

結論

この記事のすべてのセクションでは、単に彼らがカバーするものの技術的、状況的な側面の表面を傷しかし、うまくいけば、アイブ氏はあなたにハム、バズとノイズのないスタジオに正しい軌道に乗ってあなたを置くのに十分な情報を与えられた。

Keith Crusher founded RTFM Records in 1999 and is a 25-year veteran of the music and technology industries with an extensive background in music, video and web design. His many roles have included audio and FOH engineer, producer, photographer, video editor and graphic designer. His technical expertise assists countless companies, prod... Read More

Discussion

Bonzo
Great article Keith, thanks for the pointers. I was trying to record through my line 6 interface onto my laptop a few days ago and couldn't get rid of some high end crackle even though i had unplugged the laptop so it was running and battery and nothing was plugged into the mains (except for the speakers). Is it possible that noise can sneak through from the speakers somehow or is the culprit likely to something else? I live in an old building in Egypt and i don't think the electrics have been touched in 50 years, and we still have the two pin plugs.
Keith Crusher
Bonzo -

Crackle is typically caused by an intermittent connection somewhere in the chain - a bad cable, a loose connection and so on. I'd start by testing your cables one by one to see if you can find the culprit.

Another possible cause is related to buffer sizes and possibly other settings in your DAW. If your computer runs out of CPU power it can sometimes exhibit it as crackles, rather than stopping the DAW and posting an error.

There may be other factors at play - if you can give more details, I can try to help further. Let me know your computer model, the DAW and version you're using, your buffer settings, your signal chain, types of connections you're using - no detail is insignificant and better to provide too much info than not enough.

Cheers!
Bonzo
Hi Keith,

So i've tried out a few different cables and connectors but I have a limited set up so there wasn't really that much i could do. I've upload a sample of the sound for you to one of my Soundcloud accounts (my noise project of course). I only ever plug my guitar in to record, and the sound largely goes away when i'm touching my strings (but not completely). The audio file is of me lightly touching my strings and then removing my fingers a few times. I turned it up much louder than it actually is:

https://soundcloud.com/corruptedbyangels/noise-sample

I'm using a year old HP laptop with Windows 8.1 installed. It's 64 bit with 8GB of RAM. I plug into it a Line 6 UX2 soundcard, which i plug my guitar into. I'm using a (what i thought was) pretty pricey threaded shield which gives me no issues when i'm using it with my amp. I don't have a mixer and to connect to my speakers i use a 1/8 inch stereo jack. It's always seemed the flimsiest part of the chain to me but if i use a 1/4 inch guitar cable i can only hear through the left channel, and as it comes after the recording in the signal chain i assumed it couldn't be the culprit.

I use Ableton 9 as my DAW with the UX2's native driver, but i sometimes use ASIO4all and i don't really find any difference between the two. When i'm recording i always turn the buffer up as high as it can go and mute the channel so the latency doesn't throw me off.

One thing i have noticed is that when i switch my laptop off or it goes to sleep, i start to get a similar (but lower) hum / crackle from the speakers which only goes away if i unplug the 1/8 jack from the soundcard or switch the PC back on.

I'll briefly mention again that there are only two pin plugs here and the concept of earthing a connection is largely unknown. Many times in the past a stray appliance has caused noise for me and i sometimes wonder if it could be something belonging to one of my neighbours who are on the same circuit as me. However, as i get the same problem when i don't even have my laptop plugged in so there are nothing but the speakers plugged into the mains, i'm not so sure any more.

Thanks a lot for having a think about this! :)
Keith Crusher
Bonzo -

Quick question - do any of your devices anywhere in the recording chain have 3 a 3 pin power plug or are you using any 3 pin to 2 pin power adapters (like the one in the 'Please...just don't' image)?
Bonzo
These are the beauties we use here: http://i.stack.imgur.com/1ThlH.jpg
Hence my near certainty that the lack of grounding was my problem :)
Bonzo
After pulling my hair out trying to fix this, I was convinced I was overlooking something basic, and I finally found the culprit to the problem, so I'm writing back quick before I waste any more of your time! :)

Please feel free to use this as an example of why not to overlook the simple reasons because you feel that you are slightly more experienced than to fall for something like a loose connection.

When holding my shields firmly in place in the soundcard input, i noticed that the sound had gone. It was then that i realised that when i let the cable go, the weight of the cable itself was pushing downwards on the connector in the socket and that caused the interference to enter the chain. The shield is pretty long and sturdy and it does weigh a bit. I'm not sure if this is flaw in the soundcard or something gave way in there but it definitely wasn't anywhere close to the building electrics like i suspected in the beginning.

To be honest, if it wasn't for this article making me rethink things, i probably would have just suffered for a while longer while using loads of filters and noise gates to temporarily abate the problem. I will definitely refer back to this article from time to time as my home studio gets incrementally bigger. Thanks again Keith!

John
I have build an battery power bank to power my Roland Mobile-AC and Line 6 Pocket Pod combination. So I'd like to run them both with the same battery source to avoid the hassle with battery swapping and for longer runtime. Unfortunately the Pocket Pod has a significant noise issue from both outputs while having it connected to the same power source as the Mobile-AC. I checked it with my headphones. The issue isn't there when I either drive the Pocket Pod or the Mobile-AC from a different battery power source or the internal batteries. So my question is, why is it so and is there anything I can do against it other than just not use the same battery source.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!