塩基配列パターンにエネルギーとペースを追加する方法

When producing sequenced patterns for any style of music, one of the main challenges is introducing perceived pace and energy to your work. Luckily there are a few simple tricks we can use here...  


音楽のあらゆるスタイルのための塩基配列パターンを生成するときに、主な課題の一つは、あなたの仕事と認識ペースとエネルギーを導入しています。幸いにも今を見て、いくつかそのうち、ここで使用できるいくつかの単純なトリックは、あります。

を使うことができますロジックCubaseのPro Toolsのライブまたはお好みのDAWを!

ステップ1 -追加アクセントと転置ノート

あなたのシーケンスにエネルギーを追加する最も簡単な方法の一つは、余分なノートを注入することです。これは単純に聞こえるかもしれませんが、そのあなたが混乱混乱で終わるいけないように正しく行わ確認する必要があります!

The original un-altered pattern in Logic

ロジックで、オリジナルの非パターン変化


非パターン変化が再生されます。

[オーディオのid ="6177"]


あなたのパターンがオフのビートに合わせて、関連の隙間では非常に短いメモを追加ロングとショートノートの組み合わせから構成されている場合は本当にあなたの新しいシーケンスを与え、感触をジャッキ、驚異を働かせることができる。

別のトリックはこれらのギャップの上または下のオクターブノートを追加することができます。これは、フレーズの最後に非常にうまく機能するとこのようなわずかな追加が完全にシーケンスを変換することができます傾向がある。以下の例では、非常によくこれを実証する必要があります。


The extra notes are added in Logic

余分なノートがロジックに追加されます


余分な音符のパターン:

[オーディオのid ="6179"]

ステップ2 -レイヤーとダブリング

別の速いエネルギーの建築技術は、階層化したり、シーケンスを倍増です。新しいトラックにMIDIシーケンスをコピーして別のサウンドを追加することによって、あなたは本当に物事をよりエキサイティングにすることができます。

私はそのモーションベースのパッチを見つけるか、または配列決定をここに非常によく、オリジナルのMIDI作品を使用して再生音。彼らはミックスに彼らは非常に低い場合でも、あなたはそれがあなたの順序は異なる感じを与えることに気付くはず。

A second synth is added and layered with the original.

第二シンセが追加され、オリジナルで階層化されています。


分離の新しいシンセ音:

[オーディオのid ="6180"]


また、オリジナルの部分をコピーしたり、オーディオとして書き出す試すことができます、これはその後、第十六または8番目のように、あなたのパターンの繰り返し、千鳥バージョンを持っていることにより、プッシュすることができます。再び、比較的静かにこれを混ぜると、あなたが探しているペースを追加することができます。


twoシンセが混合されています:

[オーディオのid ="6184"]


ステップ3 - ディレイエフェクトの使い方

最後のステップでは、使用する部品に複数のノート、したがって、知覚されるペースを追加するには、重複したシーケンスのコピーを見ました。これが機能するのに最適な方法ですが、代わりにステレオディレイラインを追加しようとするとよいでしょう。

これは、クロスリズムを作成し、シーケンスに複数のメモを追加するはるかに高速な方法です。ディレイプラグインを使用すると、手動の複製方法として多くのコントロールとしてあなたを与えるdoesntのこと見つけるかもしれないと言って。あなたのために最良の動作する​​かを調べるための手法の両方を試してみてください。

Extra effects are added

余分な効果が追加されます


最後の混在パターンは、シンプルなドラムパターンと混合される。

[オーディオのid ="6182"]

Mo has been a professional in the music industry for around 15 years. He has released material with the world's leading record labels and also produces music for TV and Film. Mo is also a prolific writer and is a regular contributor to magazines such as Music Tech, Future Music and EQ magazine. There isn't a piece of music software tha... Read More

Discussion

Pablo TNTi
Really nice result!
Christian L
Pretty cool... would love to hear a whole song based on that pattern.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!