Cubaseの中でMIDIパートの生成

Not as proficient with the keyboard as you'd like to be? Or perhaps just looking for compositional inspiration? Cubase has the cure with its MIDI generative tools. Hollin Jones jumps right in.  

Cubaseのは優秀なMIDIシーケンサーですが、熟練したプレーヤーがいないyoureの場合でも、あなたはまだMIDI生成ツールはその偉大な内蔵に音楽のおかげで作ることができます。単にバーチャル·インストゥルメントにそれらをフックアップし、離れてあなたが行く。

ビートデザイナーを挿入

プロジェクトを作成し、テンポを設定します。今、バーチャル·インストゥルメントをロードする:ここで私はドラムパッチがロードされた緑豊かな-101シンセを使用しています。トラックインスペクタパネルで、ビートデザイナーのインスタンスをロードすることを選択、スロットにクリックしてMIDIを挿入]タブに移動し、。

Pic 1


あなたのビートを設計

確認は、好ましくは、オンループで、プロジェクトを再生してyoureのこと、ビートを作成するためにグリッドの四角形をクリックします。その後、新しいものを選択、利用できるノートのメニューを明らかにするために、その名前をクリックすることで任意のMIDIノートを再生するステップ·シーケンサーのチャネルのいずれかを再割り当てすることができます。ドラムヒットはMIDIキーにマップされているので、簡単にマッピングをカスタマイズすることができます。あなたは旋律パターンをプログラミングしている場合、ノートは従来のノートに対応しています。

Pic 2


プロジェクトにあなたのビートを挿入

インスピレーションを得るため立ち往生youreの場合、ビートデザイナーの左上にメニューをクリックして周りにパターンをシフトか、それを反転させます。また、スライダーを使用してグリッド·チャネルのいずれかにスライドを追加することによってヒト化を作成することができる。シーケンサートラックの実際のデータにパターンを変換するには、[挿入]オプションのいずれかを選択します。あなたは、ビートやベースラインをノックし、プロジェクトにそれを取得するための簡単​​な方法であるパターンが、現在のループを埋めるために、たとえばすることができます。

Pic 3


ステップデザイナー

は、手順デザイナを使用して、より正確に同じようなことを行うことができます。これは前のステップと同様に挿入することができますが、より良い旋律のシーケンスに適しており、速度のようなCCのをサポートしています。パターンを生成するために、そのグリッドにいくつかのノートのシンセや絵を追加してみてください。

Pic 4


サイコロを転がし

インスピレーションを得るためには、もう一度ランダムボタンを試すことができ、また、ウィンドウのベースにCCエリアにいくつかの曲線で描く。各機器は、これに応答が異なる、そしてあなたは、ウィンドウの底にあるコントロールを使用してプリセットの間でコピー&ペーストパターンインチの値をペイントすることで簡単に速度やフィルターのカットオフのようなものを制御することができます。

Pic 5


分散和音にする

シーケンサートラックのクリップの内側MIDIデータを使用すると、簡単に興味深く、複雑な方法で開催された音符を繰り返すためのさまざまなオプションがあり、どちらも、MIDI [挿入]メニューに移動しArpache 5またはArpache SXのインスタンスを追加することで、アルペジオを適用することができます。

Pic 6


MIDIデータを処理

あなたが何かを演じてきたが、そのはなく、かなりの時間または別の方法では、変更が必要な場合は、もちろんそれを量子化することができます。また、MIDIメニューに移動し、それに一定のルールを適用することにより、MIDIデータを処理するために使用することができますそこに様々な機能から選択その後クリップを選択することができます。これは、最初の場所でMIDIを生成するように全く同じではありませんが、それはあなたが創造的にそれで動作させません。

Pic 7


Hollin Jones was classically trained as a piano player but found the lure of blues and jazz too much to resist. Graduating from bands to composition then production, he relishes the chance to play anything with keys. A sometime lecturer in videographics, music production and photography post production, Hollin has been a freelance w... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!