Omnisphere 2とシンセパッチの作成を探ります

Omnisphere 2 is like universe of sound design and creation in a plug-in. But rather than simply going by the presets, Lynda Arnold is here to help you begin to program your own patches from scratch.  

SpectrasonicsのOmnisphereは、市場で最も強力で、最高のサウンドソフトウェアシンセサイザーの一つとして知られています。それはちょうど、その音質とデザインのための新しいユーザーやファンを集め、その広範な2.0アップデートでオーディオ制作成層圏に別の後押しを受けています。それ

Watch these Omnisphere 2 video tutorials to become an Omnisphere Jedi. 

それによると、この記事の目的は、Omnisphereのインターフェイスを使用するために強力かつ簡単に使用してカスタムシンセ・パッチの作成の基本を探ることです。だけでなく、インターフェイスデザイン、直感的なだけでなく、何の複雑さであります

この記事では、私はシンセのパッチをプログラムし、非常に迅速にユニークで刺激的な音を見つけるために、開始する方法の概要を説明します。私

In the Beginning: The Default Patch 

Figure 1 – The Default Patch – SawSquare Fat.

図1

Figure 2 – Waveform Selection Menu.

図2

あなたのDAWにOmnisphereをロードすると、デフォルトのパッチががロードされています

More Fun in the Oscillator Section

Figure 3 – Unison window in Omnisphere.

図3

拡大発振部では、FM(周波数変調)、リングモジュレーション、波形整形などの追加の合成を追加し、ユニゾン、ハルモニアと粒状のどちらかを選択するオプションがあります。彼ら私はかなりしばらくの間、この地域に滞在示唆し、各セクション内の選択肢を模索でしょうので、あなたの出発波形に応じたさまざまな方法で、音のすべての変更。私の単純な三角波のために、私は音を少し太らせるためにユニゾンセクションを使用することにしました。ユニゾン機能は、彼らが大きな音を作成するために、元の波形と層のわずかにデチューンコピーを作成します。スプレッドスライダが美しく、ステレオフィールドを広げます。

シンセ設計例1

Playing with Modulation 

Figure 4 – Quickly access Modulation drop down menu by right clicking on any parameter.

図4

バックセクションの概要では、私が音にもっとキャラクターを持ってオシレーターセクションの形状、対称性とハードシンクのスライダーで遊ぶことにしました。私はまた少し異なる、遅い速度で動作する異なるのLFOを介してこれらの各パラメータを調節することで実験。私はすぐに私は文字を進化させると興味パッドサウンドを作成するために始めていたことを発見しました。この時点で、私も自分のアンプエンベロープセクションに行き、和音間を変更する時には、両端に滑らかであったように、アタックとリリースを調整しました。

シンセ設計例2

Figure 5 – Modulation Matrix Window in Omnisphere.

図5

変調部マトリックスウィンドウが異なるソースとターゲットを試すには絶好の場所です。オシレーターセクションのものはのLFO、エンベロープで変調し、モジュレーションホイールなどのコントローラーに割り当てることができます。私は、他のソフトウェアシンセに比べて、特にこのModのセクションをナビゲートし、より快適に感じた私

Save and Tag your Custom Patch 

シンセパッチの作成で最も重要なステップの一つは、あなたのハードワークと時間のすべてを失うしないように、あなたの新しいサウンドを保存してタグ付けすることです。あなたは、ネーミングと異なる音楽的目的のためにタグ付け、保存を保証あな​​たの合成プロセス中にパッチのいくつかの異なるバリエーションを見つけることができます。最初のステップはであなたのサウンドを保存することです

Figure 6 – Creating Tags for Custom Patches in Omnisphere.

図6

Fun with Effects and Arpeggiation 

一つのパッドの音が完了すると、私は別の使用可能なサウンドを設計するための出発点としてそれを使用していました。私がいなかったの

シンセ設計例3

Figure 7 – Arpeggitor.

図7

Figure 8  – FX Section Rack with Innerspace, Envelope Filter and Stereo Imager.

図8

A World of Possibilities… Guided by You!

シンセ・プログラミングの世界に関係なく、経験のすべてのプロデューサーやミュージシャンに開放されています。特定のソフトウェアシンセは、誰もがすぐにユニークなサウンドを作成するために始めることができるようにアクセス可能になってきています。私は私の旅に発見されたように、私のカスタムパッチが単純な三角波を開始し、そんなに多くの様々なパラメータにちょうどいくつかの調整となります。あなたはOmnisphereを使用するかどうか

Watch these Omnisphere 2 video tutorials to become an Omnisphere Jedi. 

Lynda Arnold is a singer/songwriter, multi-instrumentalist (voice, flute, piano, and guitar), and electronic musician/sound artist who has been producing, performing, and developing her own sound for over 12 years as ‘Divasonic;’ an ethereal, song driven electronic music project with multiple album and single releases on labels EMI... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!