PreSonus社Studio Oneの3の拡張FXチェーンを探ります

The new Extended FX Chains feature in PreSonus Studio One 3 allows you to route audio effects in serial, in parallel, by channel, or by frequency bands... and it's intuitive to use once you know how.  

Studio Oneのバージョン3は、新しい拡張FXチェーン機能が含まれています。これは、あなたのオーディオエフェクトを拡張するための優れたツールです。させます

Adding an Extended FX Chain 

それでは、どのように拡張されたチェーンを設定するのですか?最初のトラックを作成します。私

(01 Channel Editor button.png)

デフォルトでは、マクロウィンドウが開きます。ルーティングウィンドウにこれを切り替えます。

(02 Routing Window.png)

このウィンドウには、チャンネルストリップ上のプラグインのルーティングが表示されます。効果を追加するには、[挿入]メニューをクリックし、エフェクトを選択します。私

(03 Adding Effects.png)

あなたはコーラスの後に別の効果が含まれている場合、それ

だから、

Using the Splitter

今すぐましょう

(04 Add Splitter.png)

君は

(05 Add Chorus.png)

では、あなた

Using the Channel Mode

あなたはモードのチャンネルに切り替えると、それ

(06 Channel Mode.png)

それとも、シンセラインを持って、あなたは右のディレイ効果に異なる遅延時間で左のディレイ効果を載せていきたいと思います。

Using the Frequency Mode

私が本当に好きな周波数モードです。このモードを使用すると、異なる周波数帯域にアップ効果・チェーンを分割することができます。だから、文字通り、このウィンドウのスプリッタを使用して独自のマルチバンド効果を構築することができます。させます

(07 Frequency Mode.png)

Building a Multiband Effect

マルチバンド拡張効果については、I

そして、分割のオプションがあります上部に、私たちの4バンドのマルチバンド効果のために必要な4分割を作成し、ここに4を入力します。

(08 Splits.png)

だから、最初のI

各歪みユニットの後、I

そして、オーバー周波数モードの下で左の、あなたは、各バンドのクロスオーバーを選択することができます。

(09 Multiband Effect.png)

各エフェクトの設定を微調整いくつかの時間を費やします。あなたが見ることができるように、これは、このようなマルチバンドディストーション効果などの複雑な効果を構築するための素晴らしい方法です。ギター、シンセサイザー、さらにはボーカルに大きなこの作品のようなもの。あなたがチェーンでエフェクトを変更したい場合、あなたは、単にクリックしてドラッグし、別のバンドに、あるいはスプリッタの後に効果を移動することができます。ヘック、あなたも最初のセグメントの後に別のスプリッタを追加し、このスプリッタで異なるモードを使用することができます。オプションは無限大です。

(10 Extra Splitter.png)

Saving Your Extended Effect Chain

拡張されたFXチェーンを持つトラックのインスペクターに移動​​します。看板の隣に下向きの矢印を挿入セクションをクリックしたときに。これは、ドロップダウンメニューが表示されます。ここからストアFXチェーンを選択します。

(11 Store FX Chain.png)

ここでは、名前、説明、およびサブフォルダを与えることができます。

(12 Store Preset.png)

今、あなたは新しいトラックを追加した場合、インスペクタに移動し、挿入部に下向き矢印、あなたは我々だけで保存したプリセットの名前を選択することができます。

(13 Load Preset.png)

君は

だから、拡張FXチェーンのコレクションを構築し、あなたの未来の歌やプロジェクトでこれらを使用することができます。

Conclusion

それ

Gary Hiebner is an enthusiastic South African Sound Designer and Apple Tech Head! Gary has been involved in the South African music industry for the decade, and in this time has also been involved in the sound design and music production for many advertising agencies and media houses. Gary is a devoted Logic and Ableton user, but he al... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!