ニューヨークのシンセナイトシリーズの特徴に電子パイオニアモートンSubotnik

If you’re a fan of noise-based electronic music and love experimental live performance then you probably know of Morton Subotnik. If you haven’t been introduced to his pioneering work here's a treat.  

2015年3月4日にベルリンベースのビジュアルアーティスト、ニューヨーク市の台所でLillievanと共同でV:Subotnikは雲のない硫黄のスカイに月のシルバーリンゴからの彼の新しいマルチメディア作品を実行します。

彼の新しい作品は、バーチャルインストゥルメントを作成するために近年の電子パッチや技術と組み合わせる彼のアナログ録音から音楽のリソースを使用することClassicalite報告書では、Lillevanながら、同様に、古いものと新しいもの、彼の視覚的なリソースと本能的に実行します。

さて、もちろん、我々はあなたが読んでの数が少ない(私を含む)、ニューヨークに常駐しないことを理解しています。したがって、このニュース記事は私たちに後ろに座ると、偶然IS Buchlaシンセを提供しています代わりに1967年から月のシルバーリンゴのモートンSubotniks性能を聞くためにすべての素晴らしい口実を提供しています。

出典: Classicalite

Rounik is the Executive Editor for Ask.Audio & macProVideo. He's built a crack team of professional musicians and writers to create one of the most visited online resources for news, review, tutorials and interviews for modern musician and producer. As an Apple Certified Trainer for Logic Pro Rounik has taught teachers, professional... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!