Abletonのライブ9における効果的な反りのヒント

If you've used Ableton Live 9's Warp features and don't rate it highly, you might be doing something wrong! Noah Pred shows how to warp audio effectively and error-free in this essential tutorial.  

すべては、たまに、私は誰かが他のDAWsdespite、数多くのテストがAbletonのサミングエンジンは、他の最上位のDAWと同一の出力を提供することが証明されたとのAbleton Liveは同じように良い音しないという考えを守る聞く。しかし、それはライブで生産多くのトラックは、実際には他のDAWから出てくるかもしれないものとしてほど良い音はありませんが、これは、プログラムのサミングエンジンとは何の関係もない事実です:それを信じるかどうか、それは100%のユーザー·エラーです。

どのように?あなたがライブでオーディオを使用している場合、チャンスはあなたがそうでないITIF、それがプロジェクトのテンポに合わせて再生されません反りしています。問題は、何らかの理由で、多くのライブのユーザーが異なる反りモード周りの頭を包んおらず、ときに1を使用すること、である。このチュートリアルでは、道に沿っていくつかの便利なサウンドデザインのトリックを披露してくださいproductionsandの忠実度を最適化することを目的としたLiveの基本的なオーディオ機能の過少認め端面にいくつかの光を当てることを目的としている。

ワープドライブ

それはあなたのセット内の他のクリップに合わせて再生されるように反りが音程で、クリップのオーディオを解析して、ピークの影響、またはトランジェントを揃え、それらの独自のタイム·ストレッチングシステムに対するAbletonのキャッチーな名前であり、グローバルに同期さテンポ。反りが特定のクリップに対して無効になっている場合、それは特にリズミカルな要素のために、あなたのproductionusuallyの残りの部分ではない良い計画のタイミングのための完全に無視して、元のテンポで再生されます。ほとんどの場合、反りは、より短いループに、特に、自動的に従事している。全ての場合において、それは非破壊だ:元のオーディオファイルが変更されないままである。

Drum Break – a perfect opportunity for Beats Mode. The Warp On/Off toggle, Warp mode selection menu, and Warp settings are located in the Sample editing area to the left of the Clip detail waveform.

ドラムBreakaビートモードのための絶好の機会。ワープのオン/オフ切り替え、ワープモード選択メニュー、およびワープの設定はクリップディテール波形の左にあるサンプル編集エリアに位置しています。

ビート、トーン、テクスチャ、再ピッチ、コンプレックス、コンプレックスプロ:6ワープライブ中のモードが現在ありません。これは環境設定パネルの録音/ワープ/起動]タブで変更できますが、デフォルトでクリップは、ビートモードでワープされます。コンプレックスとProモードの出現により、多くのユーザーは、これらは軒並み、一般的に使用するための最良の形態であったと仮定したが、それは実際にはそうではない。これらのモードは、最小、時間との密な高調波とリズミカルなコンテンツを備えています曲をワープするように設計されていアーティファクトを伸ばしたが、その文脈の外で使用した場合に奇妙な結果を提供することができる。

詩ビート

ビート·モードは、ご想像よりも柔軟である。どんな強力なリズミカルtransientsdrumビートとオーディオ、パーカッション、および過渡やリズミカルな間隔を検出し、その後、いくつかの異なる方法で過渡間でオーディオを扱う保全を中心に基づいて最も電子音楽tracksitのために最適化されています。

基本的なドラムループを取り、ビートモードでそれをワープ。ワープボタンの下には、元のオーディオファイルの検出されたBPMを示す表示、セグメントBPMは、あります。この検出されたBPMは、プロジェクトのBPMよりも有意に高い場合、あなたは非常に自然な音はありませんデジタルアーティファクトが発生する場合があります。

ワープモードを理解するためにこれらの成果を強調するためには、ワンセグ、下記* 2のボタンをクリックすることができます。 BPM表示;これは、各過渡二回まで伸ばしてクリップは、ハーフタイムで再生されます。つまり、検出されたBPMを倍増。ただワンセグをカットすることの左側に2ボタン:後で元のBPMに戻したい場合は、クリックするだけ。半分にBPMと通常の再生速度に戻す。 、さらにこれらのアーティファクトを強調トランスポーズを移動するには、この時点semitonesat 12ダイヤルアップドラム·クリップは、少なくとも少し奇妙に聞こえるはずです。

現在、ドラムループはデフォルトのモードで再生している:(ちょうどワープモード]ドロップダウンメニューの下にあります)保存ドロップダウンメニューから選択可能な保存トランジェントは、各過渡状態で戦場になるまで連続ループで後方その後、前方にループマーカーは、次のトランジェントに達する。互換性のBPMで、これはスムーズな再生をもたらしていますが、かなり遠くに元のBPMから何かをワープしているときには、明白なデジタルストレッチアーチファクトを回避するために、一過性の保全の設定を調整したいと思う。

単に保存の選択]ドロップダウンメニューの左側下のメニュー内の他の過渡のループmodeshownは、2つの右向きの矢印で表現され、何度も一過性の前進を果たしている、との間における後方再生せずに、わずかに少なく、結果さスムーズな持続音。

しかし、最終モードは、シングル右向きにより元のテンポは程遠いループをワーピングする際に最も有用をarrowis offdesignatedルーピング上記の手順を行ってきた場合は、ここであなたのドラムのショットを再生トランジェントがフルストップを行くようにし、それらの間のスタッター少しで終わる聞こえます。私たちの過渡再生モードセレクターの右側には、その中の数百に気づいたかもしれませんオレンジ色のボックスです。この値は、それらの間のクリーンなスペースを残して、私たちはそのボックスをクリックして、値を減らすためにダウンしてドラッグすると、私たちのトランジェントがよりスムーズにフェードアウト。つまり、私たちは私たちのトランジェントに課すことができ、減衰エンベロープのスロープを指す。 0までの値をもたらす、私たちは、ミニマリスト、骨格ドラムループを生成するために、創造的に使用することができるtransientwhichそれぞれの非常に最初のクリック-Yの発症を聞く。味を調整して、あなたはそのままデフォルトのビートモードの設定を残して達成できるよりもあなたは非常にクリーン鳴らすドラム·ループがあるでしょう。

LISTEN:ドラムループデフォルト設定で1オクターブアップ転置1slowedダウンハ ​​ーフタイムドラムループ;デジタルノイズの多い響き。

[オーディオのid = "29329"]

LISTEN:ドラム·ループ、調整過渡再生の設定を1オクターブアップ転置2slowedダウンハ ​​ーフタイムドラムループ;クリーンでナチュラルなサウンド。

[オーディオのid = "29332"]

Drum Loop slowed-down, at half-time, with adjusted transient playback settings.

ドラムループは、調整された一過性の再生の設定で、ハーフタイムに、ダウンを遅らせた。

PRO-TIP:むしろトランジェントを維持よりも、保存ドロップダウンメニューからこのような16分や8分音符などの異なるリズムの間隔を選択してみてください。家やテクノループのキックドラムを分離するために、その後、4分音符の保全とプレイワンスモードを選択し、必要に応じて一過性のエンベロープディケイを調整します。

調性

そのような名前になベースライン、キーボード、ボーカルほんの一例としての明確なピッチ構造を持つ楽音の場合、トーンモードは、通常のチケットです。強力なリズムに重点が少ないとの持続的な旋律や高調波のメモをフィーチャーしたものはトーンモードのための主要な候補である。このモードでは、小さな粒子にオーディオをスライスし、必要に応じて使用すると、オーディオのオリジナルのテンポからストレッチしているか、どのくらい高いあなたは、元の音程から移調しているどのくらい遅い応じてそれらを再配布する基本的な粒状のタイムストレッチアルゴリズムを使用します。

粒サイズ:トーンモードでのみつのコントロールがあります。あなたは、単にそれが正しい鳴るまで、これを調整するとよいでしょう。あなたもあなたのクリップの下の、プロジェクトのテンポを持参し、結晶粒度ダイヤルをスイングする場合は、小さい(短い)と大きい(長い)結晶粒度との間に明確な音の違いを聞く必要があります。

Bassline with Tones mode engaged.

従事トーンモードでベースライン。

テクスチャーインフレクション

次のモードは、リズム構造、さらには識別可能なピッチ輪郭の形で少し粒状タイムストレッチトーンモードで、雰囲気のために有用、ドローン、パッド、ノイズや他の音を拡張したものです。

テクスチャは、最小値と最大値で互いに重なり合うオーディオの音のスライスでのノイズの多い結果と、これまでより広い範囲に粒度パラメータを拡張します。このモードでは、断片は、ここでの値の分だけ再生される順番をランダム化フラックスの設定が付属しています。

より大きな粒子サイズと極端なフラックス設定では、非常にダイナミックな大気の音は、オーディオのオリジナルのテンポよりも遅い伸びたり* 2ボタンでハーフタイムで再生するときeasilyparticularly生成され、元のピッチの上に転置する際さらに強調することができます。

PRO-TIP:クリップの再生を逆転し、テクスチャモードの使用中でもスムーズな雰囲気を作成するために改訂]ボタンをクリックします。

LISTEN:風チャイム1Windチャイムは元の速度で再生。

[オーディオのid = "29331"]

LISTEN:風チャイム2Windチャイムは、大粒径と全フラックス値は、オクターブを移調さ、ハーフタイムで再生。

[オーディオのid = "29333"]

Wind Chimes stretched and warped in texture mode.

風チャイムが延伸され、テクスチャモードに反っ。

再ピッチ

むしろタイムストレッチオーディオよりも、再ピッチは、はるかにターンテーブル上のように、ピッチ値を調整することにより、グローバルなテンポにトランジェントを揃えます。あなたは高調波成分は、DJ、たとえば、あなたのprojectasの残りの部分とキーであるかどうかを気にしないsetbutこれを行うと、あなたは最高の他のワーピングモードのいずれかを使用して提供している場合、これは問題ありません。

しかし、ドラムやパーカッション、はるかに高調波成分を含有する傾向がなく、多くの場合、最小限の影響で再ピッチを使用してワープすることができます。実際には、これが最も古い学校のサンプラー、ループタイミングを調整する方法であり、それはジャングルとドラムンベースのループがとてもアップ音域傾向にある主な理由です。

再ピッチモードでドラムループを入れ、よくオリジナルのBPMの下にグローバルテンポを持参し、あなたはそれが怠惰な、ローピング品質を採択聞く。よくオリジナルのBPMを超えるテンポを持参し、ドラム·サウンドが設定投げ始めるようにあなたがタイト、tinnier音に気付くでしょう。このモードを試して、それが自分に最適な場所を見つける。

LISTEN:ドラムループ3は途中まで投げた。

[オーディオのid = "29328"]

LISTEN:ドラムループ4同じループは、ずっと下投げ。

[オーディオのid = "29330"]

これは、複雑な(しません)です

強力なリズミカルなトランジェントとクリアピッチ輪郭と周囲があいまいなピッチ構造に聞こえるが、一緒に積層され、すべての:複雑かつ複雑なプロモードは、主に上記のすべての特性の組み合わせを含む、完全な歌のために設計されCPU負荷の高いアルゴリズムを使用する。あなたがDJをやPodcastで作業している場合を除き、典型的なスタジオで、複雑なモードが構成部品への影響を識別し、場所を決定するために、特にテンポの範囲で、それらを試して自由に感じるcontextbutのためにはほとんど必要はありませ彼らはサウンドデザインのために便利になるかもしれません。

PRO-TIP:それはダウンしてバウンスする時間が来るとき、あなたの構成ですべてのオーディオクリップが最高品質のピッチ補間に従事HIQボタンがあることを確認してください。

最大ワープ

反りは、ライブのコンテキスト依存の機能です:あなたは、あなたのプロジェクトのうち最高の音質を圧迫するために、あなたが作業している材料と使用可能なワープモードを理解する必要があります。あなたがわからない場合も、道に沿っていくつかの予期しない考えをスパークありますのでbestdoingを鳴らすかを確認するために、いくつかの異なるワープの設定を試してみてください。あなたのワープモードの使用量をホーニングすると、道に沿ってあなたのサウンドデザインパレットを拡大しながら、あなたの作品のオーディオ忠実度を向上させる確実な方法です。

ワープモードとLiveのクリップの他の秘密についての詳細は、macProVideoにノアのコースを見て確認してください。 ライブのDNA !

Noah Pred is a Canadian record producer, sound designer, technologist, DJ, and Ableton Certified Trainer living in Berlin, Germany. Releasing dozens of records and touring extensively since the '90s, he currently teaches a wide variety of techniques for stage and studio at the BIMM Institute. For more information, please visit: http://... Read More

Discussion

FD
Great article. Do you recommend Complex for disco re-edits?

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!