Pro Toolsのダブステップ·ウォブルのベース

With a few simple tricks and a copy of Pro Tools 10 almost any sound can be created. Mike Watkinson shows how'"using Vacuum & Structure Free'"you can produce a wobble Dubstep bass.  

ダブステップの定義音の一つは、ウォブル·ベースです。大規模なリッチなミッドレンジとの完全な脂肪シンセはドラムでカウンターリズムを作成しますので、深い変調で、センターステージを受け取ります。だから、あなたは、Pro Tools内の1つを行うことができますか?同社の無料プラグインのいずれかの?もちろんできます


ステップ1 - 真空

真空は、Pro Tools 10の標準インストールに付属している楽器の一つであり、単にプリセットを選択することによって、いくつかの非常に素晴らしい音を作る2オシレータ、サブトラクティブ、アナログスタイルのシンセです。しかしこの場合、我々は工場出荷時のデフォルトのプリセットを選択することにより、デフォルトまたはゼロにすべてのパラメータを設定する必要がありますので、最初からそれを調整しようとしている。

Choosing the factory default preset

工場出荷時のデフォルトのプリセットを選択する


あなたに戻る次のページは、オシレータ2(VTO 2本)からいくつかのバジー鋸歯状波と発振器1からのいくつかの純粋なトーンの三角形の波形(VTO One)を組み合わせる必要があります。でも、16または32にVTO Oneをピッチングすると、2つの波形のバランスをとるためにミキサーセクションを使用して大きなこれからサブちゃんの音を、与える。音が形をとり、任意のシンセのパッチと同様に、あなたは間違いなく、この節の後半に復帰されます。また、音が既にあなたのために十分なバジーでない場合は、よりファットを追加するには、ミキサーセクションのドライブとRingModコントロールを使用します。

Oscillator settings

発振器の設定

Mixer settings

ミキサーの設定


今ローパスフィルタ(LPF VT)へ向かうと小さな切断の量と共鳴にダイヤルします。再度音がウォブリング開始されると、後でこのセクションに戻ります可能性があります。


ステップ2 - ウォブル

ぐらつきのために、モジュレーション·セクションに移動し、その宛先としてソースとしてLFO(2つのソースコントロールの下のthats)とLPFを選択します。また、効果を聞くために深さ制御を有効にする必要があります。

Settings in the Modulation section (lower row of controls)

モジュレーション·セクションの設定(コントロールの下の行)


LFOの速度は、掃除機のキーボードの左にレート制御によって設定されます。 4 Hzの周りにそれをどこかに設定すると良い出発点となります。

Setting LFO speed

LFOの速度を設定する


今音がVT LPF部に戻り、 土 (彩度)とスロープを調整しますウォブリングと同様に、カットオフやレゾナンスを調整をしていること。土·コントロール肥育でそのカットオフ周波数掃引の上限ピーク時のフィルタの効果は特に有効である。

Example filter settings

例のフィルタ設定


また、トレモロを追加することにより、脈動効果を高めることができます。これを行うには、LFOセクションに戻り、その効果にダイヤルするモジュレーション·ホイールを移動しトレモロにDEST(デスティネーション)コントロールを設定します。

Save your patch!

パッチを保存します!


ステップ3 - Wobbleの速度

異なる速度で異なるノートのぐらつきは、最初の真空が挿入されているトラックにあなたのベースラインを記録してベース·パートを作成することができます。その後、次の手順に従ってください。

( トラックを複製する

  1. For each instance of Vacuum set the LFO speed to a different rate
  2. In the Edit window, set all tracks to Notes view 
  3. Select the notes that you want to cut to another track  by using the marquee grabber (see image) and pressing Command-X
  4. Select the destination track by clicking its nameplate
  5. Paste the notes on the clipboard by pressing Command-V

あなたはノートがどのウォブルの速度で再生を選択できますこの方法を使用して...

Duplicated tracks in Notes View allows the cutting and pasting of notes from one to the other

Notesのビューで重複トラック一方から他方へのメモからカット&ペーストできます。


ステップ4 - フリー構造への記録

何が上で作成した音を使用しているときに気付くことがありますと、LFOの周期は、MIDIキーを押したときの依存しないことです。これが意味することはあなたが望むかもしれないとして、時々ノートがLFOの周期の開始時に起動しない可能性があることです。この現象が発生する、またあなたのウォブルの速度を制御する別の方法を提供するためには、サンプルがサンプラープラグイン·インストゥルメント付属されている構造体無料で使用するように真空の出力を記録する必要がありますPro Toolsの基本的なインストールである。

オーディオトラックに真空で演奏長く開催されたメモを記録します。次に、

Choose ‘new track...’ to quickly connect the output of the Vacuum track to an audio track

新しいトラックを選択...すぐにオーディオトラックに真空トラックの出力を接続する


記録されたクリップを編集して、

Trim the front of the clip to the beginning of an LFO cycle

LFOの周期の先頭にクリップの前面をトリミングする


ステップ5 - フリー構造にクリップをドラッグします

新しいインストゥルメント·トラックにフリー構造体のインスタンスを挿入します。その上で右クリックし、 パッチを削除を選択することにより、デフォルトパッチ(正弦波)を取り外します。次に、新しいパッチが作成されるフリー構造内の空のパッチリスト上のPro Toolsの編集ウィンドウから編集クリップをドラッグします。

Drag a recorded clip of your wobble bass sound to Structure to create a new patch

新しいパッチを作成する構造にウォブルのベース音の記録されたクリップをドラッグします


ステップ6 - プレイ!

構造にパッチを演奏することは、現在トリガオーディオサンプルとして自動的にピッチが変化するウォブルの速度になります。あなたはそれが行く速く再生高い!


Mike has been obsessed with music software since he first saw Fairlight's Page-R, and has tracked its development through his work as a performer, composer and producer. As a writer he has contributed articles to Sound On Sound since 1999, and currently writes their Apple Notes column. As well as being a certified Logic Pro and Pro Too... Read More

Discussion

Gary Hiebner
Excellent. A ProTools Dubstep tutorial.

Soon Dubstep will be everywhere!

Great article Mike!
Gary Hiebner
Excellent. A ProTools Dubstep tutorial.

Soon Dubstep will be everywhere!

Great article Mike!
Gary Hiebner
Excellent. A ProTools Dubstep tutorial.

Soon Dubstep will be everywhere!

Great article Mike!
Gary Hiebner
Whoops sorry was only meant to post that once not 3 times.
Thanks for this, for me i found that using a midi controller to adjust the speed while recording works really nice. The sound feels more instrumental that way and a little less computer played. Great tutorial, so many of us would be lost without knowledge like this being shared. Cheers

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!