Ableton Liveで創造的なリバ​​ーブのテクニック

Explore reverb as a creative effect in Ableton Live. Gary Hiebner shows how, using send channels, side-chain and split band processing techniques, you can create inspiring and unexpected sounds.  

あなたは、おそらくその後リバーブバスのチャネルを作成し、個々の楽器にそのリバーブエフェクトのいくつかを適用するには、ビート、ベース、シンセ·サウンドを作成するために使用されます。確かに、これはあなたの楽器と音の間で一貫性のある部屋の効果を作成するための素晴らしい方法ですが、どのようなリバーブといくつかの創造的な技術を使用してはどうですか?私はあなたのトラックで面白いの処理効果を作成するために、異なるリバーブを少し使用する方法をお見せするつもりです。私は、Ableton Liveを使用するが、これらの同じ原則は、同様に他のDAWに適用することができます。

ステップ1サイドチェーン·リバーブ

面白い効果がリバーブでその側鎖のポンピング効果を作成することです。私は単純なキックビートをプログラムされています。

Kick pattern


次に私は、MIDIトラック(Shift +コマンド+ T)を作成し、 パッド、曲げられたスクエアプリセット( 楽器をロードしている

Synth Reverb


次は私は、Abletonコンプレッサーを追加しました。サイドチェーン設定を表示するプラグインの左側に小さな三角形をクリックします。 (サイドチェインの名前が黄色になるように)サイドチェーンを有効にします。メニューからオーディオから私はキックのソースを選択している、と私はキックチャネルにいくつかのエフェクト/プラグインを追加しましたように私はポストFXを選択しました。次に、私は11.9デシベ​​ルにサイドチェーンのゲインを増加し、100%のドライ/ウェット。私は本当にこのチェインは、ハードに蹴りたいと思います。私は効果をポンピングシンセ/リバーブを聞いて開始するまで、次の私は、しきい値をプルダウンしています。それから私は、アタックとリリースの間で移動して、ちょうど音が鳴るまでこれらの設定を合わせています。

ここに私のシンセのように聞こえるものです:

[オーディオID = "12640"]


代わりに、インサート·エフェクトとして、リバーブやコンプレッサーを使用するのではなく、送信するためにそれらを追加することができます。シンセでは、maxへのセンドレベルを上げる。今シンセの音を消すとリバーブセンドからだけ音が聞こえるようになります。これは、リバーブはインサートエフェクトとして配置された場合に比べ非常に異なるリバーブ効果を与えます。

Synth sends only


ステップ2ゲートリバーブ

ゲーテッド·リバーブは、80年代にすべてのファッションだったが、あなたが傾ける今日それらを使用すると同様に創造的な目的のために理由をtheresの。ゲーテッド·リバーブは、特に打楽器の音、スネアにはかなりうまく動作する傾向があります。私はそれに鋭いアタックを持つ電子スネアの音を使用しています。次に私は、送信チャネルを作成しました。その上私は、Abletonリバーブを挿入し、ロングテールリバーブプリセットを適用しました。私は、少し設定を変更した。私は、ディケイタイムを増加し、反映し、びまん性の設定しました。そのあとはゲートプラグインを挿入しました。

スネアのチャネル上で右(最大レベル)へのすべての方法でゲートリバーブのレベルが送ることを確認してください。

Snare gated reverb send


今ゲートにしきい値をゼロにすべての方法をドロップします。今スネアトラックを再生すると、しきい値を引き上げ始める。あなたが効果を取ってゲートを聞くために開始されます。私もアタック、ホールドを変更し、スネアとよく座って時間を解放しています。

これらは私が送信チャンネルのリバーブとゲートのプラグインに定住している設定です。

Gated reverb settings


ここに私のスネアはゲートリバーブの前のように聞こえたものです:

[オーディオID = "12637"]


そして、ここに私のゲートスネアが今のように聞こえるものです:

[オーディオID = "12636"]


3リバースリバーブステップ

あなたのトラックにしようとする別の気の利いたトリックは、逆リバーブです。このステップは少し複雑です。まず、上の逆リバーブを適用したいオーディオの部分を選択します。私はそれがボーカルの曲で特によく動作することを発見した。私が取り組んできたボーカルのスニペットを選択しました。


私は、ボーカル部分にいくつかの重いリバーブを適用している。私は、ボーカルの部分を逆にしました。次に私は、新しいオーディオトラックを作成しました。このトラックにオーディオのメニューにマスターを選択します。これは、マスターチャネル上で受信したすべてのオーディオを記録します。今すぐソロだけ逆のオーディオトラックとリバーブが送信されます。マスターチャンネルからオーディオを受信したオーディオトラックを使用可能に記録し、ボーカルのクリップ(このチャンネルは今、逆のオーディオクリップと、このボーカルのリバーブレベルを受信します)を記録。

この後、私はオーディオ波形のサンプルエディタでREVボタンをクリックして新しいクリップを反転し、トラックをunsoloedしています。

Reversed audio


ボーカルのリバースリバーブのように聞こえるものに耳を傾けるてください。それはボーカルのヒットの前に素敵なビルドアップ効果が得られます。これは間違いなくトラックの大きなドロップする前に、ビルドアップのセクションに役立ちます。

それが逆にされる前にここで私のボーカルは、次のとおりです。

[オーディオID = "12638"]


ここに私の逆ボーカルは、次のとおりです。

[オーディオID = "12639"]


そして、ここでボーカルは逆リバーブで再び逆転されています。

[オーディオID = "12641"]


4分割リバーブステップ

この手法は非常によく似ていスプリットバンド処理に関する前回の記事が、ここで私が作成した各分割帯域に異なるリバーブを使用しています。

ここで私が処理するつもりシンセ·ラインである。それは非常に簡単です。

[オーディオID = "12642"]


しかし、スプリットバンドリバーブサウンドを変更する方法を見て:私は、Abletonの3センドを作成するつもりです。その後、私のシンセのチャンネルストリップ上で、私は最大に3センド·レベルを向上させるつもりだ、と出力に私が選択するつもりだけ送信します 。

Split reverb channel strip


私は、LOW MIDとHIGHにセンドの名前を変更した。 LOWで、私はEQつのプラグインを挿入して送信します。私は6.0デシベルにGainLowが増加しています。私が0に減少している他のバンド。

私はまた、MID、HIGHの送信チャンネルでEQつを挿入しました。 MIDで私はGainMidを増加させ、残りを減少し、HIGHに割り当てられているEQ三に、私はGainHi増加しましたし、残りを減少している。これは、別のEQバンドに送信壊れてしまった。異なるリバーブのプリセットと設定は、各バンドに適用されました。

以下それぞれ低、中、高の分割リバーブの設定は次のとおりです。

Split reverb low

Split reverb mid

Split reverb High

個別に耳を傾けてください:


低いバンド:

[オーディオID = "12643"]


ミッドバンド:

[オーディオID = "12644"]


ハイバンド:

[オーディオID = "12646"]


そしてすべて一緒に。すべてのsplitbandリバーブの前にこれとシンセの間に劇的な変化を聞くか?非常に素晴らしい。

[オーディオID = "12647"]


結論

あなたが見ることができるように、トラックにリバーブを使用する多くの方法があります。それは単に全体のトラックの送信チャンネルに貼り付けリバーブプラグインである必要はありません。あなたも、私はさらにミキシングの可能性と創造的な使用のためのトラック全体に言及している機能の一部を自動化することができます。したがって、これらの技術で遊んで、彼らはリバーブるハッピー、あなたのトラックにもたらすどのような結果を参照してください!



Gary Hiebner is an enthusiastic South African Sound Designer and Apple Tech Head! Gary has been involved in the South African music industry for the decade, and in this time has also been involved in the sound design and music production for many advertising agencies and media houses. Gary is a devoted Logic and Ableton user, but he al... Read More

Discussion

DarkNiuk
Salve! Ho appena scoperto questo fantastico forum! Una domanda: come si fa ad ascoltare le tracce audio che ci sono in questo (come in altri) articolo? Ho letto "audio id= "..." " ma non capisco cosa bisogna fare per ascoltare!
Grazie in anticipo!

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!