Reasonでトールのシンセパーカッションを作成する

So you've sampled every object you can possibly find in your quest to make drum and percussion hits... but you're not satisfied? Join Mo Volans as he twists synth percussion out of Reason's Thor.  

シンセベース、ドラムとパーカッションのヒットを作ることは多くの楽しみであると最終的な結果は、常に使用可能であることができます。あなたは、香港での専用ドラム·ジェネレータを使用することができますが、最終的なサウンド上もう少しコントロール(と挑戦のビット以上)をしたい場合は、トールを使用して試すことができます。


手堅いスタート

軌道に乗るために、私は私のラックにトールの新しいインスタンスを挿入し、それを完全に初期化されます。これは、我々に固体の出発点を与える。私はその後すぐに、ノイズ·ジェネレータのための単一の鋸波発振器を置き換えられます。これは、我々のパーカッションのヒットのための私達の主要な音源となります。

The initial Thor patch.

初期トールパッチ。


この時点で、物事は明らかに非常に基本的であり、我々の生活にそれを持って来るために余分なプロセッサを通して全部を供給する必要があります。あなたはここで私たちのクリップでのアクションでは簡単なノイズベースの音源を聞くことができます。

基本的なノイズベースのパッチが再生されます:

[オーディオID = "19261"]

The main oscillator is switched for a noise generator.

メイン発振器はノイズ発生器に切り替わります。


自己発振とルーティング

我々はここで使おうとしている第2音源は、自励発振共振フィルタです。これは非常にうまくノイズ発生器を補完し、かなり過酷なトーンを生成する必要があります。私は実際に私達のフィルターにはここを第二のフィルタスロットを使用している。

インスタンス化されたこの第二のフィルターを使って一緒にノイズや共振の両方を聞くことができるように配線してください。第二フィルタもかなりハードにドライブして、自己発振を誘発するのに十分なその共振が高いクランクていることを確認することができます。

The second filter, modulation and routing is added.

第二フィルター、モジュレーションとルーティングが追加されます。


音は今やパーカッションヒットのように聞こえる。

[オーディオID = "19259"]


代わりに、このすべてを使用すると、ディケイとリリースをたっぷりとフィルター·エンベロープを設定することができます。これは、我々は後にあるパーカッションのヒットにあなたの音声を変換する必要があります。あなたは明らかにここで味わってリリースを調整することができます。

ここで重要なのは、フィルタとアンプリチュード·エンベロープの間ディケイとリリース値のバランスをとることです。あなたが長くパーカッションヒットyoullのための振幅エンベロープのリリースの膨大な量のダイヤルインする場合だけ少なくマッチそれ以上のフィルター·エンベロープでリリースした場合、それを聞く。この余分なリリースは単にフィルタ閉鎖によって切れることがありますされていない場合。


処理とエフェクト

あなたの音に少しエッジを追加するには、スクリーム4日に電話してテープモードにそれをはじくことができる。この設定から圧縮の重い線量は、サウンドでおしゃれ、より完全を与え、全体のレベルが上がります。

仕上げるために、我々は空間処理のタッチを必要としています。スーパーショートディレイやリバーブは個人的にゲーテッド·リバーブのための吸盤IM、ここではうまく機能します。 RV7000リバーブ·プロセッサーはプリセットとして偉大な80年代スタイルのゲートを有する。微少量の後、私たちが行っても良好であった。

The processing used is now in place.

使用される処理は、所定の位置になりました。


ヒットはリ​​バーブやテープの圧縮によって強化:

[オーディオID = "19260"]


一度これらのヒット曲のいくつかを生産している、彼らは香港内の個々のパッドにエクスポートして戻すことができます。このように合成されたヒットのキットを構築することは、可能な限り最もオリジナルコレクションについてあなたを与えるだろう。


Mo has been a professional in the music industry for around 15 years. He has released material with the world's leading record labels and also produces music for TV and Film. Mo is also a prolific writer and is a regular contributor to magazines such as Music Tech, Future Music and EQ magazine. There isn't a piece of music software tha... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!