MainStageのでヘッドフォン·ミックスを作成する

Getting a headphone mix to the drummer during a live show can save you many a problem! David Earl (aka sflogicninja) brings his MainStage tips and tricks to the table and shows you how to set this up.  

バッキング·トラックやライブドラマーでライブを再生するとき、それは時間の彼/彼女を維持するためにカスタムメイドされているドラマーにヘッドフォンミックスを得るために不可欠です。ドラムはたくさん大声で、きれいで、バランスの取れたミックスはスネアとシンバルと競合する可能性はありません。トラックをクリックしても、観客はそれを聞いていない限り、生きている状況で非常に便利です!


ステップ1 - オーディオ·インターフェイスを選択する

私たちのオーディオインターフェースは、ドラマーに独立したミックスを送信するために必要な柔軟性をご提供しようとしている。さらに小型のインタフェースは、多くの場合、インターフェイスのメイン出力から独立ヘッドフォンミックスを可能にします。我々は離散的なミックスを送信することができるように少なくとも4つの出力を持つインターフェイスは必須です。我々はまた、ヘッドフォンへの出力の異なるセットをルーティングするために可能にするソフトウェアが含まれていることを確認する必要があります。

オーディオインタフェースはヘッドフォン出力に個別のミックスを許可しない場合であっても、我々は約50ドルヘッドフォン分配システムを取得し、ドラマーに使用される物理出力にそれを関連付けることができます。


ステップ2 - センドをセットアップする

内のすべてのチャンネルストリップ

Headphones 1


ステップ3 - バスを設定し、それを大声で作ろう!

新しく作成されたバス1に、〜3-4バスの出力を設定します。今すぐ出力3-4離散混在している。私は、彼らがキーボードとボーカルよりもやや熱く、このバスに送信されるように、より多くのパーカッシブなプレイバックのボリュームを調整してお勧めします。

ボリュームを少し押した後、バス1に割り当てられている補助がクリッピングされていないことを確認してください。その後補助にリミッターを割り当てることができます。

Limiter on the Aux


リミッターは、私たちはさらにボリュームをプッシュすることができます


ステップ4 - をクリックして送信する

MainStages環境設定ペインで、[全般]タブに移動し、ここでメトロノームの出力を選択します。メトロノームの設定で、それは行くことができるという高いそのボリュームを押してください。

歌は実際に(*あえぎ*)テンポの変化があるかもしれませんまれにあります。テンポの変更は、再生持っているように見えますが、あなたはまだ音楽での動作ドラマーへ​​のクリックを得ることができる時間の厳格な考えを混乱させることができます。

単に、ロジックでオリジナル曲を開き、すべてのトラックをミュートし、再生モードでしばらくのメトロノームをオンにします。それが他の茎のすべてと同じ長さになるようにクリックしてバウンス。

3月4日に直接出力MainStageので再生するにクリックして、ルートをインポートします。それはメイン出力に外出されることはありませんので、いいえ、バスに送信する必要はありません。


他の状況

[OK]を、そうIveはかなりのドラマーにヘッドフォンミックスを得ることに焦点を当てて、この全体の記事を書かれていますが、皆さんがお気づきのように、この手法は、任意のバンドのメンバーそれらへのカスタムメイドのミックスを送るために使用することができます。歌手がもっとボーカルを得ることができますが、ベーシストはあなたが唯一のオーディオ·インターフェイスの出力の数によって制限され、より低音などを得ることができます。



David writes music for all media including advertising, branding, movies, television, and games. He works for such clients as Sega, LucasArts, Microsoft Game Studios, Landor and Associates, Beyond Pix, Rich Pageant, and Nextel. He also teaches at an Apple Certified training facility in San Francisco called Pyramind and has long bee... Read More

Discussion

Hi Dave,

At the moment i am trying to figure out something, and this seems to be the closest to what i am trying to figure out.

Basically, i have started a new band, where we are playing to backing tracks of songs that i have created on Logic Pro. Our set-up consists of myself controlling the midi keyboard/backing track cueing, a drummer, a vocalist, bass player, and sax player. What we are trying to figure out mostly though is getting a click track into the drummers headphones with the same track playing into monitors and FOH speakers without the click track for live shows (which is pretty much what you have explained here). I am VERY close to figuring it out now, but....

What i'd like to know from you is about my choice of Audio Interface, what one would you recommend i get for this type of set-up?
I have looked at a few like MOTU and Apogee, but it seems they are more for recording instruments into mic/guitar inputs, with mic/guitar outputs. Do these interfaces allow me to do seperate sends of the backing track and headphones, just using the usb connection, so i can do what you have explained?

I dont need to use instruments through it.

Sorry if this sounds a little confusing, your help will be highly appreciated.

Thankyou
sflogicninja
Hi there!

It's all about outputs when you are on stage, my friend. I use a Saffire Pro 40, and with it I have a Behringer ADA8000.

This gives me 16 balanced outputs on the analog end. It also gives me 2 discreet headphone outputs that I can use. I run a feed to the vocalist and the drummer, and I share the feed that is going to the vocalist. The drummer gets the tracks AS LOUD AS HUMANLY POSSIBLE, and the vocalist and I get our own mix, which I can balance to taste. The FOH engineer is getting the tracks in stems, and they are not affected by the volume changes I am making to the vocalist or drummer.

This is because the outputs of the playbacks are going directly to the outputs they are assigned to, and we are getting bussed feeds that are sent to dedicated stereo outs... 1 for the drummer, and 1 for the vox and me.

Do not use the internal click in MainStage. I would suggest bouncing a click from Logic and dedicating a playback to that click. send from that channel strip directly to the drummer via the headphone feed.

This will keep everybody happy... although you - as the newly assigned monitor engineer - are going to have a lot more on your mind. Use in-ear monitors to minimize feedback if possible. We use wired in-ears, but there are many other options out there. :-)

*bows*
DJ rob
This does not work as explained ,, when I assign the click to different outputs of the interface to send to drummer,, the click is not in sync, it is off, by about 3000 samples, I tested by putting delay on channel and wet 100 percent,, this a click that was recorded in logic along with playback channel, it is in perfect sync in logic, even when I assign click to other outs, but in mainstage they only stay in syncs when played through same outputs, when you switch either output it is slightly off sync, but enough to throw off drummer ...
Magic Fingers
Bouncing a click track the same length as the stems... Genius! How many of us Mainstage users just said to ourselves... "Why didn't I think of that???"... I just stopped complaining about the built in metronome, and making excuses to the drummers of the world about the click not being loud enough. No more having to reverse engineer to compensate for the low built-in metronome volume. Having control of the bounced click volume is priceless! Thank You Ninja!

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!