ライブ9の動的EDMドラムパターンの作成

Electronic music is often accused of being stale / repetitive – but using a few tricks in Live 9's enhanced MIDI editor, it's easy to create dynamic drum loops & get them ready for use in your tracks.  

このチュートリアルでは、これまで以上にあなたのドラムパターンをより複雑にする多くの技術を見ていきますし、すぐに簡単にトリガするためにそれらを設定します。


ため込む

このチュートリアルの目的のために、我々はMIDIトラック上の簡単なドラムラックから始めましょう。私はここで私自身のカスタムドラムラックを使用しましたが、どのドラム·ラックキット致します。開始するには、私は空のMIDIクリップを挿入するには、トラック上の最初の空のクリップスロットをダブルクリックします。

デフォルトでは、クリップは、16分音符の量子化間隔で長さは1小節になります。すぐに二度グリッドを広げるキーコマンド( コマンド2)を使用して、四分音符に量子化グリッドを広くすることで、私は急速にノートグリッドをクリックして、ドローツールを使用して4対階の家やテ ​​クノのキックドラムを描くことができます最初の四分音符でのキックドラムのキー、マウスダウンを保持して、バーの最後に、右にドラッグする。すべてのノートを選択したままで、私は、Bを押して、描画モードをオフにして、クリックして、最大速度(写真1)にそれらすべてを持って来るために、速度チャネルで上下にドラッグすることができます。

Pic 1

写真1


狭いタイミンググリッドに切り替える前に、私は2番目と4番目の四分音符上のダウンビートのアクセントに私の拍手を追加します。私はそれらを書き込またら、私が押すのしつこい感じを与える、編集ツールに切り替え、両方の拍手を選択し、左に、グリッドからほんの少しドラッグので、少し早いねよビートフォワード(写真2)。

Pic 2

写真2


PRO-TIP:編集ツールを使用して、それを選択するためにノートをクリックし、それはどちらか別のキーやドラムパッドに移動する上下、グリッド上を前後に移動し、マウスでポイントし、右を左またはドラッグノートの前面または背面のエッジ - あなたは金具記号が表示されるまで - どちらの方向にも音符の長さを伸ばすためには、また、選択したノートを移動するには、矢印キーを使用するか、アップノート、下、左または右のMIDIエディタ内ですることができます。

今、私はノートグリッドで右クリックのどちらかで8分音符の量子化グリッドに切り替えて、コンテキストメニューから、またはグリッド狭ホットキーを打つことによって、そのオプションを選択します: コマンド1。この時点で、私は、オフまたはアップビート8分音符(PIC 3)にいくつかのパーカッションのヒットを追加します。

Pic 3

PIC 3


所定の位置に我々の基本的なリズミカルなバックボーンで、私は狭いグリッドのキーコマンド( コマンド1)1より多くの時間を使って、16分音符のグリッドに切り替えます。不明な点がある場合は、現在のグリッド量子化は常に右下隅に表示されますMIDIエディタの。

最初のビートの中では、私はドローツールで4つの連続した​​16分音符のシェーカーに書きます。あなたがメモを作成する]をクリックすると、マウスを押したまま、速度を減らすか、またはそれを高めるためにドラッグする下にドラッグすることができます。まさにそれをやって、アップビートが最も強調されているように、私は自分のシェーカーを書いて、ダウンビートを持って少なくとも、そして16分音符は、間のどこかにありま​​す。ノートのベロシティは、より高い速度の値が近い(PIC 4)白に明るい赤と低い値であることと、その色に反映されています。

Pic 4

PIC 4


私は今、4 16分音符のシェーカーのちょうどこのセットを選択し、私たちの1つのバーのクリップ(PIC 5)全体でこの速度強化パターンをコピーするには、重複するコマンド( コマンド-D)3回使用します。

Pic 5

PIC 5


PRO-TIP:MIDIエディタ内で編集ツールをクリックしてドラッグすることによって、1つ以上のキーのノートを含む時間のスパンを選択し、タイミング·グリッド内の未使用スペースがあれば-休符と呼ばれる-は選択された材料のいずれかの側に選択され、これらをあなたは何もない空間に沿って貼り付けることをしたくないので、もし空の空間は、それを選択しないようにしてください、選択したノートデータと共に重複またはコピーされます。選択した期間は、注記グリッドの上部にある水色のバーで表示され、選択したMIDIデータが点滅して、垂直オレンジの挿入マーカーが置かれている場所に貼り付けられます。挿入マーカーを移動するには、単純に、MIDIエディタ内をクリック希望する音区間の前で。この時点で、私はクリップ全体がループブレースをクリックすることで選択されていることを確認します、と私は今、再度コマンド-Dを押すかDUPLをクリックします。クリップの長さと、1〜2小節から、そこに含まれるすべてのデータを複製するノートグリッドの左側のクリップのノートの設定でループボタン。それから私は、長さ5 16分音符(PIC 6)の同様の速度で編集クローズハイハットパターンで描画した高帽子のもの5 16分音符を選択し、クリップを通して、それらを複製します。 (PIC 7)

Pic 6

PIC 6


Pic 7

PIC 7


切分する、切分する、切分する

私たちのリズムが、この時点でかなり簡単ままなので、今ではビートの間にスペースを探検しましょう​​。私たちのパターンの長さを拡大する前に、私は私はまだ2小節のフレーズの中に繰り返したいいくつかの重要なシンコペーションのアクセントを追加します:私はStabsの上に新しいノートを追加した、オープン帽子、乗り物、スティック、コンガ、ボンゴ、低音が1ドラムパッドに当たり、スネア。閉じて開く帽子が同じチョークグループに存在するので、私はオープン帽子(PIC 8)を介して再生したいクローズド帽子を削除した。

Pic 8

PIC 8


この技術はシンコペーションとして知られており、それは多くのリズムに彼らのグルーヴを与え、私は8分音符の間にある16分音符のタイミングでこれらの新しいノートの多くを配置した。

今、私はおそらくでドラムトラックを構築するのに十分な音を持っていること、それが私たちのパターンがよりダイナミックにする時が来た。フルクリップを選択した状態で、私は全部で4つのバーを長さとノートのデータを倍にするコマンド-Dを打つでしょう。私は、ストライキパッド上でこれらの4本の棒を通していくつかの全く新しいヒット曲が追加されました、その後、パターンの最後の2小節で、私は別のオープンハット、別のスタブに追加した、いくつかの乗り物の長さを変え、二を追加しました最終的な四分音符に拍手、そしてスネア2パッド(PIC 9)が不足して少し16分音符ロールに描かれた。

Pic 9

PIC 9


PRO-TIP:あなたがクリックして、ご希望の出発速度で速度チャネルで押している私がここでスネア2を持っているように、滑らかな速度勾配を作成するには、編集ツールを使用してノートのスパンを選択してから、 コマンドキーを押しながら;それでもコマンドを押したまま、速度チャネル内でマウスをドラッグすると、今、あなたは、リリースのマウスに適用され、それが有効になる速度の傾きを表し、点線が表示されるはずです。


ダイナミックデュレーション

4つのバーはクールですが、クーラーだか知っている? 8小節。だから私は、我々は二度既に上でやったように、再びクリップの長さを倍にし、パターンの結果として第八小節の終わりに向かっていくつかのより詳細な内容を変更します:すなわちを、いくつかの余分なオープン帽子とスネア(PIC 10)を追加。

Pic 10

PIC 10


あなたは、8小節よりも涼しいですか知っている?それは右:16小節。だから私は、コマンド-DまたはDUPLを使用して私たちのクリップ1最後の時間を倍にします。ループと私たちの16バーフレーズの最後にいくつかの変更を加える新しいMIDI編集オプションの2を使用しています。比較的小さな領域内にほとんど任意のノートを選択すると、より少ない四分音符よりも私は、改訂したばかりDUPLの上、ノートグリッドの左側にメモクリップエリアのボタンをクリックしてメモします。これらの選択されたノートがその後インチ演奏される順番が逆になり、別のノートの同様の小さなセットを選択、私は反転または垂直にドラムパッドを反転するREVボタンの右側にあるINV]ボタンをクリックしますループボタン、トリガされます。結果は変更になる場合がありますが、私は私はおそらく自分で作成しなかったであろう、いくつかの興味深いリズミカルな変化を得ることに成功しました。私は(PIC 11)もクリックして新しい場所にコピーしながらドラッグOptionキーを押しながら刺しを追加し、同様に最終的なバーにいくつかのライドノートの長さを変更しました。

Pic 11

PIC 11


活性化ステーション

今、私たちは、マスタードラムクリップを持っている:それは我々がこのトラックの過程で使用する可能性が高いですすべてのパターンが含まれています。今、私は私がトラックを開始し、他のすべてのノートを無効化したいと思うどの部分を特定したいと思います。私はSHIFTボタンを押しながら他のキ ​​ーをクリックすると、私はすべての選択することができます。私は今のところ、MIDIエディタ·ノートグリッドの左側にあるキーボタンをクリックして、1キーまたはドラムパッドに含まれているパターン内のすべてのノートを選択することができます複数のキー上の注意、一度に1キーを押します。

この方法を使用して、私はコンガ、ボンゴ、クラップ、スネア1とキックを除いて、すべてを選択して、それらを無効にするには0キーを打ってきた。ライブ9のように、任意の選択された音符の数ZEROキートグル活性化をやクリップオンまたはオフにします。これらのノートを不活性化することで、彼らは、クリップ内の所定の位置に残りますが、我々は彼ら(PIC 12)を再活性化しない限り、実際に楽器をトリガしません。

Pic 12

PIC 12


次に、私は(PIC 13)、イントロビーツクリップの名前を変更し、セッションビュー内の次に使用可能なクリップスロットにクリップを複製します。今番目のク​​リップのMIDIエディタを見て、私はPERCSを活性化させ、それがPERCS(PIC 14)を追加変更します。

Pic 13

PIC 13

イントロはビート:

[オーディオID = "23906"]



Pic 14

PIC 14

PERCSを追加します。

[オーディオID = "23900"]


私は、そのクリップを複製し、最新の1以内シェーカー、スティックとスネア2を活性化、それがシェーカー(PIC 15)を追加し、名前変更、このプロセスを繰り返します。

Pic 15

PIC 15

シェーカーを追加します。

[オーディオID = "23902"]


最終的には、その1を取得、このクリップはベース(PIC 16)を追加し、名前を変更し、そのクリップは、複製され閉じられ、オープン両方の帽子を活性化し、帽子(PIC 17)を追加し、名前を変更、有効化Stabsの、ストライキとベースヒットで、複製されますもう一度重複乗り物が活性化され、フル(PIC 18)名前を変更した。

Pic 16

PIC 16

低音を追加します。

[オーディオID = "23899"]


Pic 17

PIC 17

帽子を追加します。

[オーディオID = "23898"]


Pic 18

PIC 18

フル:

[オーディオID = "23901"]


あなたは、私たちが行っていると思いますが、他にもまだまだあります待つかもしれません!私は、新しいスロットにフルクリップを複製キック、シェーカー、乗り物や両方の帽子を非アクティブにし、内訳(PIC 19)に名前を変更します、私はその後、その最後にもう一度複製キックや乗り物を再活性化し、それを呼ぶことにします溝(PIC 20)。

Pic 19

PIC 19

内訳:

[オーディオID = "23903"]


Pic 20

PIC 20

溝:

[オーディオID = "23907"]


ドラムマシンアルファ

我々は今、行く準備ができてドラムパターンを多かれ少なかれ完全な歌の価値を持っている。パターンを構築するために、これらのMIDI編集テクニックを使用して、その後、活性化したノートの様々な組み合わせで新しいクリップにマスターパターンを複製することで、スタイルと使いやすさとパーカッシブなパターンの独自の配列を組み立てることができます。グルーブプールからいくつかの溝を適用し、それもファンキー得るでしょう。ただ覚えている:切分する、複製、アクティブに!


Noah Pred is a Canadian record producer, sound designer, technologist, DJ, and Ableton Certified Trainer living in Berlin, Germany. Releasing dozens of records and touring extensively since the '90s, he currently teaches a wide variety of techniques for stage and studio at the BIMM Institute. For more information, please visit: http://... Read More

Discussion

JOHN J VILLA
Guys tnks for the great job you do for free, would you please give us a link where we can download this project. Really thank you very much
soundcloud/jon8beats
bug56
Wow terrific beats! I totally agree electronic music has gotten a bad rap as far as percussion goes - it's definitely worth the extra time to add more velocity, variation, groove and rhythm, as well as fx processing to really vary it up.
Randolph
Hey man, How's it going?

I have a request for a tutorial I think many people would be interested in learning. Supposedly this technique only takes about 3-5 minutes once you know how to do it.

I already know how to layer kicks, but this technique takes it to a new level.

It's discussed here:
http://www.gearslutz.com/board/electronic-music-instruments-electronic-music-production/466919-bassdrum.html

The whole thread is interesting but even with all the tips given throughout the thread, It's still difficult for people to fully understand.

Thanks.
P
Hey i just wanted to create this account for the sole purpose of thanking you for this information. it is very helpful and wanted to show my gratitude.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!