ロジックPro Xの中でディープハウス和音を作成する

It's true. Deep house is back with a bang. One of its trademarks are the typical chord stabs. In this Logic Pro X tutorial, Darren Burgos shows how to create hundreds of variations from one preset!  

ディープハウスは本当にここ数年でEDMの世界にアップ潜入している。より多くの曲の生産者が彼らの曲のディープハウスリミックスを要求しているように、多くのリミキサーがこのジャンルにアプローチする方法に頭を悩ま残っている。この記事ではよくあなたが始めるためにあなたに別の家/ディープハウス和音刺し/ベースのバリエーションの数百を与える迅速かつ簡単なプリセットを作成する。

80年代と90年代に、音設計者は、別の音程に自分のシンセサイザー上の1つまたは複数の発振器をチューニング開始した。以来、その名前で5番目で標識されたあなたのシンセの1でパッチを参照してください?これは、常に2つ以上のシンセサイザー発振器の1がルート音の上に7半音(完全5日)を転置されたことを意味する。あなたがキーボードのCノートを演奏するのであれば、youreのは、Cをプレイするだけでなく、Gだけでなく!他の間隔も3,4、および5半音までのように一般的である。全体のコードは、3以上の発振器を有してシンセサイザーを用いて行うことができる。いろいろな意味で、この単純なシンセプログラミングトリックは早期ハウスミュージックのサウンドを定義することができました。

ステップ1:プリセットを選択して、調整します

シンプルでクールなサウンドのディープハウス和音を作るために論理学ES2シンセを使用することができます。配列要素]メニューから[基本ダンスのプリセットを選択して起動します。ハードにオシレータースタートに変更します。これは瞬時に音を引き締めると、そのサンプリングされたような音になります。オフセット方形波発振器の1S波形を変更します。また、劇的にトラックのボリュームを減らすために確認してください。 10デシベル以上である。この偉大な出発プリセットがユニゾンで再生実際に10スタックの声である。これは、あなたがそれ(と、なぜそれがボリュームが低下する必要がある)から、このような巨大な音を得る方法です。

Pic 1

ステップ2:デチューン発振器によって和音を作成します。

よく和音を作成する場所3チューニングノブがある。あなたは半音単位で調整することで、オリジナルのピッチの上または下3オクターブと高く、ここで値を変更することができます。 15半音に19半音(オクターブプラス7半音ルート音の上)にチューニング1S発振器を設定し、オシレータ2S。それはあなたのために暗すぎると感じる場合は、オシレーター2のために16半音を試したり、さまざまな組み合わせを試してみる。

Pic 2

ステップ3:アナログノブを調整します

次のアナログノブを調整してみてください。ただこれだけを使用すると、そこからダース以上の異なるトーンを得ることができます。その10積み重ねられた声のそれぞれにアナログ処理を適用しているため値が高いほど、より多くのデチューンそれが聞こえる。以下のオーディオの例では、私は絶え間ない変化の感触を追加するには、このノブを自動化。

Pic 3

ステップ4:ランダム化の波

そこでここでは、素晴らしいサウンドのハウス/ディープハウス刺し/ベースを持っている。あなたがボタンをクリックするたびに、3つのオシレータ波がトーンの瞬間さまざまな外変更されますように、この音に少しランダム化を追加できます。 ES2sフィルタ下のランダム化領域で、すべての道を右に上のスライダをスライド。現在、すべての読み込み、ドロップダウンメニューから、クリックし、波。後で出発点としてそれを使用できるように、このプリセットライブラリまたはプラグインのドロップダウンメニューのいずれかを介して保存し、名前を付けます。今、無作為に3つのすべてのシンセ·オシレーターをスワップアウトするために、左側にRNDボタンをクリックしてください!など、クールなサウンドの組み合わせを見つけるまでのようなヤウド何度でもそれをヒット。

Pic 4

このクイックサウンドデザインのヒントを読んでくれてありがとう。ここで私は、この設定に基づいて行わ6バリエーションがある

[オーディオのid = "32334"]


Darren started making music on computers when he was a teenager in 1987. His first computer was an Amiga, and when he realized the power of computer-based production, his addiction for making electronic music began. Darren switched to Mac in 1994 and started using Logic Pro. He's been involved in many music projects over the years incl... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!