パート1 - ロジックのアルペジオパターンの作成

Logic comes with a built-in arpeggiator. It's true! Many new Logic users search for it within the DSP Effects area to no avail - or hope that it may be an option within the included instruments. Inste  

ロジックは、内蔵アルペジエイターが付属しています。それは本当です!多くの新しいLogicユーザの無駄にDSPエフェクトエリア内でそれを検索する - またはそれが含まれている楽器の中のオプションかもしれないことを願っています。その代わりに我々はあなたがそれを使用する方法を知っていれば素晴らしい仕事だろうアルペジエーターを作成するロジックの環境を探求する必要があります。

ロジックでアルペジエーターを設定する主な2つの方法があります。このチュートリアルでは、それへの最も簡単な方法を探求し、実行しているといくつかのアルペジオパターンを作成します。

01 - 楽器を選択してください

I've started out by creating a new Software Instrument track and have chosen to use Sculpture as my instrument of choice. If you'd like to follow along I've used the preset:
06 Mallet Instruments > Classic Vibraphone

次に、私はビブラフォントラック上のMIDIリージョンを作成し、いくつかの和音では鉛筆だ。

ここでは私達の音源が鳴るもののようです。

[オーディオのid ="628"]

02 - アルペジエーターを作成する

あなたが前にLogicの環境に進出したことがないとそうすることの思考はあなたの睡眠を妨げる場合は、恐れを知らない。それは、ロジックは非常に人気がある理由を理解していただくことが基本を理解したら実際にはかなり友好的な場所だし、一度習得!

私たちは、新しいアルペジエーターのオブジェクトを作成し、ビブラフォンのトラックにルーティングすることになるだろう。

ウィンドウを選択します。

Newを選択

アルペジエーターのオブジェクトが作成されます。あなたの周り、これをドラッグして、環境のウィンドウ内の便利な場所に配置できます。

03 - それを接続する

アルペジエーターは、それの右上にある三角形を持っています。これは、出力のスロットです。これは、私たちは別のオブジェクトと出力のチャンネルストリップにArpegiatorオブジェクトからのMIDI信号に接続することができます。

この場合、我々は、ビブラフォン楽器を分散和音にするにしたい。ので、その出力の三角形をドラッグするとケーブルが表示されます。ビブラフォンのチャンネルストリップにこのケーブルをドロップ。接続が確立されます!

我々は、ARPからビブラフォンチャンネルストリップの出力をルーティングしました。

04 - アルペジエーター用のトラック

私たちのアルペジエーターは、それ自身のトラックを必要とします。それは音を作成することはできませんが、それは我々がプレー(またはトラック上の場所)と接続されているビブラフォンのトラックにそれらを送信するMIDIノートを分散和音にすることができます。

バックアレンジ領域で新しいトラックを作成します。我々はアルペジエーターに割り当てる説明するように、それはトラックのどのタイプの問題ではない。

アレンジページ上でトラックのヘッダリストが表示されるように、環境のウィンドウを配置します。新しいトラックヘッダに環境のウィンドウから、アルペジエーターのオブジェクトをドラッグします。アルペジエーターのオブジェクトは、現在、そのトラックに割り当てられます。

あなたが今プレイしてヒットした場合、お客様はそれらに適用されているアルペジエートすることなく、オリジナルのビブラフォンの和音を聞くことができます。

アルペジエーターには、別のトラック上の領域のMIDIノートを分散和音にすることはできません。解決策?単純にアレンジ領域でビブラフォンのトラックからアルペジエーターのトラックにリージョンを移動する。

05 - リアルタイム実録!

あなたのMIDIコントローラーでMIDIノートをヒットするかはCaps Lockのキーボードを使用している場合のみ再生される単音/和音が聞こえます。 Logicのアルペジエーターは、唯一のリアルタイムで動作するためです:トランスポートは、動いていなければなりません、あるいは言い換えれば、あなたは"遊び"モードにする必要があります。

再生を押すと、私たちのコードパターンから作成されたアルペジオを聞くことができます。

[オーディオのid ="634"]

06 - アルペジエーターのオプション

我々は和音がアルペジオな方法を変更するためにできることがたくさんあり​​ます。

アルペジエーターのトラックを選択し、インスペクタでさらにオプションを表示するにはアルペジエーターのトラックの開示の矢印をクリックします。

ここではアルペジオ和音の方向を設定することできます。例えば、 上はランダムな順序でノートを再生する最上位から最下位とランダムに行くダウン 、最高に最低音を再生します。

また、ノートがアルペジオになるかを決定するためにピッチの範囲を制限することを選択、アルペジオ音のベロシティを設定することできます。 ( 主な制限の範囲外のノートには、アルペジオにはなりません)。

解像度は、アルペジオパターンのメモの分割方法を決定。これは、速度として記述することができます。例えば、1 / 8に解像度を設定すると、1 / 16より遅くなるパターンになります。あなたが後にしている場合、非常に前衛的な効果がランダムに解像度を設定してみてください!

別の興味深いオプションは、最大10オクターブに渡って繰り返されるアルペジオ音をまたがることができるオクターブの設定です!

それは、"リモートコントロール"アルペジエーターでこれらの設定は可能ですが、これはこのチュートリアルの範囲を超えています。より高度なアルペジエーターヒントやトリックはで見つけることができますここでスティーブHのロジックTNT1のチュートリアル

07 - クリエイティブの取得

アルペジエーターは、Environmentオブジェクトなので、それを作成した階層化されたアルペジオのパターンに他の機器に送ることができます。

Create a new Software Instrument track and place an Instrument of choice on the track. In this example I'm using the ES2 and the setting:
12 Synth Keyboard > Electric Harmonics


今すぐ環境のウィンドウに戻ってジャンプし、この新しいソフトウェアインストゥルメントのチャンネルストリップにアルペジエーターの2番目の出力をドラッグします。いくつかの調整を使用すると、いくつかの興味深いアルペジオパターンを作成することができます。もちろん、あなたが選択した音は、大きな違いを生むことができます。ダンスとトランス音楽のための短いシンセベースと突き刺すの音で試してみてください。

[オーディオID ="636"]

しかし、この方法でアルペジエーターを設定するために、落とし穴がひとつ。アルペジエーターには、アルペジオパターン(あなたがトラックにそれらを記録またはMIDIリージョンを使用するかどうか)としてのノートの出力を書き込むことはありません。アルペジオのトラックへのコード進行を記録するのであれば、あなたはあなたが聞いているアルペジオパターンを再生していないオリジナルのノートを記録します。

あなたがオーディオのパターンをレンダリングする場合、結果として、その後、バウンス時にリアルタイムモードを使用してください。これは、ロジックはアルペジエーターを介して元の和音を送信し、リアルタイムで行われる必要がある出力を、記録することができます。

あなたがアルペジエーターを作成したら、最初から再作成するアルペジエーターする必要を避けるためにテンプレートとしてプロジェクトを保存することもできます。しかし、我々はオン/オフの切り替えができ、必要な余分な乱雑なケーブル配線なく、ソフトウェア音源トラックに適用可能なアルペジエーター環境を作るに見ていきます、このチュートリアルのパート2をお楽しみに...また、このメソッドは、選択したトラックへの直接のアルペジオパターンを記述します。

ここにこのチュートリアルを伴うためにロジック9プロジェクトファイルをダウンロードしてください

パート2が到着するのを待つことはできますか?問題ありません!チェックアウト、さらに環境のヒントやトリックのためにこのチュートリアルをあなたの音楽制作は、群衆から目立つようよ!

Rounik is the Executive Editor for Ask.Audio & macProVideo. He's built a crack team of professional musicians and writers to create one of the most visited online resources for news, review, tutorials and interviews for modern musician and producer. As an Apple Certified Trainer for Logic Pro Rounik has taught teachers, professional... Read More

Discussion

Ankush
Hi Rounik,
The guidelines were helpful, however, I had a little problem - with this method the output from the other tracks in the arrangement window goes away! Would be grateful if you could let me know how could I bring it back on?

Thanks,
Ankush
Rounik
Hi Ankush,

What do you mean "it goes away?" Are the level meters of those channel strips still registering an output?

Are those MIDI regions muted?

This shouldn't happen... unless one of the channels is solo-ed or some connections inthe Environment's 'Cables and Ports' layer have been broken... Try creating a new project and following the steps from scratch. Also you can download the project file to accompany Part 1 here:

http://www.macprovideo.com/blog/wp-content/uploads/2011/01/Arp-in-Logic-Part-1.zip

Furthermore, I'd recommend following Part 2, as it's a more flexible way to use an Arpeggiator in Logic:
http://www.macprovideo.com/blog/logic-pro/creating-complex-arpeggiated-patterns-logic-part-2
Ankush
Thanks to you, I just noticed that, though in the arrangement window none of the tracks were solo-ed or muted, in the mixer window there was an extra instrument that was solo-ed and hence was creating the problem. Its gone now and working fine.
Thanks a ton again.
Regards,
Ankush
Rounik
Hey Ankush,

Glad to have been of help! Here's a useful article on troubleshooting Logic:
http://www.macprovideo.com/blog/logic-pro/troubleshooting-logic-101-hear-audio-heres

Good to check out if you're coming up against "no sound output" issues. Of course, do pop by the macProVideo Logic forums any time if you need any help or have any Qs at all, or just wanna say hi!
Kyle
Being as I am jumping into the middle of Logic without a lot of the initial training, this may be an easy answered question but...

I followed your steps and got the arpeggiator working well except for one odd thing that I can't solve.

The initial chord that I created using the pencil tool starts with a full chord bang of the notes so if I use something with any reverb or echo, it lingers rather than just doing the random order I asked it to.

The rest of the chords sound like they should which is strange since I copied the initial chord and pasted it in to make the learning process quick and easy.

Any thoughts?

By the way, easiest Logic tutorial I've tried so thank you for the good work!

Thanks,
Kyle
Rounik
Hey Kyle,

Thanks. Glad you've been enjoying the tutorial :)

Is the first chord starting on Bar 1? Or does the playhead start playing back before the first chord... say a bar or so?

Also, what version of Logic are you running? e.g. 9.1.5.

Thanks
Rounik
Kyle
I'm on 9.1.5

The first chord is right on the beginning of Bar 1 and there is no delay from hitting the play button to the sound.

It literally sounds like I've pounded the first chord with the sustain pedal held down but I drew the notes.
Dheeraj
Thanks for this tutorial. I was up and running in no time. Aside from bouncing to audio, I would like to record arpeggiated notes using a pre-existing MIDI region. It seems that, for recording purposes, the input is only recognized physically and not with pre-existing MIDI regions. For example, I record-enabled the software instrument track and created an empty MIDI region on that track as well. When I try to record the arpeggiated notes onto the software instrument track using a pre-existing MIDI region on the Arpeggiator track, it plays the music during the recording, but the MIDI data does not get recorded onto the MIDI region. Is there a way to route it in the Environment to get it to record the arpeggiated notes onto the software instrument track using a pre-existing MIDI region on the Arpeggiator track? This is in contrast to playing the chords by hand while recording. I'm wondering if I'm doing something wrong or the capability is not there. Thanks!
Rounik
Hi Dheeraj,

Yes! You can do this. First I'd recommend you setup the Arpeggiator using the second tutorial in this series:
http://www.macprovideo.com/hub/logic-pro/creating-complex-arpeggiated-patterns-logic-part-2

(Link is at the bottom of the article above.)

This will give you much more control over creating Arpeggiated patterns. Save the arp project as a template and then follow these steps:

1- Place the MIDI region (preferably chords) you wish to arpeggiate on any Software Inst track. Bypass or remove the Instrument on that track.

2- Next you need to cable the output from that track's channel strip to the input of the Arpeggiator. (i.e. the Arp On/Off switch).

3- Back in the Arrange area select the Soft Inst track you want to record to and hit Record.

You should now have an arpeggiated pattern :)

Hope this help,
R
Dheeraj
I just followed your steps on a track I finished this morning and it works great! Step 2 was exactly the solution I was looking for: creating a connection to the Arpeggiator from the software instrument track output. Thanks so much, Rounik!
Rounik
Hi Dheeraj,

Glad to hear and thanks for letting me know!

Hope you find more Hub articles and MPV videos here of use.

Cheers :)
R
Eric
This is a great tutorial but please answer Kyle's question. I'm having the same problem. Bar 1, Beat 1, hit play, blam, the chord rings out, then the arp kicks in. This is super annoying.
I move the midi pattern back a bar, problem solved. Well Logic, what if I wanted the arp. to start on the first bar?
Rounik
Hi Eric & Kyle,

What version of Logic are you running? Which plug-in are you using? Buffer I/O size?

Sometimes Logic can be a bit fussy if the MIDI event start exactly on the beat (Bar 1, beat 1). It's a legacy thing. It's not uncommon for many long-time pro Logic users to start their projects at Bar 2 or 5... just not Bar 1!

I'd suggest following part 2 of this tutorial-article, you'll actually be able to print the arpeggiated to the MIDI region and therefore be able to bounce your pattern / song to audio without using the real-time mode. Lot's of other advantages too :)

Hope this helps
R
Aksel
Hey there, need help guys! i just started using environment for the last 3days, i manage to do a few stuff, but there is one thing i still can't do.
I simply cannot create a new instrument track on my mixing table (environment one), wether im starting on an empty project, or a template. I go to "new", "mixing table" and there the option to create a new software instrument track is disabled. (same same for the audio)
I know i can create new tracks directly from the edit window, but this is not what i want.
Can somebody please help me getting this option enabled in the environment window?
Aksel
I also tried ALT + Click, which allows me to copy and paste the track, but as soon as i change instruments, all tracks become the same intrusment.
Rounik
Hi Aksel,

yeah, Alt-drag/click will create a copy, not a new track.

You will need to create your tracks in the Arrange area, and the corresponding channel strip will appear in the Environment window.

It'll just take a couple of quick key commands to do this:

1. Switch back to the Arrange window (Command ~)
2. Hit Alt-Cmd-N and create as many tracks as you need.
3. Switch back to the Environment (Cmd ~)

Alternatively, if your MUST stay in the Environment only then create some Aux channel strips and assign them to software instrument channels in the Inspector's Channel drop down menu.

Hope this helps
R
Aksel
Thanks for the quick reply Rounik.
What you told me does not really help though.
I have an exercice to do for school.
Here's the thing:

I have 5 tracks on which there are no outputs, so my guess was to create 5 new tracks in the environment window and then come back to the arrange window to map them to the right track.

I tried creating aux tracks, but it still does not work, meaning there are already midi notes recorded on each of the 5 tracks I have, played, without getting any sound from it.

any ideas?

ps: what worked (but is surely not the best way): i created new tracks in the arrange window like you advised me to, and i mapped each existing tracks to the new instruments one newly created .
Rounik
Hi Aksel,

You don't need to be in the Environment window to set the inputs and outputs of tracks.

Simply create a new track in Arrange area and in the window set the input or output.

If you're working with already created tracks then simply select the track header and change the input / output in the left channel strip (in the Inspector).

Not sure why this isn't the best way... why do you need to be in the Environment? What are you trying to achieve? If you already have tracks created in the Arrange then Logic has already created channel strips for you which you'll see in the Environment window, Mixer window and the Arrange area's Inspector.
Morry
Very clear and easy to follow. Thanks!
Rounik
Thanks Morry!!

:)

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!