AbletonのLiveでマルチバンドディストーション·ユニットを作成する

Why do musical modders love Ableton Live? Simple, because you create your own effect unit racks. In this tutorial Gary Hiebner shows how to create a multiband distortion unit in Ableton Live.  

すべての最新の電子音楽のジャンルでは、音はますます処理取得と飽和している。例えばエレクトロハウス、ダブステップとMoombahtonアーティストを取る。これらの音の素晴らしいところは、彼らが実際にミックスを開けるということです。私は彼らが最新のリリースと比較することを確認するために私のオーディオにディストーションエフェクトの後にディストーションエフェクトを追加する必要がありました見つけ続けた。それから私は、究極の解決策を思い付いた。私は簡単に他の楽器と音にコピーできるとAbletonのオーディオエフェクトラックを構築しました。このオーディオラックでは、私は別の鎖の上の周波数帯域を分割。 Iは、各周波数帯域に歪みや彩度の変化する形態を適用した。私は、このマルチバンドディストーションユニットラックを作成した方法をお見せしましょう​​。終わりには、私のAbletonのラックを見つけることができます。 Abletonのにこれをインポートして、同様にあなたのトラックに適用します。


ステップ1

好きなシンセ音を見つけることによって始める。私はBiigため行っている鉛(プリセット·インスツルメンツソウ

Synth Instrument

[オーディオID = "19089"]


オーディオラックを構築するステップ2

シンセの後にオーディオラックを追加します。 3チェーンを作成します。私は、それぞれ彼らは、低、中、および高ラベル付けしている。各チェーンには、特定の周波数帯域に対応します。低チェーンで、EQエイトを追加します。ローパスバンド1を割り当て、0.75に周波数300 Hzまで、とQを設定します。これは、300 Hzの下の周波数でのみ取り扱います。

Low chain


ハイチェーンに反対のことを行う。 EQエイトを挿入します。 2.0 kHzで周波数とバンド1にハイパスを割り当て

そして0.71のQ。このチェーンは高周波数範囲に対応します。

High chain


ミッドチェーンでは、300 Hzでのハイパスと2.00 kHzでのロー·パスを作成します。周波数範囲は、現在、これらの3チェーンをかけて分割されます。今、歪みや処理効果のため。

Mid chain


ステップ3は、いくつかの処理を追加する

別のチェーンに分割周波数帯では、私は今、各周波数帯域の処理のさまざまな形式を適用することができます。私の目標は、各鎖上に歪みや彩度の変化する形態を適用することで、最終的な結果は、パワーアップしたマルチバンドディストーション部となる。

低チェーンで開始することができます。 EQエイトの後、オーバードライブプラグインを配置します。私の中心周波数は5.10の帯域幅と734 Hz​​です。ドライブの重い線量にダイヤルします。鉱山は66%であり、トーンを76%に設定されている。ダイナミクスとドライ/ウェットのコントロールは、あなたが適用したいどの程度この効果の中でダイヤルすることができます。私は、50%までの両方を設定している。

オーバードライブした後、私はサチュレータプラグインを通じて、いくつかの余分なドライブを追加した。私はかなり同じ、私が行っているすべての5.71へのドライブを増やすデフォルトのプリセットを保持している。あなたのオーディオがクリップしていないことを監視します。それがない場合は、出力をプルダウン。私は、任意のピークを飼いならすためにプラス音にそのカラーリングの一部を追加するには、その後接着剤コンプレッサーを挿入した。私は低音低エクステンダープリセットを使用している。

Low FX Chain


次はミッドチェーンに取り組むことです。私は低チェーンでやったと同じように行っている。私はオーバードライブ、サチュレータと接着コンプレッサーを挿入した。オーバードライブ中心周波数が3.12 kHzで、帯域幅1.92です。ドライブが51%および50%でトーンである。私はグルーコンプレッサーに低音パンチプリセットを使用している。他のプラグインの設定はかなり低チェーンと同じです。オーバードライブ·ユニット上のこれらの微妙な違いが、ミッドチェーンに異なる音色を追加します。

Mid FX Chain


最後のチェーンの上に、ハイチェーン。まず、最大オーバードライブです。中心周波数は1.5 kHzで、0.68の幅で、70%のドライブと78%Oトーンに設定されています。私はダイナミクスとドライ/ウェットそれぞれ最大87%と60%をプッシュしている。

次は私が音をダウンサンプリングするReduxのプラグを挿入した。ビットリダクション12にあり、ダウンサンプルは3.41でソフトに設定されています。そして最後はサチュレータです。私は18.9のドライブがある場合を除き、他のチェーンと同様の設定を使用している。

 High FX Chain


オーディオ素材にどのようにこれらのマルチバンドディストーション効果音に耳を傾けてください。あなたの音が私の物と異なる場合がありますように、必要であれば微調整。

[オーディオID = "19088"]


他のシンセとサウンドでそれを使用する方法ステップ4

このオーディオラックと美しさは、今、あなたのユーザーライブラリに保存することができるということです。オーディオラックのディスクアイコンをクリックしてこれを行うには、それはあなたのユーザーライブラリに保存されます。

Save Preset


これで、簡単に、同じプロジェクト内の他のトラックにコピーしたり、他のプロジェクトでそれを使用することができます。 youllは間違いなく、それはあなたの音を飽和方法に気づく。現在のEDMスタイルと同様に、これらの重い加工音はパンチの効いており、存在感を持っている。あなたがラックをバイパスする場合、あなたはそれがオーディオに行ったどのような違いに気づくでしょう。

私は、Abletonのの標準バージョンに付属のプラグインを使用しているが、あなたはまた、このようなアンプとキャビネットとしてAbletonのスイートが付属してプラグインを使用する、あるいはそのような更なる処理のためのNISはGuitar Rigなど、サードパーティの歪みのプラグインのいくつかの可能性が。

もう一つの便利なヒントは、マクロメニューを表示し、マクロボタンにいくつかのパラメータを割り当てることです。これは、簡単にオーディオラック上のパラメータを調整することになります。マクロへのマップをクリックして、オーディオラックにチェーンボリュームのいずれかを右クリックします。これは今、マクロにこのボリュームを割り当てます。私はマクロに私のロー、ミッド、およびハイチェーンボリュームが割り当てられている。これは私がすぐに周波数帯域のボリュームを調整することができます。

Add To Macro


結論

重い処理された音は、今やすべての怒りです。だから、現在の音に追いつくためには、オーディオソースにこのオーディオラックマルチバンドディストーションを適用します。あなたはそれを行ってたら、非常に簡単に他のトラックやプロジェクトに渡ってラックをコピーすることができます。あなたの将来Abletonのプロジェクトにこれらの処理のトリックを試してみてください。

ここに私のマルチバンドディストーションユニットの私のライブパックです。ライブでこれを開き、オーディオラックの前に任意のシンセ楽器をドラッグします。

マルチバンドディストーションユニットライブパックをダウンロード


Abletonのでさらに技術を取得するには、次のチュートリアルを見てみましょう:

8 207ライブ:

8 205ライブ:

8 202ライブ:

Gary Hiebner is an enthusiastic South African Sound Designer and Apple Tech Head! Gary has been involved in the South African music industry for the decade, and in this time has also been involved in the sound design and music production for many advertising agencies and media houses. Gary is a devoted Logic and Ableton user, but he al... Read More

Discussion

Phil M
Excellent - and thanks for the dl.
Steven L
Another option is to use three EQ Threes (instead of the needlessly more complicated EQ Eight) and just enable each of the three bands on each chain

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!