どの理由5でカスタムコンビネータを作成する

Reason 5 has a great collection of instruments and it's routing system is incredibly versatile. The only downside is that once you start get into a busy project things can get a little hectic. Even wi  

理由5は、楽器の素晴らしいコレクションを持っており、そのルーティングシステムは、非常に汎用性があります。唯一の欠点は、一度忙しいプロジェクトの物事に入る少し多忙得ることができる開始点です。であっても最善の意図を使用してラックには、ケーブルとデバイスの迷路になることができます。

You may have used the Combinator to load presets but building your own custom instruments is not only a huge leap towards creating a tidy project but also to building your perfect super instrument!

01 - 最初のコンビネータをロード

あなたがそれらをロードする方法を知る必要があるでしょう前には、コンビネータを使用していない場合。彼らは、Reasonのラック内の他の楽器と同じように行動する、唯一の本当の違いは、彼らが実際に任意のサウンドを生成しないということです。コンテナと考えることが、あなたは正しい軌道になるでしょう。

Combinatorのをロードすると、しかし、正確に、他の楽器をロードする場合と同じです。単にデバイスリストを参照してくださいCombinatorのを持ってきて、そこはご使用のラックにあります。あなたが理由のファクトリーライブラリからプリセットをロードしている限り、今Combinatorは空になり、手動でそれをロードする必要があります。

02 - デバイスとCombinatorのロード

私たちの空のCombinatorがロードされたと我々は、デバイスとそれを充填開始する準備が整いました。既にデバイスのコレクションを持っていない限り、あなたがこの時点でビルドしたい楽器のソート(またはエフェクトプロセッサー)について考える必要があるとCombinatorのを埋めるために計画しています。

この例では、私は強烈な階層化されたシンセの文字列/パッドの組み合わせを構築するつもりです。私はこのコンボのためにインストゥルメントとエフェクトの両方を使用していますが、もちろん、あなたがあなたの完璧なコンビネータを構築するために使用することは、完全にあなた次第ですよ。

のCombinatorのインタフェースの空白の領域にあなたの最初のデバイスをドラッグアンドドロップして起動します。とすぐに行うようにそれが含まれており、複数のデバイスにフックアップする準備がされます。私はここで減算を追加しましたが、彼らはメインラックの場合と同じように私はまた、いくつかのエフェクトを追加したい、これらは単純に全く同じ方法で、任意の楽器の下にドロップされます。

アクションの最初のシンセの音に注意してください:

[オーディオのid ="2044"]

03 - 複合デバイスをルーティング

だから今我々はCombinatorの中のいくつかの基本的なデバイスを持っているが、現時点ではメインラックにこれらのデバイスを使用してから非常に異なるではありません。 Combinatorは本当に我々は複数の楽器を使用しているときにそれ自身に入ってくる。これらは、同じMIDIチャンネルとコントローラーからトリガーすることと本質的にそれらを1つの"スーパーインストゥルメント"として動作させることができますすることができます。

唯一のつまずきは、各Combinatorが1つだけのステレオ入力とステレオ出力を持っているということです。これは、インサートエフェクトで、単一の楽器をルーティングしているときに素晴らしいですが、2番目のデバイスを追加し、どこにルーティングすることはしなければならなくなります。ミキサーの出番です

我々は1つのステレオ入力に経路設定、それらのすべてをことができる他のデバイス上のCombinatorの中にミキサーを置くことによる。これは、それが完了すると、Combinatorの内部で何が起こっているかに関係なく、それが一つの楽器のように扱われないことを意味します。

ここでフロントビューには、次のとおりです。

... And the rear view:


This simple addition also allows us to add send and return effects to any of the included devices. Essentially you are creating a sub mix within the Combinator. You can see in this case I have layered a few more instruments and added insert and send / return effects to each of them.

ミックスの新しいシンセを聴く:

[オーディオID ="2048"]

04 - マクロコントローラをカスタマイズする

一度すべてのインストゥルメントを追加して、あなたが築き上げてきたノブやフェーダーのこの質量を制御する方法の問題がある使用可能なサブミックスを作成しました。もちろん、あなたに行き、個別に手動ですべてを編集するが、これは時間がかかる場合がありますことができます。

単一のマウスの動きで複数のパラメータを編集の問題もある、一度に5シンセのカットオフ周波数を編集しようと想像し、それだけで難しいではない、それは不可能です。よくではない正確に、そしてこれは、マクロコントローラの出番です。

Combinatorののフロントパネルにはスイッチ、ボタンやノブの選択を見つけることができます。また、私たちはこれらのノブにバンドルされているインストゥルメントのパラメータのいずれかをマップすることができますここで、プログラマが見つかります。

プログラマを開いて、我々は唯一のCombinatorのマクロのそれぞれが、一度にそれらの数は1つのパラメータをマップすることはできません。これは全体に同様のコントロールを使用して複雑な一連のUPSを制御するための素晴らしいです。たとえば、いくつかの遅延単位のウェット/ドライミックスを変更するためにノブを使用して、できるようになりました。

パッドは今私達の新しいマクロのコントローラで自動化されているかに耳を傾ける。

[オーディオID ="2050"]

05 - あなた自身のバックドロップを使用する

我々のコンビネータをパーソナライズすることができますいくつかの他、より多くの楽しみの方法があります。これらの一つは、装置の前面プレートにまたがって表示画像を変更しています。私の知る限りで理由がこれを行うことができる唯一の​​アプリケーションであり、それはいくつかの本当に奇妙な創造につながることができます。

表示される画像を変更するには、単に右クリックして"選択背景"オプションを選択することができます。その後、かなりお好きな画像を表示することができます。サイズを取得すると、右側の最も難しいことについてですが、それはあなたが始めるために空白のテンプレートを見つけることは非常に容易です。

私は見たことがカスタマイズされたコンビネータは実用的なものから奇妙であったしました。私が見た奇妙なもののいくつかは実際になるほど、私のシステムになっている。下の写真Shatnerizerについて私に質問しないで下さい、私は本当にすべての答えを持っていない..!

06 - あなたの新しい作品を保存する

代わりにすべてのものを使用すると、これで、最初のカスタムCombinatorの楽器を持っている必要があります。それはスーパーレイヤーシンセ、特殊なループのプレーヤーや複雑なフィルタ処理遅延の影響であるかどうか可能性はあなたが再びそれを使用したいということです、これはあなたがそれを保存する必要があるということです。

コンビネータを保存すると、多くの理由で、他の楽器のパッチを保存するようなものです。通常の方法でディスクのアイコンの領域を使用してください。私はかかわらず、自分の領域でCombinatorの楽器を保存して、かなり正確に名前を付けることを確認してお勧めします。この複雑なパッチは一つの単語で説明するのは難しいです!

Reasonのコンビネータについての詳細は、熱心な?下の画像をクリック!

Mo has been a professional in the music industry for around 15 years. He has released material with the world's leading record labels and also produces music for TV and Film. Mo is also a prolific writer and is a regular contributor to magazines such as Music Tech, Future Music and EQ magazine. There isn't a piece of music software tha... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!