TouchAbles XYパッド付き制御のDJ Paramaters

Got an iPad? Got Ableton? Got TouchAble? (You really should have the later, too!) Tadhg Leonard shows you how TouchAble will fast become your app of choice for controlling Ableton Live from your iPad.  

あなたはAbletonのLiveとiPadの両方を所有している場合は、追加しない申し訳ありません触れることができる 、あなたのコレクションには。触れることができるがあまりにも多いので、あなたがやっと再びお使いのコンピュータの画面を見ているという事実に、ライブを制御するための究極のiOSアプリです。さらに、タッチ可能な1.2へのアップデートでは、一度に4つのドットを使用して、12までのパラメータを制御することができ、XYパッドを含んでいる。このチュートリアルでは、あなたのDJセットのこのXYパッドの設定を見ていきます。

すべてが同期され、正常に動作していると、タッチ可能なインターフェイスの右下にあるXYボタンを押して、XYパッドを入力してください。これで、4つのドットが画面についてフローティングと1980のコンピュータゲームに似て見えるものが表示されます。


ステップワン

トラックの一つから送信し制御するための最初のドットを構成できます。設定メニューを入力するためにドット1S [情報]パネルの上に黒の領域をタッチします。

Pic 2


ここでは、あなたのライブセット内のすべての割り当て可能なパラメータの概要が表示されます。トラックワンのA戻る]ボタンに続いて、Xパネル、その後、B-戻る]ボタンに続いて、Yパネルをタッチします。ドット2トラック2から送信割り当てるには、この手順を繰り返します。タップは、XYインタフェースに出戻ってきて完了。

Pic 3


我々は、ライブ環境でこれらのエフェクトをコントロールしているとして、それはあなたがそれに触れて停止後、ドットの動きを無効にすることをお勧めかもしれません。これを行うには、両方のドット情報パネルの左下にバウンドするボールのアイコンをタップします。

Pic 4

ドットの動きをよりランダム化された結果については、触れることができるが、各ドットのリバウンドスピードと重力を編集することができます。


ステップ二つ

第三の点については、我々は我々のライブ·パフォーマンスに追加するトラックの一つのための自動化されたフィルタ·スイープを記録しようとしている。 Y軸にドットとハイパスフィルタの周波数のX軸に対するローパスフィルタの周波数を割り当てる。あなたは、インターフェイスの左下にある録音ボタンを押して[完了]をタップした後。

Pic 5


パッドの周囲のドットをドラッグするか、それが壁に跳ね返るしてみましょう。録音を停止するには、もう一度録音ボタンをタップします。あなたが効果に満足しているまで繰り返します。 XYパッドの上部にある、[割り当て]ボタン押し下げ、スロット3に指をドラッグします。効果の持続時間を設定するために長さのボタンで同じ操作を行います。自動化のプレビューは、現在ドット3S情報パネル上に表示されます。ドットがあなたの演奏中に自動化されたスイープをトリガするボタンを再生するをタップします。トラック·ツーのフィルタスイープをカスタマイズするには、ドット4と、この手順を繰り返します。

Pic 6

また、設定メニューから自動化をループして逆にすることができます。


ステップ3

最終的に触れることができるまた、生活パラメータをさらに制御するための各ドットにZ軸を使用することができます。あなたが効果的に瞬間的なエフェクト·コントロールにそれを回す、ドットを押し下げたときにZ軸が場に出る。 Z軸はX軸とY軸と同じように、それに割り当てられた効果を持っており、ビートリピートとループロールFXをトリガーするのに最適な方法ですできます。

それはあなたのDJセットのためにXYパッドを設定することになると明らかにこれは氷山の一角ですが、うまくいけば、あなたは今、この型破りなまだ非常に楽しい方法であなたのFXを制御する方法をよく理解しているでしょう。


I have been an audio enthusiast and DJ hobbyist since I was a young lad. I currently work as a researcher on The Gadget Show on Channel 5 in the UK where I specialize in all the audio and music tech related content on the show. Before that I have worked in the sound department on a number of feature films doing everything from locati... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!